Azure Migration Center

クラウド移行プロセスを開始する

実績のあるクラウド移行プランを使用して、Azure にデータとインフラストラクチャを移行します。さらに、新しい環境を最大限に活用するのに役立つクラウド移行ツールやガイダンスを見つけましょう。

評価
  • 関係者への参加要請
  • TCO の計算
  • アプリの検出と評価
移行
  • 移行戦略の選択
  • 移行戦略の適用
  • 推奨されるツールの検索
最適化
  • コストの分析
  • プランを利用したコスト削減
  • 機能向上のための再投資
セキュリティ保護と管理
  • セキュリティ
  • データ保護
  • 監視

クラウド評価

1

クラウド移行プランの作成

計画に着手する前に、クラウド移行の優先順位と目標を定めておくことで、移行をさらにうまく行えます。自動化されたクラウド移行ツールを使用すると、クラウド移行プロジェクトの計画作成に必要な、現在の環境と依存関係に関する分析情報も得られます。

組織内の個々のアプリ、所在地、グループに合ったテンプレートを将来の利用に備えて作成するために、まず、現在の環境を評価します。移行作業を迅速に進めるために、依存関係がほとんどないと考えられるアプリケーションから着手してください。

2

関係者への参加要請

クラウドへの移行は、多くのビジネスで求められているデジタル変革ですが、広範な組織上の変更やサポートが必要になります。組織全体の主要メンバーに必要な情報を伝えましょう。これには、IT 分野の代表者だけでなく、関連するビジネス オーナーの代表者も含まれます。移行を開始する前に関係者全員の参加とサポートを得ることにより、クラウド移行プロセスを、全員の目標にかなう形でよりスムーズかつ迅速に進めることができます。

3

TCO の計算

Azure を使用する場合とオンプレミスに展開する場合の総保有コスト (TCO) を計算して比較し、Azure に移行することで期待できるコスト削減効果を評価します。Azure TCO 計算ツールを使用すると、個人用のビジネス ケースを作成するのに役立つカスタマイズされたクラウド評価を数分で作成して、Azure 移行をサポートできます。

Azure の TCO を計算する

4

アプリの検出と評価

移行に着手するには、現在の環境で使用されている物理サーバーと仮想サーバーをインベントリにまとめる必要があります。組織で実行中の数百、または数千ものアプリケーションを、現在の管理ツールで十分把握できている場合でも、この後のステップにデータをフィードするインベントリ メカニズムが必要になります。

Azure が提供するクラウド移行評価ツールを使用すると、プロファイル情報やパフォーマンス メトリックなどの各サーバーのメタデータを含む、サーバーの完全なインベントリが得られます。この情報を基に、クラウド移行プランを作成することができます。

この情報を使って、オンプレミスのアプリケーションを表すサーバーをマップします。このようにすると、サーバー間の依存関係や通信状況が明らかになるので、必要なアプリケーション コンポーネントをすべてクラウド移行プランに含めることができ、リスクを軽減して円滑に移行するのに役立ちます。次に、アプリケーションを表すサーバーの論理グループを作成し、要件と移行目的に応じて、アプリケーションごとに最適なクラウド移行戦略を選択します。

アプリケーション グループをマップしたら、オンプレミスの各アプリケーションの最適な移行方法を評価します。アプリケーション サーバーに関するリソースの推奨事項と移行戦略を検討するため、ここでもクラウド移行評価ツールを使用します。

クラウド移行プランに適したツールとパートナーを選択する

Azure が提供する無料のツールで現在のオンプレミス環境を評価するか、パートナーから移行のサポートを受けます。 環境が VMware の場合は、Azure Migrate: Server Assessment を使用することをお勧めします。また、充実した評価機能が必要な場合は、パートナー ツールの使用をお勧めします。

機能

Azure Migrate:Server Assessment

  • Corent
  • Movere
  • Turbonomic
  • Cloudamize
コストがかからないツール 利用可能 利用できません
VMware 環境と Hyper-V 環境の評価 利用可能 利用できません
VMware 環境、Hyper-V 環境、物理環境の評価 利用できません 利用可能
依存関係のエージェントレスの視覚化 利用できません 利用可能
クラウドの経済性の高度なコスト モデリング 利用できません 利用可能
利用できません

