AMD EPYC™ プロセッサを使った Lv2 シリーズ VM の発表

12月 5, 2017 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure

業界をリードするパフォーマンスをあらゆるワークロードで確実に実現するには、さまざまなサイズの仮想マシンと最新のハードウェアを提供することが不可欠です。今日は、AMD EPYCTM プロセッサを使った、次世代のストレージ最適化 L シリーズ VM の導入についてお知らせします。

AMD は Azure コンピューティング ファミリの一部として利用することができます。Microsoft は AMD と密接に協力して、AMD の EPYC™ プロセッサを使った Lv2 シリーズと呼ばれる次世代のストレージ最適化 VM を開発してきました。Lv2 シリーズは、MongoDB、Cassandra、Cloudera など、ストレージを集中的に使用し、高レベルの I/O が求められるワークロードを持つ顧客をサポートするように設計されています。

Lv2 シリーズ VM は AMD EPYC™7551 プロセッサを使用し、2.2 GHz のコア周波数と 3.0 GHz の最大シングルコア ターボ周波数を特長とします。 Lv2 シリーズ VM のサイズは最大 80 vCPU で、19.2 TB のローカル リソース ディスクです。 

サイズ vCPU の数 メモリ (GiB) ローカル SSD 
L8s 8 64 1 x 1.9 TB NVMe SSD
L16s 16 128 2 x 1.9 TB NVMe SSD
L32s 32 256 4 x 1.9 TB NVMe SSD
L64s 64 512 8 x 1.9 TB NVMe SSD
L80s 80 640 10 x 1.9 TB NVMe SSD

以上です。

Corey