ナビゲーションをスキップする

Marketplace FAQ

Microsoft Azure Marketplace についての一般的な質問への回答

Azure Marketplace について知っておくべきこと

  • Azure Marketplace は、アプリケーションとサービスのオンライン マーケットプレースです。顧客は主に IT プロフェッショナルと開発者で、Azure 上にまたは Azure 向けに構築されたクラウド ソフトウェア ソリューションを見つけ、試して、購入することができます。登録情報が 8,000 点を超えるカタログには、仮想マシン (VM)、API、ソリューション テンプレート、SaaS アプリなど、Azure のさまざまな構成要素が含まれています。

    パートナー様にとって、Azure Marketplace は、顧客の認知度を高めるために Microsoft と共同で行うあらゆる市場投入活動の出発点です。マーケットプレースに登録されたソリューションは、市場投入に伴う販売促進、需要創出、共同販売、共同マーケティングを通じて、パートナー様のクラウド ビジネスを牽引する最大の原動力となることでしょう。

  • Azure Marketplace は、インフラストラクチャにおける商用 IT ソフトウェアや開発者ツール、仮想マシン イメージ、API に関心のある IT プロフェッショナルとクラウド開発者を対象としています。

  • Azure Marketplace では、Azure の製品やサービスを拡張するために Microsoft やパートナー様によって構築された技術的なソリューションやサービスを取り扱っています。ソリューション カタログの範囲は、基本オペレーティング システム、データベース、セキュリティと ID、ネットワーク、ブロックチェーン、開発者ツールなど、これらに限らず、さまざまな業界カテゴリにわたっています。

    Azure Marketplace には、SaaS アプリケーションVirtual Machinesソリューション テンプレートAzure Managed Applications が用意されています。Azure 上で大規模にアプリケーションを構築、デプロイ、管理するために必要なものすべてが揃っています。

Azure Marketplace の発行元向け情報

  • Azure Marketplace は、発行者が Azure カスタマーに対して製品やサービスをアピールして販売するマーケットを提供します。すぐに 140 か国にも及ぶグローバルな市場と、30 万社以上の Microsoft パートナー エコシステム、Azure の企業顧客のネットワークにアクセスできます。これには、Fortune 500 にランキングされている企業が 90% 以上含まれているほか、世界の主要な開発元の多くが含まれています。Microsoft の顧客エコシステムにおける皆様のソリューションの認知度を高めるために、Azure Marketplace に新しく登録されたソリューションには、市場投入を後押しする一連の特典が自動的に無料で提供されます。

  • Microsoft は、クラウド マーケットプレースとして、明確に区別される 2 つのネットショップを展開しています。それが Azure MarketplaceAppSource です。これらのネットショップでクラウド アプリケーションやクラウド サービスを見つけ、試して、購入することができます。Microsoft が擁する顧客とパートナーのエコシステムを利用しやすくなるため、発行元のビジネスの成長につながります。それぞれのネットショップは固有の顧客ニーズに対応しており、皆様の顧客に応じた適切なソリューションまたはサービスを対象ユーザーは提供することができます。

    Azure Marketplace の対象ユーザー: IT プロフェッショナルと開発者、またはテクニカル ユーザー

    AppSource の対象ユーザー: 基幹業務の意思決定者とビジネス オーナー

    Azure Marketplace と AppSource の詳細および利点については、発行元ガイドをご覧ください。

  • まずは、Azure Marketplace 発行元ガイド発行元になる方法に関するページを読んで、Azure Marketplace に登録してください。次に、Azure Marketplace 応募フォームに必要事項を記入してアプリケーションを提出します。提出が完了した時点で、Microsoft の配布準備チームが申請内容を確認し、次の手順をご案内いたします。

  • はい。Azure Marketplace にご登録いただくには、MPN に加入していただく必要があります。すぐにでも Microsoft Partner Network にアクセスして始めましょう。

  • 応募フォームの提出後、Microsoft の配布準備チームが申請内容を確認し、1 から2 営業日内にご連絡差し上げます。その際、次の手順をご案内いたします。

  • Azure Marketplace の発行元の皆様には、Azure 上のアプリケーションを構築するための、IT プロフェッショナルまたはクラウド開発者を対象としたソフトウェアをご提示いただく必要があります。また、顧客向けのサービス レベル アグリーメントプライバシー ポリシーのほか、電話およびオンラインでのサポートも整備していただく必要があります。ワークロードの種類によって要件は異なります。詳しいガイダンスについては、Azure Marketplace 参加ポリシー発行元ガイドのページをご覧ください。

