更新情報のアーカイブ

製品

    10月 2019 の毎月の更新情報

    10/29

    Azure 課金アカウントの一意識別子が変更されました

    課金アカウントの一意識別子 (Microsoft との課金リレーションシップを特定するために使用) が変更されました。この変更は、Microsoft と Microsoft 顧客契約を結んでいるアカウントにのみ影響し、Enterprise Agreement など他の契約には影響しません。

    • Features
    • SDK and Tools
    10/28

    Azure API Management の更新情報 - 2019 年 10 月 #2

    Azure API Management の定期的なサービス更新プログラムの配信が 2019 年 10 月 25 日に開始されました。これには次のような新機能、バグ修正、変更、改善事項が含まれています。更新プログラムは段階的にデプロイされ、すべてのアクティブな API Management サービス インスタンスに行きわたるまで、1 週間以上かかります。

    • API Management
    • Features
    10/28

    Azure Monitor の Service Map を米国中南部、米国西部、米国中部、米国中北部、東アジア、インド中部リージョンで提供開始

    Azure Monitor の Service Map 機能を米国中南部、米国西部、米国中部、米国中北部、東アジア、インド中部リージョンでご利用いただけるようになりました。これで、世界の 18 か所のパブリック リージョンでご利用いただけるようになりました。

    • Azure Monitor
    • Virtual Machines
    • Virtual Machine Scale Sets
    • Service Fabric
    • Cloud Services
    • Regions & Datacenters
    10/28

    Azure Monitor for VMs を米国中南部、米国西部、米国中部、米国中北部、東アジア、インド中部リージョンで提供開始

    Azure Monitor for VMs を米国中南部、米国西部、米国中部、米国中北部、東アジア、インド中部リージョンでご利用いただけるようになりました。これで、世界の 18 つのパブリック リージョンでご利用いただけるようになりました。

    • Azure Monitor
    • Virtual Machines
    • Virtual Machine Scale Sets
    • Service Fabric
    • Cloud Services
    • Regions & Datacenters
    10/28

    Azure IoT Central の新機能の提供開始

    IoT Solutions World Congress で、Azure IoT Central の新機能をいくつか発表します。この新機能は、ソリューション開発者向けに設計されており、IoT プロジェクトにおいて概念を運用レベルに変換することができます。

    • Azure IoT Central
    • Features
    10/28

    IoT Edge で Event Grid のプレビュー提供開始

    Azure IoT Edge で Azure Event Grid の提供を開始

    • Event Grid
    • Azure IoT Edge
    • Features
    • Services
    10/25

    最大 12 TB のメモリを提供する Azure Mv2 シリーズ仮想マシン (VM) の米国西部 2、米国東部、米国東部 2 リージョンでの一般提供開始

    416 vCPU と 12 TB のメモリ構成を提供する Azure Mv2 シリーズ仮想マシンが、米国西部 2、米国東部、米国東部 2 リージョンで一般提供されました。Mv2 シリーズ VM は、SAP HANA OLTP および OLAP の運用環境ワークロードについて、SAP によって認定されています。

    • Virtual Machines
    • Services
    10/25

    最大 12 TB のメモリを提供する Azure Mv2 シリーズ仮想マシン (VM) の東南アジア リージョンでの一般提供開始

    3 TB、6 TB、12 TB のメモリ構成で最大 416 vCPU を提供する Azure Mv2 シリーズ仮想マシンが、東南アジア リージョンで一般提供されました。Mv2 シリーズ VM は、SAP HANA OLTP および OLAP の運用環境ワークロードについて、SAP によって認定されています。

    • Virtual Machines
    • Services
    10/25

    最大 12 TB のメモリを提供する Azure Mv2 シリーズ仮想マシン (VM) の西ヨーロッパと北ヨーロッパ リージョンでの一般提供開始

    3 TB、6 TB、12 TB のメモリ構成で最大 416 vCPU を提供する Azure Mv2 シリーズ仮想マシンが、西ヨーロッパと北ヨーロッパ リージョンで一般提供されました。Mv2 シリーズ VM は、SAP HANA OLTP および OLAP の運用環境ワークロードについて、SAP によって認定されています。

