Cloud Shell

Microsoft が管理する、Azure の、Azure のための管理マシン

  • 認証されたシェルで事実上どこからでも Azure にアクセス
  • Microsoft が保守・更新するシェルに搭載された、日常的に使用するツールとプログラミング言語を利用
  • 接続されている Azure File のセッション間でファイルを維持

シェルを使用して事実上どこからでもアクセス

クラウドにホストされたブラウザーベースの認証済みシェルを使用して Azure に接続し、ほぼすべての場所からアクセスできます。Azure Cloud Shell は 1 ユーザー アカウントごとに割り当てられ、セッションごとに自動で認証が行われます。Azure portalshell.azure.comAzure mobile app、Azure のドキュメント (例: Azure CLIAzure PowerShell)、VS Code Azure Account の拡張機能など、さまざまなアクセス ポイントから、最新のコマンド ライン エクスペリエンスをお楽しみください。

お好きなシェルをお選びください。

Azure Cloud Shell には、業務に最適のシェル操作を選択できる柔軟性があります。Bash と PowerShell の両方のエクスペリエンスを利用できます。

日常的に使用されるツールやプログラミング言語のサポート

Microsoft は定期的に Cloud Shell の保守と更新を行っており、この Cloud Shell には Linux シェル インタープリター、 PowerShell モジュール、Azure Tools、テキスト エディター、ソース管理、ビルド ツール、コンテナー ツール、データベース ツールなどの日常的に使用される CLI ツールが搭載されています。また、Node.js、.NET、Python などの複数の主要プログラム言語がサポートされています。

接続されたクラウド ストレージでファイルを維持する

Cloud Shell には、お客様のデータを維持するための Azure Files 共有が含まれています。初回使用時に、セッション全体のデータを保存するファイル共有を Azure Files 内に作成する (または既存のファイル共有を接続する) ように求めるプロンプトが Cloud Shell から出され、後続のセッションではそのファイル共有に自動的に再接続されます。

Cloud Shell エディターで行うファイルの作成と編集

Cloud Shell は、オープンソース Monaco Editor を基盤に構築された統合ファイル エディターを提供します。Cloud Shell で "code." を実行するだけで、Cloud Shell ウィンドウに直接統合された軽量のファイル編集機能を利用できます。作成や編集したファイルは、それをサポートする Azure Files 共有に自動的に同期されます。

Cloud Shell を信頼する理由

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD 10 億を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回るコンプライアンス認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

Cloud Shell の価格

  • 事前コストなし
  • 解約手数料不要
  • 従量課金制

手軽に作業開始

無料の Azure アカウントにサインアップすることで、すぐにアクセスできるようになり、$200 クレジットを獲得できます。

5 分でできるクイックスタート チュートリアルとドキュメントで、Cloud Shell の使用方法をご確認ください。

セキュリティバックアップ サービスなどの追加の機能や製品を使用して Cloud Shell を強化します。

ドキュメントおよびリソース

関連製品およびサービス

Microsoft Azure Portal

単一の統合コンソールですべての Azure 製品をビルド、管理、監視する

ストレージ アカウント

耐久性があり、高度にスケーラブルな高可用性クラウド ストレージ

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。