ナビゲーションをスキップする

仮想マシン の SLA

最終更新: 2016 年 11 月

  • すべての仮想マシンに、同じ可用性セットにデプロイした 2 つ以上のインスタンスがある場合、マイクロソフトは、99.95% 以上の時間において少なくとも 1 つのインスタンスに対する仮想マシン接続が確保されることを保証します。
  • すべてのディスクについて Premium Storage を使用する単一インスタンス仮想マシンについては、マイクロソフトは 99.9% 以上の時間において仮想マシン接続が確保されることを保証します。

本 Microsoft Online Services サービス レベル契約 (以下「本 SLA」といいます) は、お客様のマイクロソフト ボリューム ライセンス契約 (以下「本契約」といいます) の一部としてマイクロソフトが作成するものです。本 SLA で使用されている用語のうち定義のないものについては、本契約における定義が適用されます。本 SLA は本 SLA に規定する Microsoft Online Services (以下「本サービス」といいます) に適用されますが、本サービスまたは本サービスに含まれるオンプレミス ソフトウェアと共にまたは関連して提供される別のブランドのサービスには適用されません。

マイクロソフトが本 SLA に規定されている各本サービスのサービス レベルを達成および維持しない場合、お客様は、月間サービス料金の一部についてクレジットの適用を受けることができます。マイクロソフトは、お客様のサブスクリプションの初回契約期間中にお客様の SLA の条件を変更することはありません。ただし、お客様がサブスクリプションを更新する場合、更新期間の開始時点における本 SLA の最新バージョンが、更新期間中適用されます。お客様に不利になる重要な変更が本 SLA に加えられる場合、マイクロソフトは 90 日以上前に通知します。

Definitions

"Applicable Monthly Period" means, for a calendar month in which a Service Credit is owed, the number of days that you are a subscriber for a Service.

"Applicable Monthly Service Fees" means the total fees actually paid by you for a Service that are applied to the month in which a Service Credit is owed.

"Downtime" is defined for each Service in the Services Specific Terms below.

"Error Code" means an indication that an operation has failed, such as an HTTP status code in the 5xx range.

"External Connectivity" is bi-directional network traffic over supported protocols such as HTTP and HTTPS that can be sent and received from a public IP address.

"Incident" means (i) any single event, or (ii) any set of events, that result in Downtime.

"Management Portal" means the web interface, provided by Microsoft, through which customers may manage the Service.

"Service Credit" is the percentage of the Applicable Monthly Service Fees credited to you following Microsoft’s claim approval.

"Service Level" means the performance metric(s) set forth in this SLA that Microsoft agrees to meet in the delivery of the Services.

"Service Resource" means an individual resource available for use within a Service.

"Success Code" means an indication that an operation has succeeded, such as an HTTP status code in the 2xx range.

"Support Window" refers to the period of time during which a Service feature or compatibility with a separate product or service is supported.

Terms

Claims
In order for Microsoft to consider a claim, you must submit the claim to customer support at Microsoft Corporation including all information necessary for Microsoft to validate the claim, including but not limited to: (i) a detailed description of the Incident; (ii) information regarding the time and duration of the Downtime; (iii) the number and location(s) of affected users (if applicable); and (iv) descriptions of your attempts to resolve the Incident at the time of occurrence.

For a claim related to Microsoft Azure, we must receive the claim within two months of the end of the billing month in which the Incident that is the subject of the claim occurred. For claims related to all other Services, we must receive the claim by the end of the calendar month following the month in which the Incident occurred. For example, if the Incident occurred on February 15th, we must receive the claim and all required information by March 31st.

We will evaluate all information reasonably available to us and make a good faith determination of whether a Service Credit is owed. We will use commercially reasonable efforts to process claims during the subsequent month and within forty-five (45) days of receipt. You must be in compliance with the Agreement in order to be eligible for a Service Credit. If we determine that a Service Credit is owed to you, we will apply the Service Credit to your Applicable Monthly Service Fees.

If you purchased more than one Service (not as a suite), then you may submit claims pursuant to the process described above as if each Service were covered by an individual SLA. For example, if you purchased both Exchange Online and SharePoint Online (not as part of a suite), and during the term of the subscription an Incident caused Downtime for both Services, then you could be eligible for two separate Service Credits (one for each Service), by submitting two claims under this SLA. In the event that more than one Service Level for a particular Service is not met because of the same Incident, you must choose only one Service Level under which to make a claim based on the Incident. Unless as otherwise provided in a specific SLA, only one Service Credit is permitted per Service for an Applicable Monthly Period.

