Azure で実行できるミッションクリティカルなアプリケーションの範囲を Microsoft のパートナーが拡大

2020年10月6日 に投稿済み

General Manager, Azure Core Compute (IaaS)

Microsoft Azure のパートナー エコシステムの奥深さと幅広さが、何千もの組織によるミッションクリティカルなアプリケーションの Azure への導入をどのように可能にしたか。

この数年で、IT 組織はビジネスクリティカルなアプリケーションをクラウドに移行することで多大な恩恵を受けていて、同じアプリケーションをオンプレミスで実行する場合に直面する最大の課題に対処できるようになりました。より多くの企業がデジタル変革の取り組みに着手していますが、テクノロジによってイノベーションと成長が促進されているため、ミッションおよびビジネスクリティカルなアプリケーションの範囲はそれ以上に拡大し続けています。このことはこの数か月でさらに加速し、一部分においては急速に変化する世界経済によって拍車がかかっています。

結果として、ミッションクリティカルなアプリケーションの定義は進化していて、多くの企業にとって Systems of Record (SoR) だけにとどまりません。これは、Microsoft がプラットフォーム全般に対する投資を止めなかった理由の一部であって、Azure で実行されているコア アプリケーションの可用性、セキュリティ、スケーラビリティ、パフォーマンスをお客様が向上できるようにしています。ミッションクリティカルなアプリの拡張は、AI、IoT、分析、新機能がより普及したときにだけ促進されます。

Microsoft とお客様の多くの業種の両方において、ミッションクリティカルなシナリオの範囲の広がりが見られます。たとえば、Eric Boyd のブログでは、医療、保険、持続可能な農業やその他の分野の企業が、ビジネスの転換のためにどのようにして Microsoft Azure AI を選んだかが概説されています。Microsoft Teams などのアプリケーションは、特に今年は、多くの組織で従業員のリモート化を実現する必要があったため、ミッションクリティカルなものになりました。このことは、Teams で非常に多くの会議が行われていることにも反映されています。

Azure のサービスと機能の範囲を越える

Microsoft が協力している多くの組織は、独自のビジネスクリティカルなアプリケーションに対する無数の便益を得ることに意欲的ですが、クラウドに対する取り組みに関する以下のような問題を最初に検討する必要があります。

  • オンプレミスで使用しているコア アプリケーションは Azure で認定およびサポートされているか?
  • Azure に移行した場合に、オンプレミスで長年にわたって築いたアプリケーションのカスタマイズと同じレベルのものを維持できるか?
  • ユーザーにアプリケーションのパフォーマンスの影響があるか?

基本的には、中核のビジネス プロセスをクラウドに移行しても、パートナーや ISV と築いた戦略的協力関係を引き続き利用できることを確実にしたいと組織は考えています。オンプレミスでカスタマイズと最適化に長年を費やしたアプリケーションそのものを引き続き使用することを希望しています。

Microsoft は、ビジネスを Azure で運営することは、あらゆるプラットフォームが提供できるサービスと機能の範囲を越えていることを理解しています。包括的なエコシステムが必要です。Azure では常にパートナーが重視されていて、Microsoft は多数の ISV やテクノロジ パートナーとの協力体制を強化し続けているため、お客様は Azure においてビジネスの運営の成功に不可欠なアプリケーションを実行できます。

ミッションクリティカルなアプリケーションの範囲の拡大に関するより詳しい考察

現在では、Azure で数千のサードパーティ ISV アプリケーションを実行できます。同様に、これらの ISV の多くは、ソフトウェア ソリューションやサービスを提供するために Azure を利用しています。Azure は、お客様だけでなくパートナー コミュニティにとってもミッションクリティカルなプラットフォームになっています。

ほとんどの人がミッションクリティカルなアプリケーションについて考える場合、大抵はエンタープライズ リソース プランニング (ERP) システム、サプライ チェーン管理 (SCM)、製品ライフサイクル管理 (PLM)、顧客関係管理 (CRM) アプリケーションが最初に思い浮かぶ例です。

しかし、Microsoft のミッションクリティカルなエコシステムの奥深さと幅広さを説明するために、世界中の何千もの企業にとって重要な、以下の独特で大きく異なるアプリケーションのカテゴリについて考察してみましょう。