その他のクラウド移行評価ツール

さまざまなツールから得られるオートメーションやインテリジェンスを利用すると、評価フェーズをスピードアップできます。

Data Migration Assistant

SQL Server から Azure に移行する際の互換性の問題を確認します。

Azure データベース移行ガイド

お客様のデータベースの移行プランを作成しましょう。

Azure App Service への移行の評価

App Service に移行するためのアプリケーションの準備状況を評価しましょう。

Microsoft のツールを使って環境を評価し、Azure への移行に着手する方法の詳細

Azure エンジニアから個々に応じたサポートを受けることにより、移行を加速できます。追加のコストはかかりません。資格要件を満たすお客様は、FastTrack アシスタンスにより、データ センター移行ソリューションの一環として、移行処理全体にわたるサポートが提供されます。

詳細情報

クラウド移行戦略 - 移行と最新化

クラウド移行プランについて学習し、リホスト (別称 "リフト アンド シフト")、リファクター、リアーキテクト、リビルドという、広く採用されている 4 つの戦略を基に独自のクラウド移行プランを立てましょう。 戦略的な重要度の低いアプリはコードを変更せずにリホストし、ビジネスに不可欠なアプリはリアーキテクトするなど、使用するアプリケーションに合わせてふさわしい組み合わせを選択できます。

Gartner

"Create a multifaceted application strategy to determine when rehosting, refactoring, rebuilding or replacing applications delivers value, and how new applications can be built using cloud-optimized and cloud-native design principles."

Gartner、『Devise an Effective Cloud Computing Strategy by Answering Five Key Questions』、David W. Cearley、2015 年 11 月発行、2017 年 6 月 23 日更新

最適なクラウド移行戦略を選択する

移行と最新化

クラウド ネイティブ

Rehost

"リフト アンド シフト" による移行と呼ばれることも多いこのオプションは、コードを編集することなく既存のアプリケーションをすばやく Azure に移行することができます。各アプリケーションはそのままの状態で移行されます。このため、コード変更に伴うリスクとコストのどちらも負担することなく、クラウドのメリットを享受できます。

使用の目的:

  • データセンターからクラウドへの迅速なアプリケーションの移行。
  • Azure の Infrastructure as a Server (IaaS) スケーラビリティを活用するように設計されたアプリ。
  • そのアプリケーションを必要とはするものの、すぐにアプリの機能を変更する必要はない企業。
  • Azure IaaS 仮想マシンを使うことによってのみ満たすことができるアプリケーションまたはデータベース要件。
  • コード変更を伴わないアプリケーションの移行。

リホストのサンプル パス

クラウド移行の手順

IaaS へのリホスト

データベースのリホスト

最適化

手順 1/4

VM または物理サーバーを Azure にレプリケート

Azure Site Recovery でいくつかのシンプルな手順に従って操作を進め、Windows または Linux を実行する物理サーバーや VMware 仮想マシンなど、各種のサーバーをレプリケートします。アプリケーションのパフォーマンスおよび SLA の要件に応じて、VM を Premium または Standard のストレージ アカウントにレプリケートしてください。

手順 2/4

Azure ハイブリッド特典と Managed Disks の構成

Azure ハイブリッド特典を使用すると、Windows Server 仮想マシンの Azure への移行コストを節約できます。移行する前に、ストレージの種類、可用性セット、VM サイズ、ネットワークなど、評価で提示された推奨構成を適用してください。

手順 3/4

アプリケーションのテストと Azure への移行

Site Recovery により中断を伴わないテスト フェールオーバーを実施して、Azure でのアプリケーションのパフォーマンスのベースラインを確認します。これにより、安心して Azure にアプリケーションを移行できるようになります。

手順 4/4

大量のデータを転送

大量のデータを Azure に転送するにあたって、時間、ネットワークの可用性、またはコストが限られている場合には、Azure Data Box サービスをご利用ください。Data Box は、顧客のデータ リソースの管理を支援した経験が豊富な、多数のパートナーに支持されています。

手順 1/3

データベースの移行

Easily migrate your SQL Server, open-source, and other relational databases to a fully managed Azure database solution with Azure Database Migration Service. Migrate your non-relational databases to Azure Cosmos DB using the Data Migration Tool.
Azure Database Migration Service and Data Migration Tool

手順 2/3

データベースの移行のスケーリング

Database Migration Service を使って複数のデータベースを並行して移行します。

手順 3/3

移行完了

移行したデータベースの準備ができたら、アプリの接続文字列を更新して接続し直すだけです。

手順 1/4

コンプライアンスの確保

ワークロードの望ましい構成を定義するセキュリティ ポリシーを使用して、会社や規制の要件に適合できるようにします。データが暗号化されていなかったり、ファイアウォール規則がなかったりした場合には、Azure Machine Learning により検出されます。

