Azure の更新情報

Azure 製品の重要な更新情報、ロードマップ、お知らせをご確認ください。最新情報を入手するために通知を受け取ることができます。

製品

    7月 2019

    07/04

    Azure Data Factory Mapping Data Flow のパブリック プレビューにパラメーター サポートが追加されます

    Azure Data Factory Mapping Data Flow には、大規模な ETL データ変換のビルドと運用のためのコーディング不要の設計環境が備わっています。ADF チームは、Data Flow のパラメーター サポートを追加することにより、パイプラインから動的に呼び出すことのできるフレキシブルかつ再利用可能なデータ フローを実現しました。

    07/03

    Azure Data Factory での Teradata コネクタのアップグレードにより新機能と拡張機能をご利用いただけます

    Azure Data Factory では Teradata コネクタがアップグレードされます。これには、組み込みの Teradata ドライバー、Teradata からデータを並列して効率的に取り込む既定のデータ パーティション分割などの新機能の追加と機能拡張が含まれます。

    07/01

    Azure Data Factory ログを Azure Monitor ログの専用テーブルとして利用できるようになりました

    Azure ログ ターゲットの診断設定の新しいログ モードにより、Azure Data Factory を開始すると、改善されたインジェスト待機時間、クエリ パフォーマンス、データの検出可能性などを活用できます。

    6月 2019

    06/26

    Azure Data Factory の組み込みの削除アクティビティによるファイルのクリーンアップ

    ADF の削除アクティビティをパイプラインで使用して、コードを記述せずに不要なファイルを削除できます。

    06/26

    Azure Data Factory で使用可能な新しいコネクタ:オープン ハブ経由の SAP テーブルおよび SAP BW

    Azure Data Factory では、コピー アクティビティの使用により、オープン ハブを介して SAP テーブルおよび SAP Business Warehouse (BW) からデータをコピーできるようになりました。

    06/26

    Azure Data Factory が SQL DW にデータを読み込むための PolyBase サポートを強化

    Azure Data Factory (ADF) は、SQL DW にデータを効率的に取り込めるように、Polybase とシームレスに統合されます。ADF には、PolyBase を使用して、ADLS Gen2 および VNet サービス エンドポイントで構成された Blob からデータを読み込むためのサポートが追加されました。

    06/26

    一般提供:中国東部 2 における Azure Data Factory

    Azure China (中国東部 2) で Azure Data Factory の一般提供を開始しました。

    06/26

    現在提供されているのは、Azure Data Factory を使用した Oracle データベースからの効率的なデータの取り込み

    Azure Data Factory のコピー アクティビティでは、組み込みのデータ パーティション分割がサポートされるようになりました。これにより、Oracle データベースから並列でデータを効率的に取り込むことができます。

    06/25

    Azure Data Factory を使用した ADLS Gen1 から Gen2 へのアップグレード時の ACL の保持

    Azure Data Factory では、Azure Data Lake Storage (ADLS) Gen1 から Gen2 にデータを容易かつ効率的にコピーできます。さらに、ファイルやディレクトリに設定されたアクセス制御リスト (ACL) をデータと共に保持するように選択することもできます。

    5月 2019

    05/22

    Mapping Data Flow 機能が Azure Data Factory で利用できるようになりました

    Azure Data Factory の新しい Mapping Data Flow 機能を使用すると、クラウドで大規模に、データ エンジニアがデータ変換を視覚的に設計し、デバッグ、管理、および運用化できます。

    2月 2019

    02/26

    Azure Data Factory での Enterprise セキュリティ パッケージ対応 HDInsight クラスターのサポート

    Azure Data Factory を使用すると、Active Directory ドメインに参加している Enterprise セキュリティ パッケージ対応 HDInsight クラスターに対して Azure HDInsight Spark および Hadoop ワークロードを操作できるようになります。

    02/26

    Azure Monitor および Log Analytics を使用した Azure Data Factory パイプラインのモニター

    Azure Marketplace で入手可能な Azure Data Factory Analytics Service Pack を使用して、ご使用のデータ ファクトリ パイプラインの正常性をモニターできます。

    02/25

    Azure Data Factory ビジュアル ツールと GitHub との統合

    Azure Data Factory ビジュアル ツールが GitHub と統合されたため、他の開発者との共同作業やソース管理、データ ファクトリ資産のバージョン管理が可能になりました。

    02/25

    複数のデータ ファクトリ間でのセルフホステッド IR の共有

    複数のデータ ファクトリで既存のセルフホステッド IR を共有できます。この機能により、ハイブリッド データ統合パイプラインの構築時に、既存のセルフホステッド IR インフラストラクチャを別のデータ ファクトリで再利用できます。

    02/25

    Azure Data Factory でのデータ ストアへの接続のパラメーター化

    Azure Data Factory のリンクされたサービスをパラメーター化できるようになりました。

    02/25

    データ ファクトリの CI/CD のためのリンクされた Resource Manager テンプレートのサポートの提供開始

    Azure Data Factory では、ユーザーが Resource Manager テンプレートを制限できるように、ファクトリ ペイロードを複数のファイルに分割することによって、CI/CD のためにリンクされた Resource Manager テンプレートを生成できるようになりました。

    02/25

    Azure Functions を Azure Data Factory パイプラインの 1 ステップとしてサポート

    Azure Functions が Azure Data Factory と統合されたため、Azure 関数をデータ ファクトリ パイプラインの 1 ステップとして実行できるようになりました。

    02/25

    アラートを作成してデータ ファクトリ パイプラインを予防的に監視する

    組織でデータ統合イベント (成功/失敗) に関するアラートを作成することで運用の生産性を向上し、Azure Data Factory を使用して予防的に監視できるようになりました。

    02/25

    Azure Data Factory での監視機能とタグおよび注釈の強化

    Azure Data Factoryパイプラインに、ダッシュボードやデバッグのサポート向上を含め、タグ付けのサポートと監視機能の強化が追加されました。

    02/25

    Azure Data Factory を使用した、コーディング不要の大規模なデータ変換

    Spark を習得したり、分散インフラストラクチャについて理解を深めたりしなくても、データ変換プロセスを視覚的に設計、構築し、管理できます。

    さらに詳しく