Azure Cost Management と課金の AWS のコネクタの一般提供開始

2020年9月2日 に投稿済み

Principal Program Manager, Microsoft Azure

2019 年に、Azure Cost Management と課金のコネクタのプレビューを発表しました。これにより、お客様は Azure Portal の 1 つのウィンドウから Azure と AWS のコストを分析できるようになりました。今回は、この機能が一般公開されたことをお知らせいたします。この新しいコネクタを使用すると、さまざまなコスト モデルと多数の課金サイクルを簡単に処理できるため、クラウド全体の支出を視覚化して常に最新の状態に保つことができます。

このブログでは、開始方法を説明します。

コネクタの設定

設定を完了するには、次の簡単なステップを実行します。

  1. AWS ポータルで、AWS のコストと使用状況レポートを設定して構成する。
  2. AWS でロールとポリシーを作成する。これにより、Azure Cost Management へのアクセス、組織の API アクセスとコスト エクスプローラー API アクセスを証明するアクセス許可が提供されます。
  3. 最後に、Azure Cost Management と課金で AWS コネクタを設定する。

このビデオでは、Azure Cost Management で AWS を設定して接続する方法を紹介します。

AWS 統合の設定についての YouTube ビデオへのリンク

AWS にリンクされたアカウントのコストを表示する

コスト分析内の AWS のコストは、以下のスコープで確認できます。

  1. 管理グループ下の AWS にリンクされたアカウント。
  2. AWS にリンクされたアカウントのコスト。
  3. AWS 統合アカウントのコスト。

管理グループのスコープを使用すると、Azure と AWS のコストをまとめて表示できます。ここでは、AWS のリンクされたアカウントと Azure サブスクリプションのコストが集計されます。始めるには、コスト分析で、スコープ ピッカーを使用して AWS のリンクされたアカウントを保持する管理グループを選択します。

 AWS1

プロバイダー (Azure と AWS) でグループ化された、コスト分析での管理グループのコストを示す例を以下に示します。

 AWS2

また、AWS コストには追加のグループ化とフィルター処理もあり、ユーザーの好みに基づいてデータを柔軟に表示できます。サービス名別にグループ化された AWS 統合アカウントのコストの例を以下に示します。

AWS3

予測機能を使用した将来の支出の見積もり

コスト分析の予測機能は、選択した期間のコストを見積もることができます。この機能を利用して、将来の AWS コストを見積もることもできます。

AWS コストの予算とアラートの設定

Azure Cost Management と課金の予算機能は、組織内の説明責任を積極的に推進するために使用されます。予算は、AWS 統合アカウントと AWS のリンクされたアカウントのスコープに対して設定されます。AWS 統合アカウントの予算の例を以下に示します。

Azure Cost Management の予算とアラート

料金設定

AWS のコネクタは、2020 年 9 月 1 日以降すべてのお客様が利用できるようになり、最初の 90 日間は追加料金はかかりません。価格の詳細については、「Azure Cost Management と課金の価格ページ」を参照してください。

次のステップ

始めましょう!

その他の質問がある場合は、フィードバックを提供してください。