Live and On-demand Streaming

  • HLS、MPEG-DASH、Smooth Streaming の Just-in-Time 方式のパッケージ化
  • あらゆる規模の配信対象に対応するスケーラビリティ
  • Just-In-Time AES 暗号化と PlayReady DRM テクノロジ
  • トリミングと表示フィルター処理を実現する動的なマニフェスト操作
  • Content Delivery Network との直接的な統合による自動プロビジョニング
  • クラウド完全対応の DVR ワークフロー機能

1 回のエンコードで、どこへでもストリーム配信が可能

Azure Media Services によるジャストインタイムのパッケージ化と暗号化により、クロスプラットフォーム コンテンツ配信がシンプルになり、コストを抑えられます。この組み合わせは、エンコードの新しい形式やバージョンが登場したとしてもライブラリの再構築は必要ないため、将来も使い続けることが可能です。

あらゆる規模の対象ユーザーにも対応できるスケーラブルなストリーミング

Media Services は、2014 年 FIFA ワールドカップや 2014 年ソチ冬季オリンピックなどの世界規模の大きなイベントを Web キャストで配信してきました。大規模イベントでこれまでにない最高レベルのグローバルなストリーミングを行いたい場合でも、小規模の地元のイベントのためにコスト効率の良いソリューションが必要な場合でも、Media Services はあらゆる規模の対象ユーザーに対応できます。

クラウド完全対応の DVR ワークフロー機能

ライブ リニア ストリームからオンデマンド資産を瞬時に作成し、ライブ アーカイブの先頭や末尾から不要なコンテンツをトリミングして、ライブ ストリームからクリップを作成し、すぐに公開することができます。Media Services の DVR ワークフロー機能により、オンデマンド資産の製品化までにかかる時間が短縮され、コストも削減されます。

すべての画面サイズに対応した 1 セットのエンコーダー

Media Services の機能である動的マニフェストでは、あらゆるデバイスで必要とされる品質レベルや解像度を備えたアセットを 1 つ用意し、デバイスのプロファイルに合わせてフィルター処理することが可能です。解像度、ビット レート、コーデックによってフィルター処理することで、各画面サイズに合わせて最適化されたストリーミング資産を動的に作成できます。

柔軟な収益化オプション

DRM 全体の強制およびサブスクライバー認証が必要なサブスクリプション モデルを使用している場合も、動的な広告挿入とより軽い暗号化を使用している場合も、Media Services はユーザーのビジネス ニーズに応えます。

Live and On-demand Streaming を信頼する理由

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD 10 億を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回るコンプライアンス認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

手軽に作業開始

無料の Azure アカウントにサインアップすれば、すぐにアクセスできます。さらに、$200 のクレジットを獲得できます。

5 分でできるクイックスタート チュートリアルとドキュメントで、Live and On-demand Streaming の使用方法をご確認ください。

セキュリティ サービスやバックアップ サービスなどの追加の機能や製品を使用して Live and On-demand Streaming を強化しましょう。

メディア ソリューションをすぐに作成