医療向け Azure IoT

カスタマイズされたケアを提供し、ケア チームや従業員を強化し、業務のアウトカムを改善しましょう

次世代の医療 IoT ソリューションを実現する

Azure IoT は、患者のアウトカムを改善し、臨床業務を効率化し、シームレスでスマートかつ高度なセキュリティを備えた IoT テクノロジを使用して、医療製造業およびサプライ チェーンを最適化するための信頼できるテクノロジ プラットフォームを提供します。

シームレス

医療に特化したアプリ テンプレート、ますます多くの認定デバイス数、業界で最も包括的な IoT サービス ポートフォリオにより、お客様の IoT 医療ソリューションの市場投入までの時間を短縮できます。既存のデータ ソース、カルテ システム、研究データベースとすばやく接続できるだけでなく、HL7 FHIR 標準データ形式でデータをすばやく交換できます。

スマート

インテリジェントなエッジと Azure IoT を組み合わせることにより、相互運用可能な形式で医療データを配信し、高度な分析、AI、混合現実とのインタラクティビティの新しいモデルに基づいた分析情報を得ることができます。

セキュア

Azure Sphere と Azure Security Center for IoT を使用すると、エッジからクラウドまで、お客様のソリューションのエンドツーエンドのセキュリティを監視して管理できます。医療向け Azure IoT は HIPAA に準拠し、また HITRUST 認定を受けており、お客様の患者データのセキュリティを確保し、プライバシーを保護することができます。

研究:医療向け IoT Signals

Microsoft は、IoT 研究およびインテリジェント エッジへの USD 50 億米国ドルの投資を行い、小売業などの業界向けに Azure IoT に新しいサービスや機能を追加し、このインテリジェンスの時代における成功を定義するためのビジネス戦略や経営幹部の議論を促進してきました。

患者、スタッフ、在庫フローの最適化から、リモートでの患者ケアの提供、製造の最適化、サプライ チェーンの保護にいたるまで、IoT を使用すると、医療の提供者が新しい方法で患者と対話することができ、さらに安定し高品質なケアを届け、サプライ チェーンに新しい効率をもたらすことができます。医療向け IoT Signals でお客様の組織にとって重要なことをご確認ください。

レポートを読む

医療における IoT の活用

Azure を使用した医療向けの Internet of Medical Things (IoMT) と IoT ソリューションの一般的なシナリオをご覧ください。

患者の継続的なモニタリング

医療の壁を超えて患者の治療を拡大し、再入院を減らし、入院患者や遠隔地の患者を観察して疾病を管理できます。

自宅ケア

高齢者を援助し、回復とリハビリテーションを観察し、障碍や持病の管理を支援できます。

スマートな病院機器

お使いの医療機器から分析情報を取得して、患者のアウトカムを改善し、機器の正常性を管理できます。

スマートな病院の構築

医療チーム、患者、そのサポート ネットワークに対し、より優れた病院エクスペリエンスを実現します。

医療用品の在庫管理

医療用品の在庫が十分であることを確認し、すぐに利用できるようにすることで、効率的で効果的なケアを提供することができます。

コールド チェーン サプライの追跡

お客様の医薬品に対して透明性のある、安全かつ温度調整されたサプライ チェーンを構築し、不正加工を減らし、損傷を防ぎ、薬効を維持できます。

医療製造

医療機器と製品が最高レベルの品質を維持し、製造から患者までのサプライ チェーン全体を通じて業界標準に確実に準拠できるようにします。

お客様の医療ソリューションに適した IoT アプローチを見つける

基礎を選択する

マネージド アプリ プラットフォームを使用してすばやく構築する

Azure IoT Central を使用してアプリの構築を開始しましょう。これはマネージド アプリ プラットフォームで、成果を上げるのに必要な決定事項の数を減らすことで、アプリをすばやく構築することができます。お客様のソリューションの要素のほとんどは既にコード化および管理されているため、業界の知識を活用することで、デバイスのスケーリングと接続をすばやく行うことに集中できます。

プラットフォーム サービスを使用して最初から構築する

Azure プラットフォーム サービスを使用すると、堅牢な構成要素を入手して、高度にカスタマイズされ柔軟な IoT アプリケーションを実現できます。 お客様独自の IoT ソリューションを作成してコーディングするためのオプションをご確認ください。また、Azure IoT Hub と Azure Digital Twins を使用して、デバイスの追加と接続、データの取り込み、保存、分析を行うことができます。

お客様向けのラーニング リソース:

パートナーと一緒に作成する

Azure IoT サービスを使用して構築する場合でも、Azure IoT Central のような IoT プラットフォームを使用して構築する場合でも、概念実装からフルスケールでのデプロイまで優れたエクスペリエンスを実現するために、Microsoft 認定パートナーと共同で作業することをお勧めします。

お客様のソリューションを拡張できる Azure の製品とサービスについての詳細情報

詳細はこちら

クラウドで健康データを管理し、より優れたアウトカムを実現

Azure API for FHIR および Azure IoT Connector for FHIR を使用して、相互運用性と規制遵守を念頭に置いて構築された高速ヘルスケア相互運用性リソース (FHIR®) サービスを作成してデプロイし、デバイスから医療データを取り込むことができます。

Azure API for FHIR の詳細情報

オープンソースの IoMT FHIR Connector を使ってみる

Sensoria による IoT 医療ソリューションの実行状況を見る

パーソナライズされたケアと継続的な監視により、糖尿病性足部潰瘍 (DFU) 患者の指示遵守と治療結果を向上させる

概要

糖尿病性足部潰瘍 (DFU) は、米国における糖尿病での入院につながる主な原因です。DFU に対する主要な治療は、負荷軽減器具または取り外し不可キャストですが、多くの場合、指示遵守が重要な課題となり、それが DFU 患者の治療不成功率が高まることにつながります。 治癒にかかる時間は、潰瘍になっている部分にかかる体重と圧力を測る足底圧分析によって最適化された、治療用の靴を使用することで短くなる可能性があります。

提供業者がケアをカスタマイズし、指示遵守を改善できるよう、Sensoria は業界をリードする DFU ブーツ製造元である Optima Molliter と提携し、Motus Smart Solution を構築しています。これらの接続されているデバイスを使用することで、臨床医はクリニックにいないときでも患者をリモートで監視することができ、患者の指示遵守の状態を適切に把握し、治療計画を改善することができます。

グローバル ビュー

ステップ 1

臨床医全体のグローバル ビューを表示し、DFU と診断され治療計画で Motus Smart ブーツを使用している全患者を確認できます。

手順 2

指示遵守のレベル別にビューを並べ替え、遵守レベルが低く、より高いレベルのケアが必要な患者に優先度を付けることができます。

データのインポート

ステップ 1

電子カルテ システムや研究データベースなどの既存のデータ ソースを簡単に接続し、HL7 FHIR 標準形式で情報をインポートし、データを交換できます。

手順 2

左下隅にあるタイマーを使用して、患者に費やした時間のアラートを作成できます。CPT コード 99457 のドキュメント、管理、精算に関するアラートを使用できます。

プロビジョニング

ステップ 1

クリニックの Motus デバイスをカスタマイズしてプロビジョニングし、テレメトリ データを Sensoria アプリケーションに送信できます。臨床医は、個人の QR コードを使用して、患者の携帯電話アプリをプロビジョニングすることもできます。 患者のアプリは個人のデータに安全にアクセスでき、臨床医は全患者データのグローバル ビューを確認できます。

手順 2

患者が治療計画に規定されている負荷軽減や行動のプロトコールに従っている場合、アプリにより積極的な行動強化策が提示されます。各イベントが記録されるため、データを基にして対話することができます。

アラート

患者が推奨の負荷軽減プロトコールに従うことができていない場合は、行動、指示、動作に関する意見に関するアラートがモバイル アプリに表示され、指示遵守を改善できます。

コンプライアンス

指示遵守のメトリクスを確認し、患者の指示遵守に関する定量化された情報を、日または時間ベースで取得できます。これにより、治療計画を適切にカスタマイズし、患者の協力を得ながら治療することができます。

デバイスの装着時間とアクティビティに関する時間単位の分析を確認できます。患者データが出力されていない期間を特定して、フォローアップとカスタマイズされたケアを促進します。

Azure IoT 上に構築された医療ソリューションをご覧ください

Schneider が患者中心の病院整備の支援

Schneider は Thoughtwire のデジタル ツイン スイート製品を使用して、IoT デバイスとスタッフの管理、病院設備の整備、臨床および IT システム全体にわたるスマートな環境を構築し、患者やスタッフにとって、よりシームレスな操作と優れたアウトカムを実現しています。

Thoughtwire and Schneider

Sensoria がリハビリ クリニックでの四肢切断を減らす支援

Sensoria Health and Optima Molliter は Azure IoT Central を使用して、最初のスマート創傷管理靴を作成しました。これには継続的に実行される潰瘍監視が搭載されており、患者の治療手順に対する指示遵守を改善し、リハビリの時間を短縮しています。

Sensoria

医療技術のリーダーが IoT で患者のケアを向上させる

世界的な医療機器製造会社である Stryker は、Azure IoT を使用して、医療機関がどのようにデバイスを使用すればデバイスの設計を改善できるか、最も患者ケアに影響のある機能は何かの特定、サプライ チェーンの最適化に関する分析情報の取得を支援しています。

Stryker

よりスマートな衛生管理で病院での感染を予防する

Purell 製造元の GOJO は、モーション センサー、20,000 を超えるインターネット接続ディスペンサー、クラウド プラットフォームを備えた Azure Sphere と Azure IoT ハブを使用して、衛生に関するコンプライアンスを追跡して分析することで、病院での手指衛生を監視し、感染を防ぐ支援をしています。

GOJO

Wipro は医薬品のサプライ チェーンと顧客を保護

Wipro では、Azure IoT、ブロックチェーン、その他のクラウド テクノロジを使用して、重要なテレメトリ データをリアルタイムで追跡できる機能を備えたプラットフォームを構築し、製薬会社の顧客の 2 つの主要課題である、偽造医薬品とコールド チェーンによる製品の無駄に対応しています。

Wipro

Azure IoT スペシャリストに質問し、お客様のプロジェクトについて意見を交わしましょう

お問い合わせ

メモ: FHIR® は HL7 の登録商標であり、HL7 の許可を得て使用しています。