  • 発行元が Azure Marketplace でリスト、評価版、BYOL (ライセンス持ち込み) の登録を行う際の発行料金はかかりません。

  • Azure Marketplace 経由で発行元ソリューションのライセンスの売上が生じた場合、発行元ソフトウェアのライセンス収益は、Marketplace 発行元契約に規定された契約条件に従い、Microsoft と発行元との間で分割されます。発行元のソリューションが BYOL (ライセンス持ち込み) の場合、発行元に取引手数料は一切かかりません。

  • SaaS アプリケーションの技術的なガイダンス: クラウドベースの ID サービスである Azure Active Directory (Azure AD) と統合したうえで発行していただく必要があります。Microsoft では、すべての Marketplace ユーザーを AAD で認証します。そのため、発行元で特別なサインイン手順を設ける必要はありません。認証済みのユーザーが、Marketplace で試用版のソリューションをクリックし、その試用版環境にリダイレクトされたときに、ユーザーを試用版に直接プロビジョニングすることができます。

    このプロセスについての詳しい情報と開始手順については、こちらをご覧ください。

  • 現時点において Azure Marketplace で販売を行うことができるのは、次の各国を拠点とする発行者です: アフガニスタン、アルバニア、アルジェリア、アンゴラ、アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、アルメニア、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン、バーレーン、バングラデシュ、ベラルーシ、ベルギー、ベナン、ボリビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ブラジル、ブルガリア、ブルキナ・ファソ、ブルンジ、カンボジア、カメルーン、カナダ、中央アフリカ共和国、チャド、チリ、コロンビア、コモロ、コンゴ、コンゴ民主共和国、コスタリカ、コートジボワール、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ドミニカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エルサルバドル、エリトリア、エストニア、エチオピア、フィジー諸島、フィンランド、フランス、グルジア、ドイツ、ガーナ、ギリシャ、グアテマラ、ギニア、ハイチ、ホンジュラス、香港特別自治区、ハンガリー、アイスランド、インド、インドネシア、イラク、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、日本、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、韓国、クウェート、ラオス、ラトビア、レバノン、リベリア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マダガスカル、マラウィ、マレーシア、マリ、マルタ、モーリシャス、メキシコ、モナコ、モンゴル、モンテネグロ、モロッコ、モザンビーク、ネパール、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ニジェール、ナイジェリア、ノルウェー、オマーン、パキスタン、パナマ、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、カタール、ルーマニア、ロシア、ルワンダ、サウジアラビア、セネガル、セルビア、シエラレオネ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、ソマリア、南アフリカ、スペイン、スリランカ、スウェーデン、スイス、タジキスタン、タンザニア、タイ、東ティモール、トーゴ、トンガ、トリニダード・トバゴ、チュニジア、トルコ、トルクメニスタン、ウガンダ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、英国、米国、ウルグアイ、ウズベキスタン、ベネズエラ、ベトナム、ザンビア、ジンバブエ。

メリットと市場投入のリソース

  • Azure Marketplace は、発行元が独自のソリューションを何百万ものユーザーに紹介できる場です。Microsoft の顧客エコシステムにおける皆様のソリューションの認知度を高めるために、Azure Marketplace に登録された新しいソリューションには市場投入を後押しする一連の特典が自動的に無料で提供されます。

  • Azure Marketplace は、Microsoft と共同で行う市場投入活動の出発点であり、共同販売対応パートナーシップという舞台に通じる扉です。Microsoft の顧客エコシステムにおける皆様のソリューションの認知度を高めるために、Azure Marketplace に新しく登録されたソリューションにはすべて、市場投入を後押しする一連の特典が自動的に無料で提供されます。Microsoft のブランドとチャンネル、エコシステムを活用して、パートナーの皆様のソリューションに対する認知度を高め、収益を生むことに寄与するべく用意されたさまざまな共同マーケティング活動や共同販売活動が、この市場投入の特典によってもたらされます。パートナー様側での対応は必要ありません。ソリューションの配布を開始されるパートナー様には、ソリューションの発行後すぐに、Microsoft の市場投入チームからご連絡いたします。

