ナビゲーションをスキップする

Azure Premium Blob Storage の概要 (限定パブリック プレビュー)

9月 24, 2018 に投稿済み

Principal Program Manager, Azure Storage

本日、Azure Premium Blob Storage の限定パブリック プレビューを発表いたします。これにより、Azure Blob Storage の新しいパフォーマンス層が導入され、既存のホット、クール、アーカイブの各層を補完します。Premium Blob Storage のデータはソリッド ステート ドライブに格納されます。このドライブは従来のハード ドライブに比べて、待ち時間が短く、トランザクション速度が高いことで知られています。

Premium Blob Storage は、超高速のアクセス時間を必要とするワークロードに適しています。これには、対話式の動画編集、静的な Web コンテンツ、オンライン トランザクションなど人間が関与するほとんどのシナリオが含まれます。また、テレメトリ データの収集、メッセージの受け渡し、データ変換など比較的小規模なトランザクションを多数実行するワークロードにも適しています。

当社の内部テストによれば、平均と 99 パーセンタイルのサーバー待ち時間はどちらもホット アクセス層よりもかなり優れていて、広範囲のオブジェクト サイズにおける読み取りと書き込みの両方の応答時間が高速かつ整合性が高くなっています。エンドツーエンドにおける待ち時間の短縮を実現するには、ストレージ アカウントと同じ Azure リージョンのコンピューティング インスタンスにアプリケーションをデプロイする必要があります。

Premium Blob Storage はローカル冗長ストレージと一緒に使用でき、高スループット ブロック BLOB (HTBB) が付属します。これにより、a) 規模の大きなブロック BLOB の取り込み時における書き込みスループットの向上、b) 瞬時書き込みスループット、c) コンテナーが提供され、BLOB の名前がスループットに影響を与えることはありません。

Premium Blob Storage にブロック BLOB と追加 BLOB を格納できます。Premium Blob Storage を使用するには、ご使用のサブスクリプションに新しい「ブロック BLOB」ストレージ アカウントをプロビジョニングし、既存の Blob Service REST API または AzCopyAzure Storage Explorer などの既存のツール (あるいはその両方) を使用してコンテナーと BLOB の作成を開始します。

価格

Premium Blob Storage のデータ ストレージ コストは通常のホット層に格納されるデータと比較して高くなりますが、トランザクション コストは低くなります。これによってコスト効率に優れ、トランザクション速度が非常に高いワークロードではコストが下がります。詳しくは、価格に関するページをご覧ください。

オブジェクトの階層化

現時点では、Premium に格納されているデータをホット、クール、アーカイブのいずれかのアクセス層に階層化することはできません。将来的にオブジェクトの階層化をサポートするための作業に取り組んでいます。データを移行するために、新しい PutBlockFromURL API (サンプル コード) を使用するか、この API をサポートするバージョンの AzCopy を使用して BLOB を同期的にコピーすることができます。PutBlockFromURL ではデータ サーバー側のコピーが同期的に行われます。つまり、呼び出しが完了するとデータのコピーは終了し、Azure Storage 内ですべてのデータの移行が実行されます。

限定プレビューを利用できるリージョン

Premium Blob Storage プレビューは、米国東部 2、米国中部、米国西部の各リージョンで利用できるようになる予定です。

サインアップする方法

限定パブリック プレビューに登録するには、この機能をサブスクリプションに登録するための要求を送信する必要があります。要求が承認されたら、Premium Blob ストレージ アカウントを作成します (下記を参照)。ほとんどのプレビューと同様、この機能は GA になるまで実稼働ワークロードに使用しないでください。

要求を送信するには、以下の PowerShell コマンドを実行してサブスクリプションにログインし、機能を登録します。

Connect-AzureRmAccount -SubscriptionId <subscriptionID>

Register-AzureRmProviderFeature -FeatureName premiumblob -ProviderNamespace Microsoft.Storage

要求を処理するには、24 時間から 48 時間かかります。以下の PowerShell コマンドを実行して、要求の状態を確認できます。

Get-AzureRmProviderFeature -FeatureName premiumblob -ProviderNamespace Microsoft.Storage

ストレージ アカウントの作成方法 (Azure Portal)

要求が承認されたら、ブロック BLOB ストレージ アカウントを作成できます。Azure Portal を使用してブロック BLOB ストレージ アカウントを作成するには、[ストレージ アカウントの作成] ブレードに移動して、以下を指定します。

  • [場所] で、サポートされているリージョンを 1 つ選択します
  • [パフォーマンス] で、[Premium] を選択します
  • [アカウントの種類] で、[ブロック BLOB ストレージ (プレビュー)] を選択します

次の例をご覧ください。

アカウントが作成できたら、SAS トークンの生成やメトリックの確認など、Premium Blob Storage アカウントを管理できます。

有効なリージョン: 米国東部 2、米国中部、米国西部、北ヨーロッパ 

ストレージ アカウントの作成方法 (PowerShell)

要求が承認されたら、ブロック BLOB ストレージ アカウントを作成できます。

ブロック BLOB アカウントを作成するには、最初に PowerShell AzureRm.Storage プレビュー モジュールをインストールしなければなりません。

手順 1: 最新バージョンの PowerShellGet がインストールされていることを確認します

Install-Module PowerShellGet –Repository PSGallery –Force

手順 2: 新しい PowerShell コンソールを開き、AzureRm.Storage モジュールをインストールします

Install-Module AzureRm.Storage –Repository PSGallery -RequiredVersion 6.0.0-preview –AllowPrerelease –AllowClobber –Force

手順 3: 新しい PowerShell コンソールを開き、ご使用の Azure アカウントでログインします

Login-AzureRMAccount

注: より新しいバージョンの AzureRm.Storage モジュールがインストールされている場合、AzureRm.Storage プレビュー モジュールを手動でインポートする必要があります。

Import-Module AzureRM.Storage -RequiredVersion 6.0.0

PowerShell プレビュー モジュールの準備が整ったら、ブロック BLOB ストレージ アカウントを作成できます。

New-AzureRmStorageAccount -ResourceGroupName <resource group> -Name <accountname> -Location <region> -Kind "BlockBlobStorage" -SkuName "Premium_LRS"

有効なリージョン: eastus2、centralus、westus

ストレージ アカウントの作成方法 (Azure CLI)

要求が承認されたら、ブロック BLOB ストレージ アカウントを作成できます。

ブロック BLOB アカウントを作成するには、最初に Azure CLI V 2.0.46 以降をインストールする必要があります。その後、次の手順を実行します。

手順 1: サブスクリプションにログインする

az login

手順 2: storage-preview 拡張機能を追加する

az extension add -n storage-preview

手順 3. ストレージ アカウントを作成する

az storage account create --location <location> --name <accountname> --resource-group <resource-group> --kind "BlockBlobStorage" --sku "Premium_LRS"

有効なリージョン: eastus2、centralus、westus

フィードバック

皆様のフィードバックをお待ちしております。premiumblobfeedback@microsoft.com 宛にお送りください。

まとめ

Premium Blob Storage により、短くて一貫した待ち時間で Azure Blob Storage をご使用いただけるようになったことを大変嬉しく思います。皆様からのご意見、ご感想をお待ちしています。最新情報を得るために、筆者の Twitter をご自由にフォローしていただくこともできます。

よろしくお願いいたします。

Claus