ビジネスの成長

事業の半分以上がクラウドで占められているパートナー様は、そうでないパートナー様と比較して、1.6 倍の経常収益を上げています。

Microsoft が協賛した IDC InfoDoc"Successful Cloud Partners 2.0: What IT Solution Providers Need to Know to Build High-Performing Cloud Businesses (成功するクラウド パートナー 2.0: パフォーマンスの高いクラウド事業を構築するために IT ソリューション プロバイダーが必要とする知識)" (2014 年 4 月)

Azure によるクラウドの収益化

多くの Microsoft パートナーが、Azure 上に成功事例を構築することによって、成長し続けるクラウド サービス市場を活用しています。最新の IDC の調査結果によれば、クラウド指向のパートナーは、より迅速に、より高い収益性で成長を重ねながら競合企業を凌駕していることが示されています。

はじめに

クラウドでの成功:

  • 一歩先を行く - 早期にクラウドを採用することで、クラウドを利用しない競合企業に大きな差を付けることができます。クラウド市場は 2017 年までに 761 億米ドルに拡大すると予想されており、今が参入のチャンスです。
  • 対象を選ぶ - 中小企業のお客様に幅広くサービスを提供するという戦略と、大企業に絞って高度なサービスを提供するという戦略のどちらかに集中します。どちらかの戦略を選んだら、それを変えないでください。
  • 切り替えに備える - プロジェクト ベースのビジネス モデルから経常収益モデルに切り替える際には、通常、短期的に収益が減少します。しかし、収益は急速に伸び、利益性も向上し、新規顧客の獲得数も高い水準に達するため、長期的に見れば切り替える価値は十分にあります。
詳細情報

Azure パートナーの成功事例

アプリケーションの開発速度を 30% 向上し、顧客のビジネスの拡大を支援

「私たちはソフトウェアを Windows Azure で作成し、それをお客様に代わって実行し、維持しているので、お客様はハードウェアにリソースを投資したり、追加の IT スタッフを雇ったりする必要がありません。それによってお客様は、テクノロジの管理に気を取られることなく、自らのビジネスを成長させるための活動に専念することができます。」

10th Magnitude 社、CEO、Alex Brown 氏

ウェビナーのご紹介: 10th Magnitude 社の CEO が IDC に語る、Azure の収益化の手法

Santa Tracker が新しいサービスに移行し、2,200 万を超えるユーザーにリアルタイム情報を提供

「NORAD Tracks Santa では、Windows Azure CDN を使用することで、12 月に劇的に増えるトラフィックのサポートに必要な、グローバルなスケールや負荷を処理しながら、コストも削減できます。このソリューションは、データの更新が必要となる頻度に基づいて、世界中のエッジ ノードでコンテンツを自動的にキャッシュします。マルチスレッド プロセスとクライアント側スクリプトを利用することで、サーバーの負担を減らし、高速のパフォーマンスを維持することができます。」

iLink Systems 社、シニア ソフトウェア エンジニア、Ahsan Ashraf 氏

テレビ スタジオに新しいデバイスを導入し、クラウド ベースのストリーミング ソリューションで市場に進出

「ストリーミング コンテンツは非常に複雑で、デバイスごとに異なる形式のテレビ映像が必要となります。この市場はまだ新しく、需要を予測することが困難なので、スケーラブルなプラットフォームを持つこと、そして実際に使用するサービスだけに費用を支払うことが重要です。Windows Azure は、クラウド ベースのリソースや各種の技術的な能力に加え、マイクロソフトのテクニカル チームとの緊密な連携、そして商業的観点からの柔軟性の高さによって、all3media が必要とし、ユーザーの満足度向上にもつながるような、シームレスで高品質な体験を提供します。」

Easel TV 社、COO、Bill Scott 氏