    Microsoft が提供する市場投入の特典と、Marketplace で貴社のビジネスを成長させる方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

  • Azure Marketplace のソリューションは、Microsoft Azure の管理ポータルAzure Marketplace Web サイトで提供されます。Azure を使用するクラウド開発者と IT プロフェッショナルの皆様は、ログイするたびに自身のソリューションを目にすることになります。パートナー様のソリューションのサブセットも、Azure Marketplace のホームページと Azure ソリューション ページに掲載され、かわるがわる表示されます。

請求と支払い

  • Microsoft からの支払いはすべて、PayPal または電子決済 (EFT) によって月ごとに処理されます。顧客がサービスを使用した日から 2 か月以内に支払うことを目指していますが、正確なタイミングは顧客の支払い方法によって異なります。クレジット カードを使用する顧客には、45 日のエスクロー期間が適用されます。

  • はい。仮想マシン サイズの変更を顧客に許可していて、価格表の仮想マシン サイズに基づいて異なる価格を指定しておけば、請求には直ちに新しい価格が適用されます。

  • Azure Marketplace では、現在、仮想マシンに関してノード単位の請求がサポートされていません。ただし、発行元にて使用時間数と時間単価で VM 数を計算することにより、Microsoft VM の請求単価からノード単位の請求単価を求めることができます。

  • ここから Microsoft サポート チケットを記録してください。

発行元のサポート

  • アプリケーションの使用法またはトラブルシューティングに関する一般的なサポートについては、Cloud パートナー ポータル サポートにお問い合わせください。

    Azure Marketplace での購入に関する請求やサブスクリプションの問題については、Azure サポートにお問い合わせください。

  • Azure Marketplace のフォーラムは、こちらからご利用いただけます。

  • 最新の FAQ リソースとドキュメントについては、Azure Marketplace 発行元ガイドに関するページをご覧ください。また、Cloud パートナー ポータルで Microsoft サポート チケットを記録してください。

Azure Marketplace の顧客向け情報

  • Azure Marketplace の Web ベースのネットショップにアクセスしてください。Azure で実行するように最適化された、認定済みの高品質なエンタープライズ アプリケーションとエンタープライズ ソリューションが豊富に揃っています。Azure Marketplace には、Azure 管理ポータルの [リソースの作成] からアクセスできます。詳細についてはここをクリックしてください。

  • Azure Marketplace は、IT プロフェッショナルや開発者が、Azure 向けまたは Azure 上に構築されたテクニカル アプリケーションを見つけるための店です。140 か国にも及ぶグローバルな市場、そして Microsoft が擁する 30 万社以上のパートナー エコシステムから提供されるソリューションやサービスにすばやくアクセスすることができます。Microsoft Azure のソリューションとサービスのエコシステムが 1 つに集約された統合プラットフォームであり、数回クリックするだけでソリューションを見つけ、試して、購入することができます。

  • Azure Marketplace の各種サービスは、Web ベースのネットショップMicrosoft Azure の管理ポータルAzure Marketplace のコマンド ライン インターフェイス (CLI) で見つかります。Azure Marketplace へのログイン後、Microsoft やパートナーのソリューションを探し出して購入することができます。注意: プリペイド クレジットなどの形態の年額コミットメントは、ソフトウェア ライセンス料の支払いには使用できません (こちらに記載したものを除く) が、関連する Azure 使用料金の支払いには使用できます。

  • お客様は、発行元が有効にしている Azure データセンターの地域をデプロイ先として選択できます。パフォーマンスの最適化および予算管理のために、ご自身のサービスに最も近いデータセンターの場所を選択してください。

  • いいえ、削除は元に戻せません。サブスクリプションを誤って削除した場合、再度ご購入いただくことで簡単に再開できます。ただし未使用の機能やプリペイド サービスがすべて失われるため、サブスクリプションの削除にはご注意ください。

  • いいえ、アプリケーションが使用中のサービス/データを削除する場合に Azure は警告を表示しません。

  • Azure Marketplace のサービス/データの依存関係は自動的に管理されません。Azure Marketplace で購入したサービス/データの説明を使用前に慎重に確認し、依存関係を判断して認識したうえでソリューションをデプロイしてください。