手順 2/4

仮想マシンのバックアップ

Azure portal で、移行が終わった Windows VM と Linux VM をバックアップします。バックアップの情報はすべて、中心となるダッシュボードに保存されるため、予期せずデータを紛失してしまった場合でも、復元が必要なデータをすぐに決定できます。

手順 3/4

コンプライアンス管理

ポリシーを定義して適切なガバナンスを確保し、各種の規範に対するコンプライアンスを監視します。最小権限の原則に沿ったアクセス権の実装には、ロールベースのアクセス制御 (RBAC) とジャスト イン タイムの管理者アクセスを使用します。

手順 4/4

仮想マシン使用率の追跡

Azure Cost Management を使用して仮想マシンの CPU 使用率を監視することにより、非効率な箇所を検出し、使用率を最適化します。

クラウド移行ツール

さまざまなツールから得られるオートメーションやインテリジェンスを利用すると、移行フェーズをスピードアップできます。

適切なサーバー移行ツールを選択する

Microsoft の各種ツールやパートナー エコシステムから提供されるツールのうちニーズに最も適したものを利用することができます。共通の OS バージョンを移行する必要がある場合は、Azure Migrate: Server Migration を使用します。豊富な移行機能が必要な場合は、パートナー ツールを使用します。

機能

Azure Migrate:Server Migration

Zerto
コストがかからないツール 利用可能 利用できません
Windows および Linux のワークロードの移行 (使用率の高いバージョン/配布をサポート) 利用可能 利用可能
OS を幅広くサポート (使用率の低いバージョン/配布をサポート) 利用できません 利用可能
エージェントレス型移行ソリューション 利用可能 利用可能
利用できません

Azure Migrate:Server Migration

移行パートナー

データ ワークロード用のツール

Azure Database Migration Service

オンプレミスのデータベースを Azure に移行する

Microsoft が提供しているサーバーとデータベースの移行ツールを使ってアプリケーションをリホストする方法を説明します。

リファクター

再パッケージ化と呼ばれることが多いこのクラウド移行戦略には、アプリケーション設計を若干変更する必要がありますが、アプリケーション コードを大規模に変更する必要はありません。ご自分のアプリケーションで、Azure App Service、Azure SQL Database Managed Instance、コンテナーなどの、IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) 製品や PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) 製品を利用できます。

使用する理由:

  • 既存のコード ベースがあり、開発スキルもあるが、コードの移植性に懸念がある。
  • アプリをすばやく最新化できる。
  • DevOps とコンテナーを利用して継続的なイノベーションを推進する。

リファクターのサンプル パス

クラウド移行の手順

クラウドに最適化

データベースを Azure に移行

操作の最適化

手順 1/2

App Service を使用したクラウドへの移行

既存のアプリケーションを使用して、Azure PaaS の機能を利用します。基になるアプリケーション インフラストラクチャ、ミドルウェア、その他のリソースの管理は不要です。Web アプリ、モバイル アプリ、API アプリを App Service に移行します。

手順 2/2

既存のアプリの再パッケージ化

再パッケージ化された既存のアプリケーションを使用して、Azure PaaS の機能を利用します。アプリケーションを Azure Container Registry にプッシュし、Azure デプロイのコンテナー イメージを中央レジストリで保存、管理することにより、コンテナー開発を簡略化します。

手順 1/2

データベースの移行

Azure Database Migration Service を使えば、SQL Database Managed Instance、Azure Database for PostgreSQL、Azure Database for MySQL など、フルマネージド ソリューションに SQL Server、オープン ソース、その他のリレーショナル データベースを簡単に移行できます。非リレーショナル データベースは、Azure Cosmos DB データ移行ツールを使用して移行します。

手順 2/2

多数のデータベースを同時に移行

Azure Database Migration Service を使って複数のデータベースを並列で移行します。移行したデータベースを使用する準備ができたら、データベースを再接続するだけでアプリを稼働させることができます。

手順 1/3

Azure DevOps Services への移行

Team Foundation Server から Azure DevOps Services にデータを移動します。

手順 2/3

コンプライアンス管理

ワークロードの望ましい構成を定義するセキュリティ ポリシーを使用して、会社や業界の規制の要件に適合できるようにします。データが暗号化されていなかったり、ファイアウォール規則がなかったりした場合には、Azure Security Center が機械学習を使って検出します。

