Azure の更新情報

Azure 製品の重要な更新情報、ロードマップ、お知らせをご確認ください。最新情報を入手するために通知を受け取ることができます。

RSS フィード

11月 2019

11/14

Microsoft Secure Code Analysis ツールキットがリリースされ、セキュアなコード作成を支援

提供中

Microsoft Security Code Analysis 拡張機能を使用すると、Credential Scanner や BinSkim などのセキュリティ分析ツールを Azure DevOps の継続的インテグレーションと継続的配信 (CI/CD) パイプラインで利用することができます。

  • Security Center
  • Security
11/05

Azure Cognitive Services Text Analytics—New languages added to sentiment analysis

プレビュー

ターゲット可用性: Q4 2019

Cognitive Services Text Analytics' sentiment analysis v3 now supports 10 languages including English, Japanese, Simplified and Traditional Chinese, Spanish, Italian, French, Portuguese, German, and Dutch.

  • Cognitive Services
  • Text Analytics
11/05

Azure Monitor ログと Azure Functions の統合のパブリック プレビューを開始

プレビュー

Azure Functions で Azure Monitor ログとの統合が提供されるようになり、Azure リソースのより一貫した監視や外部監視ツールとの統合が可能になりました。

  • Azure Functions
  • Azure Monitor
11/04

Azure Monitor - アプリケーション変更分析の更新

プレビュー

大規模なオンボード、豊富な診断、影響分析など、Azure Monitor のアプリケーション変更分析の多数の新しい機能が追加されました。

  • Azure Monitor
11/04

Azure Monitor ブックの一般提供を開始

提供中

Azure Monitor ブックを使用すると、単一のツールで、テキスト、分析クエリ、メトリック、パラメーターを組み合わせて内容豊富な対話型レポートを作成し、チーム メンバーと共有できます。

  • Azure Monitor
11/04

Azure Kubernetes Service による使いやすい診断とログ記録のプレビューを開始

プレビュー

Azure Kubernetes Service (AKS) 診断は、AKS クラスターの問題のトラブルシューティングと診断に役立ちます。

  • Azure Kubernetes Service (AKS)
11/04

Azure Cognitive Services の機能のプレビューを開始

プレビュー

Azure Cognitive Services の、カスタム ニューラル音声機能、Office 365 データを使用した Custom Speech (Text Analytics)、感情分析 3.0 (Text Analytics)、Entities 3.0 エンドポイントでのエンティティの種類のサポートの拡大 (Text Analytics)、Entities 3.0 エンドポイントでの個人を特定できる情報のサポートの各機能のプレビューが開始されました。

  • Cognitive Services
  • Text Analytics
11/04

Azure HPC Cache の提供を開始

提供中

ファイル アクセスを必要とするハイ パフォーマンス ワークロードで、Azure HPC Cache を使用して待機時間を最小限に抑え、可用性を高め、スループットを向上させることができるようになりました。

  • Azure HPC Cache

10月 2019

10/12

QPU 自動スケール用 Azure Analysis Services ユーティリティ

提供中

Azure Analysis Services QPU AutoScale によって、AAS インスタンスのカスタマイズ可能な自動スケーリングが可能になります。

  • Azure Analysis Services
10/04

SQL Server Data Tools での 1500 互換性レベルのサポート

提供中

Analysis Services 向け SQL Server Data Tools (SSDT) で、1500 互換性レベルでの表形式モデルがサポートされるようになったことをお知らせします。

  • Azure Analysis Services

9月 2019

09/20

Azure Analysis Services - 2 つの新しいコンピューティング SKU の提供を開始

提供中

ターゲット可用性: Q3 2019

Azure Analysis Services の 2 つの新しい SKU (S8V2 および S9V2) の提供が開始されました。これらの SKU は次世代ハードウェアに対応し、これまでの S8 や S9 SKU の 2 倍の QPU (CPU の抽象化) を提供します。

  • Azure Analysis Services
09/17

Azure Analysis Services のクエリ レプリカ同期を改善しています

開発中

ターゲット可用性: Q3 2019

新しい Azure Analysis Services 設定を開発中です。これにより、パフォーマンス、およびスケールアウト環境でのクエリ レプリカ同期の整合性が改善されます。

