メイン コンテンツにスキップ

FinOps に関しては、データは最も重要です。データは、クラウドのコストと使用パターンを理解するための鍵であり、クラウドの戦略と運用に関するスマートな意思決定を行う上で極めて重要です。これが、Microsoft が FinOps Open Cost and Usage Specification (FOCUS) プロジェクトの設立メンバーであることを誇りに思っている理由と、今年後半に FOCUS 1.0 が利用可能になってから Cost Management のサポートを追加することに興奮している理由です。それまでの間に、現在の仕様を理解し、FOCUS コミュニティに参加し、ユース ケースとニーズに関するフィードバックを提供することで、FOCUS の準備を開始します。

フォーカスとは

FOCUS は、課金データの共通形式を定義するための画期的なイニシアチブであり、組織はコストと使用パターンをより深く理解し、複数のクラウド、SaaS、さらにはオンプレミスのサービス オファリング全体で支出とパフォーマンスを最適化することができます。

FOCUS は、割り当て、分析、監視、最適化など、FinOps のニーズに合わせて明示的に設計されたコスト データの一貫した明確でアクセス可能なビューを組織に提供します。FinOps の新しい "言語" として、FOCUS を使用すると、開業医は組織全体の同僚とより効率的かつ効果的に共同作業を行い、新しいチーム メンバーの転送可能性とオンボーディングを最大化し、人々をより迅速に稼働させることができます。FinOps Framework と組み合わせて、実践者は、クラウドの価値を最大化する合理化された FinOps プラクティスを構築するために必要なツールを使用して武装します。

組織が FOCUS を必要とする理由

Microsoft クラウド サービスの多様性と柔軟性により、必要なときに必要な分だけ支払いながら、すばらしいものを構築できます。また、この柔軟性により、サービスが課金されるさまざまな運用モデルが提供され、さまざまな要因に基づいて異なる方法で調整できます。サービスの課金方法が異なると、コストと使用状況のデータも異なる傾向があり、一貫して割り当て、分析、監視、最適化を行うのが困難になります。もちろん、これは Microsoft のクラウド サービスだけではありません。多くの場合、組織はサービスとしてのソフトウェア (SaaS) 製品、ライセンスされたソフトウェア、オンプレミス インフラストラクチャ、または他のクラウドに依存し、各プロバイダーが独自の形式でデータを共有する場合の問題を悪化させます。

FOCUS は、クラウド投資の価値を管理する際に組織が直面する最大の課題 (支出のビジネス価値の理解と定量化) に対処するプロバイダーとサービスに依存しないデータ仕様を確立することで、この問題を解決します。FOCUS を使用すると、組織は価値を高める時間を増やし、さまざまなサービスやプロバイダーとの間の不整合や不慣れさによって発生するデータの理解に苦労することが少なくなります。

Walmart では、さまざまなクラウド間でデータを正規化するだけでなく、ストレージ、コンピューティング、AI/ML などの分野で変化する SKU やサービスにも常に対応しています。FOCUS の最も重要な結果の 1 つは、共通の仕様を簡素化して標準化することを目指しているだけではなく、ベスト プラクティスに基づいて始まる会話です。コミット済みインスタンスと予約済みインスタンスの償却についてどのように考える必要がありますか? サービス カテゴリの標準値は何ですか?

これは、いくつかのフィールドに関する単なる会話だけではありません。これは、SaaS、IoT、Gen AI などの新しい領域に拡大し続けるクラウド コンピューティング市場のベスト プラクティスと標準を定義するのに役立つディスカッションです。数十年後のコストに関する話し合いを行う際の基礎となる標準について、今日議論しています。それはエキサイティングです。"—Walmart Global Tech のクラウド コスト管理担当シニア ディレクター、Tim O'Brien。

Microsoft が FOCUS を信じる理由

しかし、Microsoft が他のクラウド プロバイダーや SaaS ベンダーに参加して、一般的な課金データの仕様を促進したいと考える理由は何でしょうか。一貫性のあるクラウド課金は、Azure が提供するように構築されているイノベーションと実験を促進するためです。最新のアーキテクチャを使用して反復的な方法で Azure でアプリケーションを構築および最適化することは、課金方法を明確に理解し、それらのシステムを構築する際の他のビジネス上の優先順位の間でコストを均等に比較できる場合に簡単になります。ビジネス チーム、技術チーム、財務チーム間のコラボレーションが強化されると、組織全体の生産性が向上します。これは、地球上のすべての人とすべての組織がより多くのことを達成できるように支援するコア ミッションに戻ります。

「FinOps X 2022 では、Udam Dewaraja が最初に FinOps コミュニティとサービス プロバイダーが参加してオープンな課金データ仕様を確立するというアイデアを紹介したとき、私はフックされましたが、主要なクラウド プロバイダーがこの今後の仕様に参加して採用するかどうかについてもやや懐疑的でした (また、新しいディメンションとメトリックをネイティブでサポートします)。しかし、最初の FOCUS 会議中に、Microsoft の Cost Management チームが間違っていることを証明し、私の懐疑的な気持ちはすぐに消えました。—Neos の CloudVane のソリューション アーキテクト、Irena Jurica。

FOCUS を広範に導入することで、プロバイダー間でのコストの割り当て、分析、監視、最適化が 1 つのプロバイダーを使用するのと同じくらい簡単になり、より少ないコストでより多くの作業を行うことができます。FinOps スキルはこれまで以上に移植性が高くなり、実務家、ベンダー、コンサルタントは、異なるクラウドまたは SaaS 製品を使用する組織に移行する際に、より効率的かつ効果的になります。組織は、独自のデータ形式の学習に時間を費やすことなく、実際の価値を提供するのに役立つ付加価値の FinOps 機能に集中できます。