  • 現在、Azure CSP およびオープンのお客様は、無料とライセンス持ち込み (BYOL) の Marketplace サービスのみをご利用いただけます。

  • Azure Marketplace は、次の国の Microsoft Azure カスタマーが利用できます。

    アルジェリア、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、バーレーン、ベラルーシ、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、ドミニカ共和国、エクアドル、エジプト、エルサルバドル、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、グアテマラ、香港、ハンガリー、アイスランド、インド、インドネシア、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、クウェート、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア、マレーシア、マルタ、メキシコ、モンテネグロ、モロッコ、オランダ、ニュージーランド、ナイジェリア、ノルウェー、オマーン、パキスタン、パナマ、パラグアイ、ペルー、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、カタール、ルーマニア、ロシア、サウジアラビア、セルビア、シンガポール、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、韓国、スペイン、スリランカ、スウェーデン、スイス、台湾、タイ、トリニダード・トバゴ、チュニジア、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、英国、米国、ウルグアイ、ベネズエラ。

Azure Marketplace からソリューションをデプロイする

  • Azure サブスクリプションおよび Azure Marketplace の VM とサービスを移行するには、Azure Marketplace の VM とサービスをすべて削除するかキャンセルしたうえで、既存の Azure サブスクリプションを新しい Azure アカウントに関連付ける必要があります。Azure サブスクリプションの移行が完了したら、Azure Marketplace の VM を再購入してください。最終的な使用料金は、ご利用のアカウントに登録されている支払い方法で請求されます。

  • Azure サブスクリプションと Azure Marketplace の VM およびサービスを移行するには、Azure Marketplace の VM とサービスをすべて削除するかキャンセルしてから、Azure アカウントおよび関連するサブスクリプションをご利用の Enterprise Agreement に関連付ける必要があります。Azure アカウントおよび関連するサブスクリプションの移行が完了すると、Azure Marketplace の VM またはサービスを再購入できます。最終的な使用料金は、ご利用の Enterprise Agreement に基づいて、四半期単位で請求されます。

価格と支払い

  • 価格は、製品の種類と発行元の仕様によって異なります。ソフトウェア ライセンス料と Azure 使用料は Azure サブスクリプションにより個別に請求されます。価格モデルは次のとおりです。

    • BYOL モデル: ライセンス持ち込み。Azure Marketplace 上のソフトウェアの使用ライセンスを発行元またはリセラーから直接入手するときは、ソフトウェアに関連した使用料が別途請求されることはありません。
    • 無料: SKU を無料で使用できます。サービス/データの使用に関して、ソフトウェア ライセンス料は請求されません。
    • 無料のソフトウェア試用版: 限られた期間、販売促進用に無料で提供されるソフトウェアです。試用期間中は、サービス/データを使用しても発行元のソフトウェア ライセンス料は請求されません。試用期間が切れると、お客様はサービス/データの使用に対して標準レートに基づいて自動的に課金されます。
    • 使用量ベース: サービス/データの使用程度に応じて課金されます。Virtual Machines イメージの場合、時間あたりの Azure Marketplace 料金が課金されます。開発者サービスと API については、サービスごとに定義された単位で課金されます。
    • 月額料金: サービス/データのサブスクリプションに対して固定の月額料金が請求されます (そのプランのサブスクリプション開始日から課金開始)。月の途中でキャンセルした場合や未使用のサービスに対して、月額料金が日割り計算される場合があります。

    特定のプランの価格の詳細については、Microsoft Azure 管理ポータル内または https://azure.microsoft.com/en-us/pricing/ のソリューションの詳細ページにあります。

    注: 月額料金を除く Azure 使用料金は、特に記載のない限り、すべての価格モデルに適用されます。

  • 無料試用版ソフトウェア (今すぐ試す) のサービス/データは、販売促進のために一定期間だけ無料で、その後は課金サブスクリプションに移行する課金サービスの一種ですが、Free レベルのサブスクリプションのオファリングは永年無料です。

  • いいえ。Free レベルまたは BYOL のサービス/データをデプロイするのに、支払い方法の情報は必須ではありません。しかし、無料試用版のサービス/データには、支払い方法の情報が必要になります。