  • エンタープライズ リソース プランニング (ERP) システム。
  • データ管理および分析アプリケーション。
  • バックアップおよびビジネス継続性ソリューション。
  • パブリック クラウド インフラストラクチャを利用するビジネスクリティカルなアプリケーションの拡大を実証するハイ パフォーマンス コンピューティング (HPC) のシナリオ。

Azure の奥深いエコシステムは、これらのすべてのカテゴリだけでなくそれ以外のお客様のニーズに対応しています。

ERP システム

ほとんどの人がミッションクリティカルなアプリケーションについて考える場合、大抵は ERP、SCM、PLM、CRM アプリケーションが最初に思い浮かぶ例です。Azure でのいくつかの例としては以下があります。

  • SAP - Microsoft では、企業のお客様が最もミッションクリティカルな SAP のワークロードを Azure で実行できるようにし、Azure のインテリジェンス、セキュリティ、信頼性を SAP のアプリケーションとデータにもたらしています。
  • Viewpoint (Trimble 傘下) - Viewpoint は統合建設管理ソフトウェアとソリューションを通じて建設業界の変化を 40 年以上支援してきました。Viewpoint とその顧客の両方が持つスケーラビリティと柔軟性のニーズを満たすために、クライアントの大部分が現在ではソフトウェア スイートを Azure で実行していて、明確な便益を体験しています。

データ管理および分析

データは企業に不可欠なものです。お客様はクラウドからエッジまでのミッションクリティカルなデータ ソースの急増に直面していて、分析はクラウド内のデータの価値を解き放つ鍵となっています。AI は重要な要素であるうえに、Azure でコア アプリを最新化するもう 1 つの説得力のある理由です。

  • DataStax - Apache Cassandra™ をベースにしたスケールアウト、ハイブリッド、クラウドネイティブ NoSQL データベースである DataStax Enterprise は、Azure と連携して、パーソナライズされたリアルタイムのスケーラブル アプリケーションの基盤を提供できます。この組み合わせによって、どのように企業がミッションクリティカルなワークロードを実行して、コンプライアンスとデータ ガバナンスを損なうことなくビジネスのアジリティを向上させることができるかをご覧ください。
  • Informatica - Informatica は Microsoft と協力して、顧客とビジネス上の意思決定を促進しているデータの信頼性、認証、保護を企業が確かなものにできるよう支援しています。具体的には、Informatica は、ミッションクリティカルなアプリケーションを強化しているデータの質に重点を置いていて、既存の投資から最大の価値を引き出すのを支援できます
  • SAS® - Microsoft と SAS は、お客様が SAS のワークロードをクラウドで簡単に実行できるようにし、デジタル変革のイニシアチブから重要な価値を引き出せるよう支援しています。提携の一環として、SAS はその分析製品と業界ソリューションを、SAS Cloud の推奨クラウド プロバイダーとしての Azure に移行しています。ミッションクリティカルな分析がどのようにしてクラウドを安息の場にしているかをご確認ください

バックアップおよびディザスター リカバリー ソリューション

目標復旧時間 (RTO) と目標復旧ポイント (RPO) を最小化するアップタイムとディザスター リカバリーの計画は、ミッションクリティカルな環境のことになると IT に関する上級意思決定者が細心の注意を払っている最上位のメトリックです。重要なデータのバックアップは、堅牢なビジネス継続性計画の導入における主要な要素です。Azure には組み込みのバックアップおよびディザスター リカバリー機能が備わっていて、Microsoft は Commvault、Rubrik、Veeam、Veritas、Zerto などの業界のリーダーとも提携しているため、データがどこにあるかにかかわらず、既存のアプリケーションを引き続き使用することができます。