    • Virtual Machines
    • Services
    10/25

    Azure API for FHIR と増加を続けるエコシステム パートナー

    Azure API for FHIR を使用してエンド ツー エンドのソリューションを構築している場合は、パートナーのサポートを得ることができます。一意の IP や Azure API for FHIR を使用した構築の経験を備えるパートナーの一覧が厳選されて用意されています。

    • Features
    10/24

    IoT Hub デバイス ストリームの新しいプレビュー リージョン

    IoT Hub デバイス ストリーム (プレビュー) が、北ヨーロッパと東南アジアでも利用できるようになりました

    • Azure IoT Hub
    • Regions & Datacenters
    • Services
    10/23

    Azure Sphere 用更新プログラム 19.10 のパブリック プレビューの提供を開始 (評価用)

    Azure Sphere パブリック プレビュー 19.10 品質リリースの提供が Retail Evaluation フィードで開始されました。この Retail Evaluation は、下位互換性テストを目的としています。Retail Evaluation フィードを使用すると、新しいリリースが Retail フィードに広くデプロイされる前に、実稼働署名済みのアプリケーションを新しいリリースに対して検証できます。

    • Azure Sphere
    • Operating System
    10/23

    Azure Service Fabric 6.5 の 5 回目の更新リリース

    Azure Service Fabric 6.5 の 5 回目の更新リリースには、バグ修正やパフォーマンスの強化が含まれています。

    • Features
    • Management
    • SDK and Tools
    10/23

    開発中の Azure Cost Management 機能 - 2019 年 10 月

    現在新しい Azure Cost Management 機能が開発中です。これらの新しい機能は、今後数か月以内に利用できるようになります。

    • Features
    10/23

    次のリリースで Azure Sphere SDK が変更されます

    Azure Sphere SDK の次のリリースでは、コミュニティの皆様からのフィードバックに基づいて、大幅な機能強化が実施されます。

    • Azure Sphere
    • Features
    • SDK and Tools
    10/23

    Azure Monitor 測定名の変更

    2019 年 12 月 1 日以降、Azure Monitor カスタム メトリックの測定名が変更されます。

    • Azure Monitor
    • Pricing & Offerings
    • Services
    10/23

    Blob Storage 向け Batch API

    Azure Blob Storage 向け Batch API プレビューにより、Blob Storage に対して複数の API 要求を同時に行うアプリケーションの開発が簡素化されます。 Batch API では、1 つの HTTP 要求への複数の API 呼び出しの埋め込みを可能にすることで、クライアントが開いて管理しなければならない、要求送信先の接続数を減らします。 現在、API では 2 種類のサブ要求がサポートされています。1 つは ブロック BLOB 用の SetBlobTier、もう 1 つは DeleteBlob で、今後も他の要求が続く予定です。この API は、バージョン 2018-11-09 以降で使用できます。

    • Blob Storage
    • SDK and Tools
    10/21

    Virtual Machines Dav3 Eav3 meter name changes

    Starting December 1, 2019, some meter names of the Virtual Machines Eav3/Easv3 and Dav3/Dasv3 series will change.

    • Virtual Machines
    • Services
    10/21

    Process Automation Watcher の測定 ID の変更

    2019 年 12 月 1 日より、Process Automation Watcher の測定 ID が変更されます。

    • Automation
    • Pricing & Offerings
    • Services
    10/21

    VNet Gateway の測定名の変更

    2019 年 12 月 1 日より、VNet Gateway の標準、ハイ パフォーマンス、ウルトラ ハイ パフォーマンスの測定名が変更されます。この変更による価格への影響はありませんが、名前に依存する課金ルーチンの変更が必要になります。

    • VPN Gateway
    • Pricing & Offerings
    • Services

    関連資料

    四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

    2019 年第 2 四半期

    Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

    ブログ

    Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

    フィードバックの提供

    Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

    自分のリージョンで製品が利用可能か確認する