Azure への移行による差別化と成長

Chevron は、石油、天然ガス、地熱産業においてあらゆる方面に投資を行う多国籍エネルギー企業です。まさに部署横断的なデジタル変革に取り組んでいるところであり、求められるスピードとアジリティに Azure で対応しようとしています。同社は、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、モノのインターネット (IoT)、ビッグ データ、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) の各種テクノロジが一体となったそのアプリケーション ポートフォリオを Azure に移行しています。CAPEX から OPEX への移行によって効率化されただけでなく、グリーンフィールド型のイノベーションが可能となり、セキュリティとコンプライアンスの体制が改善されています。

クラウド移行ソリューションの大規模な使用

6,000 のアプリ ポートフォリオ
IaaS + PaaS の両方を組み合わせた移行アプローチ

"Chevron は、かねてからテクノロジを差別化要因と考えてきましたが、クラウドのおかげで、従来よりもずっと速く、事業に価値を生み出すことができるようになりました。 数千のアプリケーションを Azure に移行する過程で、私たちは最新化の機会を得ています。自動化されたコード パイプラインを使用しつつ、アプリケーションのコードを書き直し、Azure のプラットフォーム サービスを利用することによって、今後、当社のデジタル化は一層加速していくことでしょう。"

Chevron 社パブリック クラウド部門マネージャー、Victoria Harris 氏