    登録情報に "今すぐ入手する" や "無料のソフトウェア試用版" などのボタンが表示されているソリューションは、Azure サブスクリプションにデプロイされ、アカウントに登録されている支払い方法で請求されます。Azure 使用料金は、ソフトウェア ライセンス料とは別に請求されます。

  • Azure Marketplace の価格設定ついてご不明点がある EA インダイレクトのお客様は、Licensing Solution Provider (LSP) にお問い合わせください。

  • はい、EA のお客様の場合、加入契約管理者が対象の加入契約のすべてのアカウントの購入特権を無効にし、その後、購入期間を長くして再び購入できます。また、すべてのお客様は Azure Policy を使用して、Azure サブスクリプションのデプロイ オプションを制限することができます (Azure Marketplace リソースの管理を含む)。

  • はい。エンタープライズ契約 (EA) のお客様は、Azure Marketplace からアプリケーションやサービスを購入できます。ISV によって価格設定され、所有権も発行者にあります。このため、Azure Marketplace サービス/データにおける購入に対しては、Microsoft 標準ボリューム ライセンスの割引は適用されません。

  • 特定の Azure Marketplace サービスでは、Azure サブスクリプション クレジットまたは年額コミットメントの資金を利用できます。このプログラムに参加している製品の全一覧については、こちらの記事を参照してください。上記のサービスの BYOL または BYOS オプションは除外されます。その他のすべての Azure Marketplace サービスでは、Azure サブスクリプション クレジットまたは年額コミットメントを利用できません。これには、1 か月の無料試用版のクレジット、月単位の MSDN クレジット、Azure プロモーションからのクレジット、コミットメント額の残金、およびこれ以外の Azure から提供される無料クレジットが含まれます。

  • いいえ。Azure Marketplace におけるソリューションは、ISV によって価格設定され、所有権も発行者にあります。Azure Marketplace における購入に対しては、Microsoft 標準ボリューム ライセンスの割引は適用されません。

  • Azure Marketplace における購入には Azure サブスクリプションと同じ支払い方法が引き継がれ、Azure の使用とは別個に請求されます (ただし、年額コミットメントの使用が有効な場合を除く)。

    MOSP (つまり Web ダイレクト) のお客様は、Azure サブスクリプション プロファイルに登録されているクレジット カードに請求されます。(Azure の料金が本人に請求される特別な免除を受けたために) クレジット カードを登録していない場合、Azure Marketplace で購入することはできません。

    エンタープライズ契約 (EA) のお客様は、EA に対して課金されます。こちらに記載されている特定の Azure Marketplace プランについては、まず利用可能な年額コミットメントから料金が差し引かれ、その超過料金が四半期ごとの請求書で一括して請求されます。Marketplace で提供されるその他すべてのプランは、四半期ごとに別個の Marketplace 請求書で後から請求されます。EA インダイレクト、教育機関、政府機関のお客様は、それぞれのライセンス ソリューション プロバイダー (LSP) により請求されます。まず利用可能な年額コミットメントから料金が差し引かれ、その超過料金が四半期ごとの請求書で一括して請求されます。Marketplace で提供されるその他すべてのプランは、四半期ごとに別個の Marketplace 請求書で後から請求されます。EA インダイレクト、教育機関、政府機関のお客様は、それぞれのライセンス ソリューション プロバイダー (LSP) により請求されます。

  • MOSP (Microsoft Online Subscription Program)、つまり Web ダイレクトのお客様は、Azure 課金ポータルの [Marketplace] メニューで Marketplace のサブスクリプションの詳細を表示できます。Marketplace で Virtual Machines を購入したお客様は、Microsoft Azure の管理ポータルで推定の未収料金を確認できます。

    エンタープライズ契約 (EA) のお客様の場合、エンタープライズ ポータルの課金とアカウント管理のビューにある [Azure Marketplace] タブで Marketplace サブスクリプションの詳細を確認できます。注意: EA インダイレクトのお客様は、プランと利用状況に関する情報のみ表示できます。価格設定の詳細はエンタープライズ ポータルで表示できません。

  • このアドオンは Azure VM に関連付けられているため、Azure Marketplace で購入したサービスをキャンセルするには、VM を削除して VM の実行を停止する必要があります。そうすることで Azure Marketplace で購入したサービスの利用が完全に停止され、料金が発生しなくなります。