FOCUS の導入により、クラウド導入の障壁が取り除き、組織は、Microsoft クラウド上のビジネス価値に変換する、クラウドの使用に関するデータ主導型の意思決定をより適切に行うのに役立ちます。

FOCUS の概要

FOCUS 0.5 リリースは 2023 年 6 月に発表され、あらゆるプロバイダーに適用される基本的な概念を記述するための標準化された方法が導入されました。

リソースは ResourceIdResourceName によって識別され、それぞれの ServiceNameServiceCategory に編成されます。ServiceCategory を使用すると、クラウド プロバイダー間で一貫した最上位レベルのカテゴリ セットにコストを整理できるため、特に興味深くなります。リソースがデプロイされたリージョン、サービスを開発した会社の PublisherName、サービスが使用されたクラウドの ProviderName など追加の詳細も表示できます。

すべての料金には、料金の種類 (使用量や購入など)、ChargePeriodStartChargePeriodEnd の適用日、適用される課金コストと償却コストの金額を示す ChargeType が含まれます。これは、現在の Cost Management エクスペリエンスからの大きな逸脱の 1 つです。FOCUS を使用すると、個別の実績 (請求済み) と償却コストのデータセットからコストを引き出す代わりに、すべてのデータを一度にクエリできるため、処理時間を短縮し、現在両方のデータセットをエクスポートしているすべてのユーザーのストレージ サイズを削減できます。

すべての料金には 、BillingPeriodStartBillingPeriodEnd の日付、 請求書が生成されるスコープにリンクする BillingAccountIdBillingAccountNameリソースが管理されている下位レベルのサブスクリプション アカウントを示す SubAccountIdSubAccountName 、および 請求書を受け取る組織 (Microsoft や Microsoft パートナーなど) を示す InvoiceIssuerName があります。Microsoft 顧客契約を使用しているユーザーは、BillingAccountId が課金プロファイルにリンクされていることに気付く場合があります。これは請求書が生成される場所であるためです。これは、さまざまな用語を考えると、Microsoft Cloud のお客様にとって重要な違いになります。同様に、SubAccountId はサブスクリプションにリンクされています。これは、コストの割り当てとチャージバックのニーズに慣れるための新しいクロスクラウド用語になります。

もちろん、FOCUS に関する読み取りは、データの操作ほど適切ではありません。FOCUS にテスト実行を提供する場合は、FinOps ツールキットの一部として FOCUS サンプル Power BI レポートをダウンロードできます。これは、FinOps の作業をすぐに開始するのに役立つ再利用可能なソリューションのオープンソースコレクションです。

graphical user interface, table

Power BI 用 Cost Management コネクタを使用するか、FinOps ハブ データ パイプラインをデプロイして、このレポートを独自のデータに接続することもできます。

データに関心がある場合は、小さなサンプル データセットと、独自のデータ インジェストとクリーンアップ作業の一部として使用できる他のいくつかのオープン データセットを調べることもできます。詳細については、FinOps ツールキットの オープン データに関するドキュメントを参照してください

最後に、FOCUS で独自のデータを変換する場合は、FinOps ツールキット PowerShell モジュールから Invoke-FinOpsSchemaTransform または ConvertTo-FinOpsSchema コマンド利用することもできます。これらのコマンドを使用すると、使い慣れたコマンド ライン インターフェイスを使用して、小さなデータセットを FOCUS に変換できます。

FOCUS 1.0 を楽しみにしています

しかし、これは始まりに過ぎません。私たちは、FinOps コミュニティに参加し、フォーカスが 1.0 マイルストーンに近付くにつれて前進する助けになることに非常に興奮しています。FOCUS 1.0 仕様は、プロジェクト メンバーのチームによって推進され、FinOps の実践者のユース ケースの観点から後方に向かって動作しています。実践者は、一貫性のあるコスト割り当てを実行し、コミットメントベースの割引を効果的に管理し、一貫した単位コスト メトリックと主要業績評価指標 (KPI) などを定義するために必要な列を定義しています。スクワッドは、一貫した使用量、価格、コストメトリックを定義し、クレジット、割引、前払いのコスト要素を一貫して含めるニーズに基づいて仕様を構築しています。

FOCUS は、業界にとって重要なステップであり、世界中の組織に FinOps を導入するための重要なステップです。Microsoft は、FOCUS 運営委員会、FinOps Foundation のガバナンス ボードおよびテクニカル アドバイザリ カウンシルで奉仕することを誇りに思っています。私たちに参加して、フォーカスを世界中の標準にしてください!

ご意見をお寄せください。Cost Management のエクスポート、API、ポータル エクスペリエンスで FOCUS を採用する方法に関する仕様自体と、ご期待に関するフィードバックをお寄せください。Microsoft フィールドの担当者と話をしたり、FinOps Foundation Slack コミュニティ参加したりすることができます。また、来月シアトルの Microsoft Ignite に参加する予定の場合は、シアトル FinOps ロードショーにも参加 していただければ幸いです

じゃあね!

  • Explore

     

    Let us know what you think of Azure and what you would like to see in the future.

     

    Provide feedback

  • Build your cloud computing and Azure skills with free courses by Microsoft Learn.

     

    Explore Azure learning


Join the conversation

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *