• 8 min read

Microsoft Cost Management の更新プログラム - 2023 年 5 月

5 月はコストの最適化に関するすべてです。Advisor のカスタマイズ可能な適切なサイズ設定の推奨事項から、多くの更新から価格エクスペリエンス、Azure Gov および Azure China クラウド用の Azure Resource Graph でのコストに関する推奨事項の追加まで。コスト分析の3つの更新されたプレビュー、保存するための6つの新しい/更新された方法、ビデオやドキュメントの束をスローすると、あなたはやるためにキャッチアップの多くを持っています! お楽しみに!

入学したばかりの学生であっても、業績好調なスタートアップ企業や大手エンタープライズ企業に属する社会人であっても、財務的な制約と無縁ではいられません。このため、支出の品目や支出先を把握し、今後の支出計画を立てる必要があります。だれしも請求額を見て驚くような事態は避けたいはずです。ここで出番となるのが Microsoft Cost Management です。

Microsoft は常に、ユーザーの皆様の課題について理解するよう努めています。Microsoft Cost Management を通じて、クラウドでコストが発生している場所の的確な把握、不適切な支出パターンの特定と防止、コストの最適化を促進し、ユーザーの皆様が少ないコストでより多くの成果を達成できるよう支援する方法を模索しています。皆様からのフィードバックにお応えする最新の機能強化と更新内容をいくつかご紹介します。

それでは、順に詳しくご説明しましょう。

仮想マシンの適切なサイズ設定に関する推奨事項のルックバック期間をカスタマイズする

最適化は、コストを削減することではなく、効率を最大化し、クラウドで価値を最大化することです。効率を高める最大の方法は、既存の投資を適切にサイズ変更し続けます。これで、Azure Advisor で仮想マシンの適切なサイズ設定に関する推奨事項のルックバック期間をカスタマイズして、推奨事項をさらに調整できるようになりました。

以前の 7 日、14 日、21 日、30 日、60 日、または 90 日間の使用率に基づいて、仮想マシン インスタンスと仮想マシン スケール セット (VMSS) の推奨事項をカスタマイズできるようになりました。これにより、最近の変更やより長い履歴パターンに基づいて効率を高める柔軟性が得られます。詳細については、「使用率の低いインスタンスのサイズ変更またはシャットダウンによって、仮想マシン (VM) または仮想マシン スケール セット (VMSS) の支出を最適化する」を参照してください。

Azure.com 価格エクスペリエンスの更新

Microsoft は、Azure の価格エクスペリエンス 変更を加えるために努力しており、お客様と共有することを楽しみにしています。これらの変更により、ソリューションのコストを簡単に見積もりやすくなります。

これらの変更により、ワークフローが合理化され、Azure のソリューションのコストを正確に見積もるのに役立つことを願っています。お気軽にフィードバックをお 寄せいただくか、今後の価格改善に関する提案 をお寄せください。お客様のご意見をお待ちしております。

Azure Government と Azure China で Azure Resource Graph を使用してコスト削減を自動化する

Azure Advisor は、品質を犠牲にすることなくコストを削減し、最適化するのに役立ちます。また、推奨事項を独自のレポートまたは自動化に統合できる Azure Advisor API を既に理解している可能性があります。これで、Azure Government と Azure China の Azure Resource Graph を使用して推奨事項を取得することもできます。

Azure Resource Graph を使用すると、サブスクリプション間で Azure リソースを探索できます。リソースのプロパティとリレーションシップに基づいて高度なフィルター処理、グループ化、並べ替えを使用して、特定のワークロードをターゲットにし、さらにリソース管理とガバナンスを大規模に自動化することもできます。Azure Advisor の推奨事項が追加されたので、コスト削減に関する推奨事項のクエリを実行することもできます。

Screenshot of Azure Resource Graph Explorer with a query for Azure Advisor cost recommendations.

推奨事項のクエリは簡単です。Azure Portal で Azure Resource Graph を開き、advisorresources テーブルを調べるだけです。たとえば、潜在的なコスト削減の機会の概要が必要であるとします。

advisorresources

最初に、コストに関する推奨事項のみにリストをトリミングします

|where type == 'microsoft.advisor/recommendations'

|where properties.category == 'Cost'

//

次に、行をグループ化します...

|要約

...リソースをカウントし、合計節約額を合計する

resources = dcount(tostring(properties.resourceMetadata.resourceId)),

savings = sum(todouble(properties.extendedProperties.savingsAmount))