Service Credits
Service Credits are your sole and exclusive remedy for any performance or availability issues for any Service under the Agreement and this SLA. You may not unilaterally offset your Applicable Monthly Service Fees for any performance or availability issues.

Service Credits apply only to fees paid for the particular Service, Service Resource, or Service tier for which a Service Level has not been met. In cases where Service Levels apply to individual Service Resources or to separate Service tiers, Service Credits apply only to fees paid for the affected Service Resource or Service tier, as applicable. The Service Credits awarded in any billing month for a particular Service or Service Resource will not, under any circumstance, exceed your monthly service fees for that Service or Service Resource, as applicable, in the billing month.

If you purchased Services as part of a suite or other single offer, the Applicable Monthly Service Fees and Service Credit for each Service will be pro-rated.

If you purchased a Service from a reseller, you will receive a service credit directly from your reseller and the reseller will receive a Service Credit directly from us. The Service Credit will be based on the estimated retail price for the applicable Service, as determined by us in our reasonable discretion.

Limitations
This SLA and any applicable Service Levels do not apply to any performance or availability issues:

  1. Due to factors outside our reasonable control (for example, natural disaster, war, acts of terrorism, riots, government action, or a network or device failure external to our data centers, including at your site or between your site and our data center);
  2. That result from the use of services, hardware, or software not provided by us, including, but not limited to, issues resulting from inadequate bandwidth or related to third-party software or services;
  3. That result from connecting to a serverless database that is pausing, paused or resuming.
  4. Caused by your use of a Service after we advised you to modify your use of the Service, if you did not modify your use as advised;
  5. During or with respect to preview, pre-release, beta or trial versions of a Service, feature or software (as determined by us) or to purchases made using Microsoft subscription credits;
  6. That result from your unauthorized action or lack of action when required, or from your employees, agents, contractors, or vendors, or anyone gaining access to our network by means of your passwords or equipment, or otherwise resulting from your failure to follow appropriate security practices;
  7. That result from your failure to adhere to any required configurations, use supported platforms, follow any policies for acceptable use, or your use of the Service in a manner inconsistent with the features and functionality of the Service (for example, attempts to perform operations that are not supported) or inconsistent with our published guidance;
  8. That result from faulty input, instructions, or arguments (for example, requests to access files that do not exist);
  9. That result from your attempts to perform operations that exceed prescribed quotas or that resulted from our throttling of suspected abusive behavior;
  10. Due to your use of Service features that are outside of associated Support Windows; or
  11. For licenses reserved, but not paid for, at the time of the Incident.
  12. Your initiated operations such as restart, stop, start, failover, scale compute, and scale storage that incur downtime are excluded from the uptime calculation.
  13. Monthly maintenance window that incurs a downtime to patch your server and infrastructure is excluded from the uptime calculation.

Services purchased through Open, Open Value, and Open Value Subscription volume licensing agreements, and Services in an Office 365 Small Business Premium suite purchased in the form of a product key are not eligible for Service Credits based on service fees. For these Services, any Service Credit that you may be eligible for will be credited in the form of service time (i.e., days) as opposed to service fees, and any references to “Applicable Monthly Service Fees” is deleted and replaced by “Applicable Monthly Period.”

用語の追加定義

単一インスタンスに対する通知済みメンテナンス」とは、単一インスタンスに影響を及ぼす、ネットワーク、ハードウェア、または本サービスの保守もしくはアップグレードに関するダウンタイムの期間を意味します。マイクロソフトは、当該ダウンタイム開始の少なくとも 5 日前までに通知を公開するかお客様に通知します。

可用性セット」とは、単一障害点を避けるために異なる障害ドメインにデプロイされた 2 つ以上の仮想マシンを意味します。

障害ドメイン」とは、電源およびネットワーク接続などの共通のリソースを共有するサーバーの集合を意味します。

単一インスタンス」とは、可用性セットにデプロイされていない、または可用性セットにデプロイされた 1 つのインスタンスのみを保有している、単一の Microsoft Azure 仮想マシンと定義されます。

