Event Hubs

Web サイト、アプリケーション、および任意のデータ ストリームからのテレメトリをクラウド規模で収集

1 秒間に何百万ものイベントのストリーム処理

Azure Event Hubs は、ハイパースケールのテレメトリ インジェスト サービスで、数百万のイベントを収集、変換、保存します。分散型のストリーミング プラットフォームとして、待機時間が短く、保持時間を設定可能なため、膨大な量のテレメトリをクラウドに送信し、パブリッシュ/サブスクライブ セマンティクスを使用して、複数のアプリケーションからデータを読み込むことができます。

同じストリームでリアルタイム処理とバッチ処理を行う

Event Hubs Capture の機能によって、1 つのストリームでリアルタイムのパイプラインとバッチ ベースのパイプラインの両方をサポートでき、ソリューションの複雑さが軽減されます。1 つのプラットフォームで現在はバッチ処理を利用し、将来はリアルタイム分析および処理をサポートすることも可能です。Event Hubs Capture は Azure にデータを読み込む最も簡単な方法です。

完全に管理されたサービスとしてのプラットフォームを活用する

Event Hubs は完全に管理されたサービスで、サーバーを管理したり、ソフトウェア ライセンスを取得したりする必要はありません。価格設定はシンプルで簡単です。Event Hubs を利用すると、データを収集することではなく、テレメトリから価値あるものを取得することに注力できます。

分量、種類、速度への対応

ビッグ データは、可変のロード プロファイルを伴うさまざまなソースから生成されます。たとえばサーモスタットは、数分間隔でテレメトリ データを生成します。また、アプリケーション パフォーマンス カウンターは毎秒イベントを生成し、モバイル アプリケーションはユーザーごとの操作に関するテレメトリを取得します。Event Hubs は、イベントを取り込んで柔軟にスケールできる完全に管理されたサービスで、可変のロード プロファイルや負荷の急増に対処できます。

多数の言語をサポートする複数のプラットフォームでの開発

Event Hubs は Advanced Message Queuing Protocol (AMQP) を使用して、さまざまなプラットフォームでの総合運用性とバイナリ互換を実現しつつ、データ イングレスで HTTPS をサポートします。Java と .NET のネイティブ クライアントで、Event Hubs の使用を簡単に開始できます。豊富なサーバーレス ワークフローを構築する一方で、Stream Analytics や Virtual Machines が組み込まれた Azure Services と統合することもできます。また、Apache NiFi や Elastic Stack などの汎用的なプラットフォーム向けの新規アダプターやコネクターを継続的に作成する、強力な Event Hubs オープン ソース コミュニティもあります。

関連製品およびサービス

Stream Analytics

数百万の IoT デバイスからのデータ ストリームをリアルタイムで処理

HDInsight

クラウド Hadoop 、Spark、R Server、HBase、および Storm クラスターのプロビジョニング

Storage

耐久性があり、高度にスケーラブルな高可用性クラウド ストレージ

Event Hubs の使用開始