によって

...各推奨事項の種類 (ソリューション)

solution = tostring(properties.shortDescription.solution)

currency = tostring(properties.extendedProperties.savingsCurrency)

//

最後に、リストの書式設定と並べ替え

|プロジェクト ソリューション, リソース, 節約 = bin(savings, 0.01), currency

|savings desc による注文

Logic Apps または Azure Functions を使用してさらにこの手順を実行し、サブスクリプションとリソース グループの所有者に週単位の電子メールを送信します。または、リソース ID でこれをピボットし、未使用のリソースを自動的に削除したり、使用率の低い仮想マシンをダウンサイズしたりするための承認ワークフローを設定します。空は限界だ! 詳細については、Resource Graph エクスプローラーの Advisor データのクエリに関するページを参照してください。 

Microsoft Azure での 4 つのコスト最適化戦略

この 10 年間で、多くの企業がクラウド コンピューティングに大きな変化を見てきました。Microsoft Azure パブリック クラウドは、柔軟性、スケーラビリティ、リソースの可用性の向上など、企業に多くの利点を提供します。ただし、リソースの使用量が増える中で、支出を検証し、無駄を避けるためには、クラウドの効率に関するベスト プラクティスを実装する必要があります。

Paulo Annis は、適切なサイズ設定、リソースのクリーン、コミットメントベースの割引の活用、データベースとアプリケーションのチューニングが、Azure を使用した 4 つのクラウド コスト最適化戦略で最適化と効率の目標を達成するのにどのように役立つかを調べています。

コスト管理の将来の形成に役立つ

Microsoft Cost Management と Billing を使用してコストを管理する責任はありますか? Microsoft では、エクスペリエンスを向上させるための新しい機能を探しており、AI システムの使用と関心、コスト監視の経験に関する 2 回の 10 分間の調査でお客様からのご意見をお待ちしております。

これらのアンケートは、コスト管理と最適化に関わる他のユーザーと共有してください。今後の研究テーマに興味がある場合は、研究パネル参加することをお勧めします。

Cost Management Labs の新機能

Cost Management Labs では、Microsoft Cost Management の新機能をいち早くご覧いただけます。また、Microsoft と直接つながってフィードバックを共有し、お客様のサービスの使用方法をより深く理解することで、より調整され最適化されたエクスペリエンスを提供できます。そして今回、Cost Management Labs に次のような機能を追加しました。

もちろん、それだけではありません。Microsoft Cost Management でのすべての変更点は、Azure portal 全体や Microsoft 365 adm センターへの提供を開始する 1 週間前に、Azure Cost Management Labs で利用できます。ぜひ皆様のご意見や、今後希望する機能などをお聞かせください。この機能は今すぐ利用を開始していただくことができます。Cost Management Labs を今すぐお試しください。

Microsoft Cloud でお金を節約する新しい方法

保存に役立つ 6 つの新しいプランと更新されたオファー:

新しいビデオと学習機会

今月のコストの管理と最適化に役立つ多くのビデオ:

Microsoft Cost Management YouTube チャンネルをフォローすると、新しいビデオがリリースされたときにそのループに入り、次に見たいものが通知されます。

ガイド付きのエクスペリエンスをご希望の方は、Microsoft Cost Management で Azure の支出をコントロールし、請求書を管理することから始めましょう。

ドキュメントの更新

以下は、お客様が興味のありそうなドキュメントの更新情報です。

すべてのドキュメントの更新状況を確認する GitHub の azure-docs リポジトリで Cost Management and Billing ドキュメントの変更履歴をご確認ください。不足している情報を見つけた場合は、ドキュメント上部の編集を選択し、クイック pull request を送信してください。また、GitHub に問題を送信していただくこともできます。すべての貢献を歓迎し、感謝します。

次のステップ

今回ご紹介したのは、先月から大きく更新された機能のほんの一部です。以前の Microsoft Cost Management の更新情報も忘れずにチェックしてください。Microsoft は常に皆様からのフィードバックに耳を傾け、継続的に改善に取り組んでいます。ぜひ今後もフィードバックをお寄せください。

最新情報、ヒントやテクニックを入手するには、Twitter アカウント @MSCostMgmt のフォローや、YouTube チャンネルへのご登録をお願いいたします。また、Cost Management フィードバック フォーラムでアイデアを共有して他の人に投票、リサーチ パネルに参加して将来の研究に参加、または Microsoft Cost Management の未来を形作るサポートもできます。

今は皆さんにとって大変な時期であることは承知しています。Microsoft Cost Management チームからのご挨拶を申し上げます。安全、そして健康でいてください。