手順 3/3

コストの監視と視覚化

一元化されたビューで、リソースの使用量やコストを把握できます。自社の運用スタッフやビジネス ユーザーは、カスタムのダッシュボードを作成して、各自のニーズに応じたデータを表示できます。

お勧めのテクノロジ サービス

Azure の移行サービスでお客様の個別のシナリオに対応できない場合でも、Microsoft のテクノロジ パートナーが提供しているさまざまな移行ソリューションをご利用いただけます。

Rearchitect

アプリケーションのコード ベースを変更するか拡張して、クラウド向けのスケーリングと最適化を行います。アプリを最新化して、回復性やスケーラビリティに優れた、個別にデプロイ可能なアーキテクチャにし、Azure を利用して、プロセスの高速化、アプリケーションの安心なスケーリング、簡単なアプリの管理などを実現します。

使用目的:

  • アプリケーションに対するこれまでの投資を生かしたい。
  • 費用対効果に優れた方法でスケーラビリティ関連の要件を満たしたい。
  • 既存のアプリケーションで新しい Azure の機能を利用したい。
  • 革新的な DevOps 手法を適用してアジリティを向上させたい。

リアーキテクトのサンプル パス

クラウド移行の手順

アプリを進化させる

データベースを Azure に移行

リリースと最適化

手順 1/3

コードのリアーキテクト

モノリシック アプリケーションを結合度の低い一連のモジュールに分割します。これらのモジュールは、共同でクラウド プラットフォームを利用することになります。

手順 2/3

サービスを個別に開発する

各マイクロサービスは、自己完結型であり、独立したものとなっています。それぞれを単独でビルド、テスト、およびデプロイできます。

手順 3/3

愛しているツール、プラットフォーム、言語を使用して構築する

お気に入りのツールとプラットフォームで、Node.js や .NET、Java などの好みのプログラミング言語を使用して開発します。

手順 1/2

多数のデータベースを同時に移行

Azure Database Migration Service を使い、複数のデータベースを並行して移行します。

手順 2/2

移行完了

データベースの移行が終わり、使用の準備が整いました。後は、再接続するだけで、アプリが起動して実行されます。

手順 1/2

Azure Kubernetes Service (AKS) にデプロイ

AKS を使用すると、コンテナー化されたアプリケーションを実行するように事前構成されている仮想マシンのクラスターを簡単に作成、構成、および管理できます。

手順 2/2

Azure Container Registry にアプリケーションをプッシュ

あらゆる種類のコンテナー デプロイのイメージの格納と管理

お勧めのテクノロジ サービス

Azure の移行サービスでお客様の個別のシナリオに対応できない場合でも、Microsoft のテクノロジ パートナーが提供しているさまざまな移行ソリューションをご利用いただけます。

Rebuild

クラウドネイティブ テクノロジを使って、アプリケーションをゼロからリビルドします。Azure PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) は、開発とデプロイのための包括的環境をクラウドで実現します。ソフトウェア ライセンスへの出費が抑えられ、その複雑さが解消されるのみならず、基盤となるアプリケーション インフラストラクチャやミドルウェアなどのリソースが不要となります。このクラウド移行戦略でご自分で管理することになるのは、ご自分で開発するアプリケーションとサービスだけです。その他すべての管理は Azure が行います。

使用の目的:

  • 既存のアプリケーションの機能と寿命が限られているために効率が低下している場合の迅速な開発。
  • クラウドネイティブ テクノロジを使った新しいアプリケーションの構築。
  • 人工知能 (AI)、ブロックチェーン、モノのインターネット (IoT) の進歩を活用した革新的なアプリの構築。
  • ビジネス イノベーションの促進。
  • 革新的な DevOps 手法の適用。

リビルドのサンプル

クラウド移行の手順

データベースのリビルド

クラウドネイティブなアプリのリビルド

リリースと最適化

手順 1/2

データを格納するためのデータベースの作成

Azure Cosmos DB は、グローバルに分散されたマルチモデル データベース サービスです。透過的なスケーリングとユーザーの所在地を問わないデータ レプリケーションにより、使い始めてすぐに任意の数の Azure リージョン全体で分散を実現できます。