  • Azure Analysis Services
09/17

Azure Analysis Services 診断ログのスケールアウトの改善

提供中

ターゲット可用性: Q3 2019

Azure Analysis Services の改善された診断ログ拡張機能で、対象を絞ってログを解析しましょう。診断ログのスケールアウト機能により、各クエリ レプリカのサーバー メトリックにアクセスし、細かく分類することができます。

  • Azure Analysis Services
09/17

Azure Analysis Services のスケールアウト機能の改善

提供中

ターゲット可用性: Q3 2019

Azure Analysis Services スケールアウト環境でのクエリ レプリカの同期で、最適化コピー API が使用されるようになり、平均同期時間を大幅に短縮することができます。

  • Azure Analysis Services
09/12

Azure Cognitive Services Text Analytics — 新たにセンチメント分析を利用できるようになりました

提供中

Cognitive Services Text Analytics に新しくセンチメント分析機能が加わり、以前お知らせした英語モデルに加え、日本語と簡体中国語がサポートされるようになりました。

  • Text Analytics
  • Cognitive Services

7月 2019

07/29

従量課金制のお客様を対象とした Azure Cost Management で Azure Marketplace の料金が利用可能に

プレビュー

従量課金制のお客様を対象としたコスト分析ツール内で Azure Marketplace の料金のプレビュー リリースがいよいよ開始されました。このプレビューの一環として、コスト分析内でお使いの Azure サービスの料金と Marketplace の料金を一緒に分析し、コスト分析と新しい使用状況 CSV ダウンロード API の両方を使って、ご自身の Azure Marketplace 請求書を調整できるようになりました。

  • コスト管理と請求
07/29

Azure Security Center for IoT の提供を開始

提供中

Azure Security Center を利用すると、最新の脅威を特定し、対応策の手順を提供する脅威の防止機能により、エンド ツー エンドの IoT 展開を保護できます。

  • Azure IoT Hub
  • Azure IoT Edge
  • Security Center
  • Security
07/12

オーストラリア東部および東南部のリージョンでの Azure Monitor for VMs の利用開始

提供中

Azure Monitor for VMs がオーストラリア東部および東南部で利用可能になりました。これで、世界の 9 つのパブリック リージョンでご利用いただけるようになりました。

  • Azure Monitor
  • Virtual Machines
  • Virtual Machine Scale Sets
  • Service Fabric
07/11

開発中: Azure Analysis Services のクエリ インターリーブ

プレビュー

ターゲット可用性: Q4 2019

エンタープライズ BI システムでは、高いユーザー コンカレンシーをサポートする必要があります。これは、非常に短い間隔で多数のクエリが送信される可能性があることを意味します。マイクロソフトでは現在、クエリ インターリーブ機能を開発中です。この機能では、システム構成により、コンカレンシーの高いシナリオにおけるユーザー エクスペリエンスを改善できます。 クエリ インターリーブでは、構成により、コンカレンシーの高いシナリオにおけるユーザー エクスペリエンスを改善できます。複数のクエリを同時に実行できるため、低速なクエリのために、高速なクエリがブロックされることがなくなります。クエリ インターリーブは、短時間クエリのバイアスで設定できるため、システムの CPU 負荷が高い場合、実行時間の短いクエリは、実行時間の長いクエリよりも高い割合の CPU リソースが割り当てられ、より早く完了できます。

  • Azure Analysis Services
07/10

Cognitive Services Text Analytics Sentiment v3 のパブリック プレビューの提供開始

プレビュー

Text Analytics API のセンチメント機能の最新リリース (v3) は、テキスト ドキュメントのポジティブ、ニュートラル、ネガティブなセンチメントを検出する点で大幅に機能が向上しました。カナダ中部、東アジア、米国中部でパブリック プレビューの提供が開始されています。

  • Cognitive Services
  • Text Analytics

Ignite での Azure

関連資料

四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

2019 年第 3 四半期

2019 年第 2 四半期

Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

ブログ

Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

フィードバックの提供

Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

自分のリージョンで製品が利用可能か確認する