  • Enterprise Agreement のお客様は、こちらで説明する特定のサービスについて、まず利用可能な年額コミットメントの資金から、その月に使用されたサービスにかかる料金総額が差し引かれます。年額コミットメントを利用できない場合、これらの料金は後で四半期ごとに請求されます。年額コミットメントから差し引かれない Azure Marketplace ソリューションについてはいずれも、四半期ごとに後から請求されます。まず利用可能な年額コミットメントの資金から、その月に使用されたサービスにかかる料金総額が差し引かれます。年額コミットメントを利用できない場合、これらの料金は後で四半期ごとに請求されます。年額コミットメントから差し引かれないすべての Azure Marketplace サービスについては、その料金が後で四半期ごとに請求されます。

    MOSP (つまり Web ダイレクト) のお客様は、Azure サブスクリプション プロファイルに登録されているクレジット カードに毎月請求されます。

  • ほとんどの Microsoft サブスクリプションはエンタープライズ契約に簡単に移行できますが、サブスクリプションの中での Azure Marketplace における購入は簡単には移行できません。

    Azure Marketplace から購入した仮想マシン (VM) を Enterprise Agreement サブスクリプションに移行するには、既存の MOSP サブスクリプションからそれらをいったん削除した後、再び EA サブスクリプション内にデプロイする必要があります。

    Azure Marketplace から購入したその他のサービスを EA に移行するには、既存の MOSP サブスクリプションでいったんキャンセルしてから、EA 内で再度購入する必要があります。その後、Marketplace のサービス サブスクリプションの間で重複する可能性がある月についての返金を求めるクレジット要求を提出できます。こちらからサポート チケットを作成できます。

  • 「価格」はソフトウェアを動かす Azure Virtual Machine のコストを指します。"ソフトウェア価格" は Azure Virtual Machine で実行される Marketplace 発行元のソフトウェアのコストを指します。"合計額" は Azure Virtual Machine と、Azure Virtual Machine で実行される Marketplace 発行元のソフトウェアの合計コストを指します。

  • はい。ご利用のアカウントの Azure サブスクリプション クレジットと年額コミットメントは、Azure 製品および Azure Marketplace で公開されている各種ソリューションにお使いいただけます。たとえば、Azure 約定額資金を Azure Marketplace の Virtual Machine プランの「価格」が発生する部分に使うことができます。ただし、Azure サブスクリプション クレジットと年額コミットメントの資金を適用できるのは、Azure 仮想マシンで実行される特定の Marketplace 発行元のソフトウェア ("ソフトウェア価格") に限られます。

  • 推定使用量の情報は、Microsoft Azure の管理ポータルの購入に関するダッシュボードで確認できます。そうした推定使用量についての情報には最近のアクティビティが含まれておらず、過去の使用量に基づいて推定されている可能性があります。パブリック プレビューの間、この機能は一部の購入に関して使用できない可能があります。利用できるかどうかは製品の種類に応じて異なります。

カスタマー サポート

  • アプリケーションの使用法またはトラブルシューティングに関する一般的なサポートについては、アプリケーションの発行元に直接お問い合わせください。

    Azure Marketplace での購入に関する請求やサブスクリプションの問題については、Azure サポートにお問い合わせください。

  • 製品に関する技術的なサポートについてはすべて Azure Marketplace の発行元にお問い合わせください。発行元の連絡先情報およびまたはサポート Web サイトへのリンクは、Azure Marketplace のソリューション詳細ページに掲載されています。

  • Azure サポートで Microsoft サポートにお問い合わせください。

  • Azure Marketplace のフォーラムは、こちらからご利用いただけます。

  • お客様は、ソリューションの発行元に直接問い合わせる必要があります。Azure Marketplace のソリューション詳細ページに連絡先情報が記載されているか、発行者の Web サイトへのサポート リンクが用意されています。

  • Azure Marketplace での購入に関しては、返品はできませんが、キャンセル/削除は可能です。いったんサブスクリプションがキャンセルまたは解除されると、翌月からは請求が発生しません。

    Marketplace のサービスに関連する技術的な問題に関しては、お客様は発行元に直接問い合わせる必要があります。発行元の連絡先情報およびまたはサポート Web サイトへのリンクは、Azure Marketplace のソリューション詳細ページに掲載されています。