手順 2/2

マルチモデル + マルチ API データベース

Cosmos DB なら 1 つのサービスで キー値、グラフ、列ファミリ、ドキュメント データを使用できます。

手順 1/3

PaaS サービスの使用

Azure PaaS なら、スケーラビリティ、高可用性、マルチテナント機能を備えたビルトインのソフトウェア コンポーネントを使用してアプリケーションを作成できます。

たとえば統合ソリューションを必要とするアプリケーションであれば、Azure Logic Apps を利用できます。

手順 2/3

サーバーレスの構築

お好きなプログラミング言語を使ってサーバーレス アーキテクチャのアプリを短時間で構築できます。

手順 3/3

AI を使用したリビルド

Azure Cognitive Services Text Analytics API など、充実した人工知能サービスを使い、学習して適応するインテリジェントなアプリケーションをユーザーに提供します。

手順 1/2

App Service へのアプリの発行

Visual Studio Team Services を使えば、使用言語に関係なく完全な CI/CD パイプラインを作成し、仮想マシン、Azure Service Fabric、Docker コンテナー オーケストレーター (Kubernetes など) など、複数のターゲットに配置できます。

クラウドの最適化

クラウド アプリケーションの管理と監視のために Azure のセキュリティ サービスと管理サービスを使用すれば、安全で管理の行き届いたクラウド環境を運用できます。これらのサービスは、移行の時点から利用を開始できます。また、それらの多くは移行後にも引き続き利用でき、ハイブリッド クラウド全体で一貫したエクスペリエンスを実現します。

クラウド コストの管理

Azure Cost Management を使用すると、透明性と正確性を保ちながらクラウド支出を管理できます。このソリューションを使用して、次の投資に向けたクラウド コストの割り当て、調整、監視が行えます。

Azure プランを利用したコストの削減

Azure ハイブリッド特典Azure Reserved Virtual Machine Instances などの Azure プランを利用し、移行した仮想マシンのサイズをワークロードに合わせて適宜調整することによって価値を高めることができます。

機能向上のための再投資

節約できたコストは、クラウド機能をさらに強化するために利用しましょう。Azure に追加のワークロードを移行し、既存のワークロードを最新化し、ワークロードをセキュリティで保護し、クラウド管理を改善します。

Cost Management

クラウドへの支出を最適化しながら、クラウドの可能性を最大限に高める

Azure Monitor

アプリケーション、インフラストラクチャ、およびネットワークに対する完全な観測性

Log Analytics

オンプレミスおよびクラウドのマシン データの収集、検索、および視覚化

クラウド環境のセキュリティ保護と管理

Azure サービスを利用することにより、仮想マシン、アプリケーション、データの保護と管理が行えます。

業界最高レベルのセキュリティを実現

Azure Security Center を利用すると、ハイブリッド クラウド ワークロード全体で、統合されたクラウド セキュリティ管理と脅威からの高度な保護を実現できます。Azure 内のクラウド アプリケーションのセキュリティを完全に可視化、制御し、脅威を迅速に検出して対応することが可能になります。また、適応型脅威保護を有効にすることで、脅威にさらされる可能性が低減されます。

詳細内容を確認する

クラウドでデータを保護

コストがかかるビジネスの中断を回避し、コンプライアンス目標を達成します。また、Azure 内のアプリをバックアップして、ランサムウェアやヒューマン エラーからクラウド アプリケーションのデータを守ります。Azure Backup は、簡単にデプロイできる、コスト効率に優れた組み込みソリューションを提供します。いくつかの簡単な手順でセットアップしたら、使用した分と復元したデータの分だけが課金対象となり、追加コストは発生しません。

詳細内容を確認する

クラウドの正常性を監視

Azure Monitor、Log Analytics、Application Insights を使用して、クラウドのアプリ、インフラストラクチャ、データの正常性とパフォーマンスを追跡します。さまざまなソースから簡単にデータを収集し、豊富な分析情報を入手可能です。たとえば、VM の CPU ディスク使用量やメモリ使用量を把握したり、複数の VM のアプリケーションとネットワーク依存関係を表示したりできます。これらのクラウド監視ツールを、既存のサービス管理ソリューションと統合できます。

詳細内容を確認する

Security Center

セキュリティ管理を統合し、Advanced Threat Protection をハイブリッド クラウド ワークロード間で有効にします

Azure Monitor

アプリケーション、インフラストラクチャ、およびネットワークに対する完全な観測性

Azure Backup

データ保護を簡素化し、ランサムウェアから保護する

クラウド移行プランに関するサポートをご希望ですか?