ナビゲーションをスキップする

Azure Kubernetes Service でのサーバーレスの実現

12月 4, 2018 に投稿済み

Principal Program Manager, Azure Cloud Native Services

ほぼすべてのエンタープライズが、Kubernetes プラットフォーム採用のいずれかの段階で大規模なコンテナーの実行を検討しているため、Kubernetes プラットフォームとエコシステムの勢いに疑問を挟む人はいないでしょう。その結果、Azure Kubernetes Service (AKS) は、Azure の歴史において最も急速に成長しているサービスの 1 つとなっています。ただし、初心者にとってもベテランにとっても使いやすいものにするためには、まだ多くの対応が必要です。

今日は、Kubernetes を簡単にするための取り組みをさらにはっきりと示す一連の新しい機能と投資についてご案内します。

Azure Kubernetes Service 仮想ノードのパブリック プレビュー開始

お客様からは一貫して、コンテナーの速度と移植性を重視するというご意見が寄せられています。実際、お客様はコンテナーを大変好むため、仮想マシンがコンテナーのホストとして動作する場合でも、仮想マシンについてはできるだけ考えないようにするほどです。昨年の Azure Container Instances (ACI) の発表により、Azure は、最上位のリソースとしてコンテナーを提供する初のパブリック クラウドになりました。この度、AKS 仮想ノードのパブリック プレビューを発表します。AKS 仮想ノードでは、ACI のスケーラブルな、コンテナーベースのコンピューティング容量を備えた AKS によって提供される、一貫性のある強力な Kubernetes API の拡張が可能になります。この組み合わせにより、サーバーレス プラットフォームの多くのベネフィットが、Kubernetes によって提供される豊富で一貫性のある API にもたらされます。

AKS 仮想ノードを使用すると、VM ベースの追加ノードが起動するまで待つことなく、必要な数の追加コンテナーを厳密に割り当てることで、需要の急上昇に数秒で対応できます。ACI は、指定したリソースに基づいて秒単位で課金されるため、ワークロードとコストを正確に一致させることができます。仮想ノードは、同じクラスター内の他のノードとまったく同じように見えるので、現在使用しているのと同じツール、プロセス、および知識を引き続き使用できます。

仮想ノードの有効化は、ポータルでトグルを切り替えるだけの容易さです。

ポータルでの仮想ノードの有効化

作業を開始するには、ポータルまたは CLI を使用した仮想ノードの有効化についてのドキュメントを確認してください。

Cloud Native Compute Foundation への Virtual Kubelet プロジェクトの寄贈

AKS の仮想ノードは、オープン ソースの Virtual Kubelet (VK) プロジェクトに基づいています。Microsoft は、ACI などの従来と異なるコンピューティング環境でコンテナーをデプロイおよび管理できるように、Kubernetes API を拡張する方法について、このコミュニティと対話を始める手段として KubeCon 2017 において VK プロジェクトを起ち上げました。それ以降、多数の VK プロバイダーが加わり、AWS Fargate、Alibaba ECI、Azure IoT Edge などのサービスとの統合が実現しました。この度、その取り組みの次なるステップとして、Virtual Kubelet を サンドボックス プロジェクトとして Cloud Native Compute Foundation (CNCF) に寄贈する運びとなりました。CNCF と協力することで、この対話の参加者がよりいっそう力付けられ、興味深いアイデアが正式に承認されることを願っています。

Azure Container Instances の GPU サポートのパブリック プレビュー開始

コンテナーが Azure での第一の選択肢となるには、仮想マシンで行っているのとまったく同じように、さまざまな種類のコンピューティング ワークロードをすべて必ずサポートできる必要があります。最近では、プライベート仮想ネットワークに参加している ACI コンテナーもサポートされるようになったため、お使いの環境内にある他のリソースとのやり取りが可能になりました。現在、GPU のサポートを ACI に追加しているところです。これにより、AKS 仮想ノードを介してまったく新しいレベルのコンピューティング集中型アプリケーションが実現されます。ACI では、まず、Nvidia の K80、P100、V100 の各 GPU がサポートされる予定です。これにより、ご自身のコンテナーにご希望の GPU の種類と数を指定できるようになります。GPU は、CPU やメモリと同様に、要求したコア数に基づいて、秒ごとに課金されます。開始するには、こちらのドキュメントを確認してください。

Kubernetes を使いやすくするための継続的な取り組み

本日のこの発表は、開発者とオペレーターの両方にとって Kubernetes の採用と使用を容易にする取り組みの表れの 1 つです。Kubernetes プラットフォームとの相互作用のしくみを簡略化し、活用できるコンピューティングの種類を拡張することによって、皆様がアプリケーションの構築に使用できる時間が増加し、AKS を使用してさらに多くのことを実現できることを願っています。

Kubernetes を初めて使用する場合は、概念をまとめた新しいドキュメントをご確認ください。