  • Commvault - Microsoft では、Commvault と引き続き協力して、お客様のハイブリッド環境においてビジネスクリティカルなワークロードとデータの回復性、可視性、アジリティを高めることができるデータ管理ソリューションを提供します。Azure VMware Solution のサポートを含む Commvault の最新オファリングについてと、Metallic SaaS スイートが Azure だけに頼っている理由をご覧ください。
  • Rubrik - 企業が短い RTO、大規模なセルフサービスの自動化、クラウド導入の促進を実現させるのを Rubrik がどのように支援しているかをご覧ください。
  • Veeam - Veeam のソリューション ポートフォリオを使用して、ミッションクリティカルなワークロードを Azure にバックアップ、復旧、移行させる方法をお読みください
  • Veritas - Veritas InfoScale がどのようにして Azure との統合を高度なものにして、クラウドでのミッションクリティカルなアプリケーションのデプロイと管理をシンプルにしているかをご確認ください。
  • Zerto - Zerto のプラットフォームの広範な機能が Azure でミッションクリティカルなアプリケーションを保護するのにどのように役立つかをご確認ください
  • Teradici - 最後に、ミッションクリティカルとビジネスクリティカルの境界がどのように曖昧になっているのかを Teradici が明確に示しています。より長期的なシナリオを含めるために、ビジネス継続性計画がどのように調整されているのかをお読みください

HPC のシナリオ

多くの場合、HPC アプリケーションは社内で最も負荷と価値の高いワークロードであり、金融サービス、生命科学、エネルギー、製造などの多くの業界でビジネスに不可欠です。COVID-19 との闘いのサポートから 5G の半導体設計までや、航空宇宙工学の設計プロセスから自動走行車の開発まで、さらにそれ以外の最大かつ最も独創的なイノベーションが、HPC によって推進されています。

パートナー コミュニティの専門知識を活用できる

多くの組織が、コア アプリケーションのクラウド移行の促進を続け、Accenture、Avanade、Capgemini、Wipro やその他多くの世界的システム インテグレーターを含む幅広いパートナー コミュニティとの協力関係に、目に見える重要な価値があることを実感しています。たとえば、UnifyCloud は最近、金融部門の大きな組織による Azure でのデータ資産の最新化だけでなく、IT コストの 69% 削減の実現を支援しました。

集合的想像の力に支えられた、これから先の機会が非常に楽しみです。

Azure でビジネスクリティカルなアプリケーションを実行し、ビジネスの回復性を向上させる方法の詳細をご覧ください。より深い掘り下げとデモについては Microsoft Ignite のセッションをご視聴ください

 


Trimble のロゴ

"建設業界は、ビジネスの運営に使用されるミッションクリティカルなテクノロジの構築とホストにおいて Viewpoint を頼りにしているため、提供するソリューションに関しては、可能な限り最高の基準を設けています。Microsoft と協力することで、スケーラビリティ、柔軟性、信頼性を向上させることによって Azure クラウドでこれらの基準を満たすことができるようになりました。これらすべてにより、お客様は独自のデジタル変革を加速させ、より大きな自信を持ってビジネスを運営できます。" - Viewpoint (Trimble 傘下)、製品開発担当上級副社長、Dan Farner 氏

Microsoft Azure での Viewpoint による信頼性、スケーラビリティ、顧客の満足の獲得に関するブログをお読みください。

#27141 2

 

 

"運用、開発者の生産性、市場投入までの時間を大幅に改善できるようにするために、ビジネスクリティカルなアプリケーションには、スケールアウト データとマイクロサービスに基づく変換データ アーキテクチャが必要です。Azure と DataStax を利用すると、企業は、世界規模でミッションクリティカルなワークロードをダウンタイムなしで実行できるようになり、ビジネスのアジリティ、コンプライアンス、データ主権、データ ガバナンスを実現できます。" - DataStax、最高製品責任者、Ed Anuff 氏

ブログ「Application Modernization for Data-Driven Transformation with DataStax Enterprise on Microsoft Azure」 (Microsoft Azure での DataStax Enterprise によるデータ駆動型変換のためのアプリケーションの最新化) をお読みください。

#27141 3

 

 

"Microsoft の 2020 Data Analytics Partner of Year として、Informatica は Azure との連携によって、世界中のあらゆる部門にわたる共通のお客様のミッションクリティカルな課題を解決します。  Azure のスケーリング、回復性、柔軟性と、Informatica の業界トップの Cloud-Native Data Management プラットフォームを併せて Azure で組み合わせることで、最も複雑かつ機密性が高く重要な、ビジネスクリティカルなワークロードを託すことができるプラットフォームがお客様に提供されます。" - Informatica、戦略的エコシステムおよびテクノロジ担当副社長、Rik Tamm-Daniels 氏

