Azure で Red Hat ソリューションを使用する

ついに、待望のパートナーシップが実現しました。Microsoft Azure で Red Hat ソリューションを実行できます。

オンデマンド ウェビナーについて詳しくはこちら

今すぐ登録

Red Hat への投資を最大限に活用

2 つの世界の "いいとこ取り" ができます。Red Hat アプリケーションに Azure のパワーとスケールが備わります。柔軟性と信頼性に優れたオープン クラウド プラットフォームである Azure を利用することで、アプリケーションのデプロイ時間が飛躍的に短縮します。アプリケーションの実行場所をオンプレミスとクラウドで選択できるハイブリッド デプロイ モデルを通じて、Red Hat への投資を最大限に活用できます。

すばやく簡単なプロビジョニング

Azure Marketplace* で利用可能な Red Hat Enterprise Linux イメージを使用すると、数分で起動と実行が可能になります。時間単位請求による従量課金モデルで無駄とコストを最小限に抑えることができます。

価格の詳細

RHEL インフラストラクチャ更新の詳細

*地域の選択で利用可能

Red Hat サブスクリプションを Azure に簡単に移行

マイクロソフトは Red Hat の認定クラウド & サービス プロバイダー プログラムに参加しているため、Red Hat Enterprise Linux ソリューションを Azure で簡単に実行できます。Red Hat Cloud Access を使用して、対象製品の既存のサブスクリプションを Azure に移行できます。対象となる製品は、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat JBoss Enterprise Application Server、Red Hat JBoss Enterprise Web Server、Red Hat Gluster Storage、Red Hat OpenShift です。

Red Hat Cloud Access について詳しくはこちら

Azure を無料で試す

エンタープライズクラスのサポートを用意

マイクロソフトと Red Hat が連携して、統合されたサポート エクスペリエンスを実現します。Red Hat ソリューションをオンプレミスと Azure のどちらで実行している場合でも、また、どちらに問い合わせた場合でも、一貫したサポート エクスペリエンスを提供します。さらに、マイクロソフトと Red Hat の両方の専門技術が提供され、どちらの製品にも通じたテクニカル エンジニアがサポートします。また、シームレスに統合されたエスカレーションと解決のプロセスもご利用いただける予定です。マイクロソフトでは、この独自のサポート モデルを統合ハイブリッド サポート エクスペリエンスと呼んでいます。

今後、この他にもさまざまな機能が利用できるようになります。

Azure で Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンを実行できるようになったことは、ほんの始まりにすぎません。既に他の多くの計画が進行中です。たとえば、間もなく既存の Red Hat 仮想マシンを Azure に移行できるようになります。また、Red Hat Enterprise Linux で .NET アプリケーションをビルドしてデプロイできる .NET サポートも、間もなく利用可能になります。さらに、Red Hat CloudForms を使用して、Azure 仮想マシンをオンプレミスにデプロイした Red Hat アプリケーションとまとめて管理できるようになる予定です。