Azure への移行による差別化と成長

Chevron は、石油、天然ガス、地熱産業においてあらゆる方面に投資を行う多国籍エネルギー企業です。まさに部署横断的なデジタル変革に取り組んでいるところであり、求められるスピードとアジリティに Azure で対応しようとしています。同社は、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、モノのインターネット (IoT)、ビッグ データ、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) の各種テクノロジが一体となったそのアプリケーション ポートフォリオを Azure に移行しています。CAPEX から OPEX への移行によって効率化されただけでなく、グリーンフィールド型のイノベーションが可能となり、セキュリティとコンプライアンスの体制が改善されています。

クラウド移行ソリューションの大規模な使用

6,000 のアプリ ポートフォリオ
IaaS + PaaS の両方を組み合わせた移行アプローチ

"Chevron has always seen technology as a differentiator, but the cloud enables us to deliver value to the business so much faster. As we migrate thousands of applications to Azure, we are taking the opportunity to modernize. Re-writing applications and taking advantage of Azure platform services while using an automated code pipeline is what will give us the speed to enable digital in the future."

Chevron 社パブリック クラウド部門マネージャー、Victoria Harris 氏