ブログ「Ensuring Business-Critical Data Is Trusted, Available, and Secure with Informatica on Microsoft Azure」 (ビジネスクリティカルなデータが信頼できること、利用できること、セキュリティで保護されていることを Microsoft Azure における Informatica で確実にする) をお読みください。

 

#27141 4

 

 

"SAS と Microsoft は、組織が顧客へのサービスの提供、リスクの管理、運用の改善に取り組むために、より良い決断を下せるよう支援するビジョンを共有しています。 組織は加速度的にクラウドに移行しています。将来予定されていたデジタル変革プロジェクトが、今では納期が 2020 年になっています。デジタル成長戦略を促進するうえで、分析とクラウドが重要であることにお客様は気付いています。このパートナーシップにより、お客様は Microsoft Azure に迅速に移行できるため、信頼性が高く、高パフォーマンスかつコスト効果の高い方法で分析ワークロードを構築、デプロイ、管理することができます。" - SAS、取締役副社長兼最高執行責任者兼最高技術責任者、Oliver Schabenberger 氏

ブログ「Mission-critical analytics finds a home in the cloud」 (ミッションクリティカルな分析がクラウドを安息の場にする) をお読みください。

#27141 5

 

"Microsoft は当社の基盤パートナーであり、Metallic のホストと提供のためのプラットフォームとして Microsoft Azure を選択することは簡単にできる決断でした。この決断によって、Azure のパフォーマンス、スケーリング、信頼性、セキュリティがお客様の信用向上に拍車をかけ、お客様とパートナー向けに独自のベスト プラクティスのガイダンスが提供されます。当社のお客様は、Microsoft と Azure を中心とした Commvault のソリューションを毎日利用して、デジタル変革戦略をサポートするために必要な重要なアプリケーションとデータを管理、移行、保護しています。" - 副社長/最高技術責任者、Microsoft プラクティスおよびソリューション部門、Randy De Meno 氏

ブログ「Commvault extends collaboration with Microsoft to enhance support for mission-critical workloads」 (Commvault が Microsoft との提携を拡大してミッションクリティカルなワークロードのサポートを拡張) をお読みください。

#27141 6

 

 

"企業は、SAP、Oracle、SQL、VMware 環境でミッションクリティカルなアプリケーションを保護するために、Rubrik と Azure を利用しています。企業が Azure Archive Storage に対する Rubrik の自動階層化を使用して、Azure に安全かつ迅速に、低い TCO で移行するのを Rubrik は支援しています。セキュリティ志向のお客様は、Rubrik と Microsoft によって、ビジネスクリティカルなデータが不変であり、ランサムウェアの脅威がバックアップにアクセスできないようになっているため、企業がオンプレミスと Azure で情報をすばやく検索して復元できることを評価しています。" - Rubrik、最高技術責任者兼共同創設者、Arvind Nithrakashyap 氏

企業が Azure で Rubrik を使用している方法をご覧ください。

 

#27141 7

 

"Veeam では、375,000 を超える世界中のお客様全体でビジネスクリティカルなアプリケーションとデータのために Microsoft Azure の導入が増加すると引き続き予想しています。アプリケーションとデータの移行はパブリック クラウドに対する最大の障壁のままですが、当社では、根本ではシンプルさ、柔軟性、信頼性が提供される一方で、コストの管理と節約を強化するために比類のないデータの移植性が提供される、統合された Cloud Data Management プラットフォームを通じて、このような課題を取り除くことができるよう取り組んでいます。独自の Veeam Universal License (ワークロードと一緒に移動してそれらが常に保護されていることを保証するポータブル ライセンス) により、お客様は Azure へワークロードを簡単に移行することでデータを制御でき、クラウドでその保護と管理を継続できます。" - Veeam、最高技術責任者兼製品戦略担当上級副社長、Danny Allan 氏

ブログ「Backup, recovery, and migration of mission-critical workloads on Azure」 (Azure でミッションクリティカルなワークロードのバックアップ、復旧、移行を行う) をお読みください。

 

#27141 8

 

"何千ものお客様が、オンプレミスと Azure の両方のデータの保護に Veritas を利用しています。Microsoft とのパートナーシップにより、企業のお客様が最適ですぐに利用できる状態のビジネスクリティカルなアプリケーションを維持するのに活用するデータ保護ソリューションを、当社が推進することができます。" - Veritas、最高収益責任者、Phil Brace 氏