仮想マシン」とは、個別にまたは可用性セットの一部としてデプロイできる永続的なインスタンスの種類を意味します。

仮想マシン接続」とは、仮想マシンと、仮想マシンが許可されたトラフィック用に構成されている、TCP または UDP ネットワーク プロトコルを使用する他の IP アドレスとの間の、双方向ネットワーク トラフィックを意味します。この IP アドレスは、仮想マシンと同じクラウド サービス内の IP アドレスでも、仮想マシンと同じ仮想ネットワーク内の IP アドレスでも、ルーティング可能なパブリック IP アドレスでも構いません。

Virtual Machines の月間稼働率の計算およびサービス レベル

月内時間 (分)」とは、同じ可用性セットにデプロイされた 2 つ以上のインスタンスを持つ、インターネットに接続するすべての仮想マシンの、1 請求月間における合計累積時間 (分) です。最大利用時間 (分) は、お客様が開始した操作の結果として同じ可用性セット内の 2 つ以上の仮想マシンの両方が開始された時点から、お客様が仮想マシンを停止または削除する操作を開始した時点まで測定されます。

ダウンタイム」とは、最大利用時間 (分) のうち仮想マシン接続が確保されていなかった時間の合計累積時間 (分) です。

Virtual Machines の「月間稼働率」とは、特定の Microsoft Azure サブスクリプションの 1 請求月間について、最大利用時間 (分) からダウンタイムを差し引き、最大利用時間 (分) で割った値です。月間稼働率を数式で表すと、次のようになります。

月間稼働率 (%) = (最大利用時間 (分) - ダウンタイム) / 最大利用時間 (分)

お客様による Virtual Machines の使用には、以下のサービス レベルおよびサービス クレジットが適用されます。

月間稼働率 サービス クレジット
99.95% 未満 10%
99% 未満 25%

単一インスタンス仮想マシンの月間稼働率の計算およびサービス レベル

月内時間 (分)」とは、任意の月における総時間 (分) です。

ダウンタイム」とは、月内時間 (分) のうち仮想マシン接続が確保されていなかった時間の合計累積時間 (分) です。ダウンタイムには、単一インスタンスに対する通知済みメンテナンスは含まれません。

月間稼働率」は、すべてのディスクについて Premium Storage を使用する単一インスタンス仮想マシンでダウンタイムが発生した月内時間 (分) の割合を、100% から差し引いて算出されます。

月間稼働率 (%) = 100% - (月内時間 (分) - ダウンタイム) / 月内時間 (分)

お客様による単一インスタンス仮想マシンの使用には、以下のサービス レベルおよびサービス クレジットが適用されます。

月間稼働率 サービス クレジット
99.9% 未満 10%
99% 未満 25%

バージョン履歴

1.9 最終更新:2020 年 7 月
リリース ノート:ストレージ タイプに基づく単一インスタンス仮想マシン向けの保証の明確化。可用性セットに含まれる仮想マシンの共有ディスクに関する除外を追加。

1.8 最終更新:2018 年 3 月
リリース ノート:2 つ以上の可用性ゾーンにデプロイされた仮想マシンの SLA を追加。

1.7 最終更新: 2018 年 3 月
リリース ノート:単一インスタンス仮想マシンメンテナンスに関連するダウンタイムの除外を削除

1.6 最終更新: 2017 年 4 月
リリース ノート:誤字を修正するため、月間稼働率の計算式に「x 100」を追加しました。

1.5 最終更新: 2017 年 3 月
リリース ノート:SLA 強化のため、稼働率が 95% を下回った場合の 100% のサービス クレジットの保証を追加しました。また、単一インスタンス SLA の Premium Storage を使用している必要があるという要件から一時ディスクを除外しました。

1.4 最終更新: 2016 年 11 月
リリース ノート:最大利用時間 (分) に関する更新を行いました。

1.3 最終更新: 2016 年 11 月
リリース ノート:単一インスタンス仮想マシンの SLA を新しく追加しました。

1.2 最終更新: 2016 年 7 月
リリース ノート:SLA を更新し、仮想マシン接続を追加しました。

1.1 最終更新: 2016 年 4 月
リリース ノート:Virtual Machines のセクションを Cloud Services の SLA から Virtual Machines の SLA に移動しました。

1.0 最終更新: 2015 年 3 月

詳細についてはこちらをご覧ください。

仮想マシン