ブログ「Migrate and optimize your mission-critical applications in Microsoft Azure with Veritas InfoScale」 (Veritas InfoScale を利用して Microsoft Azure でミッションクリティカルなアプリケーションの移行と最適化を行う) をお読みください。

#27141 9

 

 

"Microsoft は、お客様に最も革新的なテクノロジを提供するために、常にパートナーの専門知識を活用してきました。Microsoft と Zerto の長期的な協力体制によって、Zerto の IT Resilience プラットフォームは Azure と完全に統合されていて、データの損失を秒単位に、ダウンタイムを分単位に減らすことができる、堅牢で完全に調整されたソリューションを提供します。Zerto のエンドツーエンドの集中型バックアップ、DR、クラウド モビリティ プラットフォームを活用することで、ランサムウェア、ハードウェア障害、Azure クラウド (ハイブリッド クラウド環境における IT の回復性のための最適なクラウド プラットフォーム) を使用した他の多数のシナリオを含む予定内または予定外の中断時に、ミッションクリティカルなアプリケーションを保護できることをお客様は何度も証明しています。" - Zerto、最高マーケティング責任者兼製品担当上級副社長、Gil Levonai 氏

ブログ「Protecting Critical Applications in the Cloud with the Zerto Platform」 (Zerto プラットフォームによってクラウドで重要なアプリケーションを保護する) をお読みください。

 

#27141 10

 

"ビジネスの中断がより長く継続すると、境界がより曖昧になり、ビジネスクリティカルな機能がミッションクリティカルなものになり始めるため、あらゆる職務や業界でリモートの従業員をサポートする IT 管理者にとって、Microsoft Azure での仮想デスクトップとワークステーションが魅力的なオプションとなります。Teradici Cloud Access Software は、非常に優れたパフォーマンスと忠実性によって Microsoft Azure と Azure Stack で要求の厳しいビジネスクリティカルおよびミッションクリティカルなワークロードをサポートする柔軟で安全なソリューションを提供するため、企業はビジネスの継続性戦略において効率性と回復性を向上させることができます。" - Teradici、戦略的提携担当部長、John McVay 氏

IT に関する予定の長期化によるビジネスクリティカルからミッションクリティカルへの優先事項のシフトに関するブログにお読みください。

#27141 11

 

 

 

 

"Ansys にとって、ますます複雑になるエンジニアリングの要件を実現するために、オンデマンドのハイ パフォーマンス コンピューティングの必要性を促すお客様に対応することは避けられません。Microsoft Azure は、その専用の HPC と堅牢な市場投入機能が理由で、当社にとって当然の選択であって、共通のお客様が自宅から作業している場合でも革新的な製品の設計を継続できるように協力しています。" - Ansys、クラウドおよびプラットフォーム担当副社長兼本部長、Navin Budhiraja 氏

ブログ「Ansys Cloud on Microsoft Azure: A vital resource for business continuity during the pandemic」 (Microsoft Azure での Ansys Cloud: パンデミック時におけるビジネスの継続性の重要なリソース) をお読みください。

 

#27141 12

 

"成功のためには堅牢で安定したビジネスクリティカルなシステムが最重要です。Azure HPC リソースを活用する Rescale のお客様は、スケーラビリティ、柔軟性、インテリジェンスを利用して、固定インフラでは不可能な研究開発の改善、開発の促進、コストの削減を実現しています。" - Rescale、製品担当副社長、Edward Hsu 氏

ブログ「Business Critical Systems that Drive Innovation」 (イノベーションを推進するビジネスクリティカルなシステム) をお読みください。

 

#27141 13

 

"お客様は、ビジネスクリティカルなワークロードを Azure に移行し、アプリケーションを最新化させながら、多大な費用便益を得ています。当社のソリューションは、お客様がリスクとダウンタイムを最小限に抑えながら、クラウド戦略を開発し、迅速に最新化し、クラウド環境を最適化するのに役立ちます。" - UnifyCloud、共同創設者兼最高技術責任者、Vivek Bhatnagar 氏

ブログ「Moving mission-critical applications to the cloud: More important than ever」 (ミッションクリティカルなアプリケーションのクラウドへの移行: かつてないほど重要に) をお読みください。