更新情報のアーカイブ

9月 2019 の毎月の更新情報

09/30

Azure HDInsight G シリーズ VM の非推奨 - 2019 年 10 月 31 日までに移行してください

提供中

Azure HDInsight の G シリーズ仮想マシン (VM) は、2019 年 10 月 31 日に非推奨となります。この日付以降は、G シリーズの VM を使用して新しいクラスターを作成したり、G シリーズ ノードを持つクラスターのスケールアップはできなくなります。

  • HDInsight
09/30

Azure Kubernetes Service - Kubernetes バージョン 1.11 および 1.12 のサポート終了

提供中

2019 年 12 月 9 日 (月) (2019-12-09)、Kubernetes の最新バージョン (N) およびその 2 つ前のマイナー バージョン (N-2) 以前のバージョンのサポートを停止します。Kubernetes 1.15 がその日に提供開始されるためです。Kubernetes 1.13.x 以前の Kubernetes を実行しているお客様は、引き続きサポートを受けるには 2019 年 12 月 9 日 (月) までにアップグレードする必要があります。

  • Azure Kubernetes Service (AKS)
09/30

Azure Front Door へのデータ転送のキャンペーン料金のご案内

提供中

Azure Front Door へのデータ転送のキャンペーン料金をご利用いただけるようになりました。

  • Azure Front Door
09/30

Verizon からの Azure CDN- 厳密な SNI 接続の適用

提供中

Verizon からの Azure CDN を使用する場合の非 SNI 接続のサポートを非推奨にするよう進めています。

  • Content Delivery Network
09/30

既存の F5 インフラストラクチャを利用したアプリに対する安全なハイブリッド アクセス

提供中

Azure AD と F5 ネットワークスの統合により、レガシ アプリケーションは安全に保たれます。

  • Azure Active Directory
  • Security
09/30

Windows Virtual Desktop を全世界で一般提供開始

提供中

本日、Windows Virtual Desktop が全世界で一般提供開始されることをお知らせします。Windows Virtual Desktop は、簡素な管理、マルチセッションの Windows 10 エクスペリエンス、Office 365 ProPlus の最適化、Windows Server Remote Desktop Services (RDS) デスクトップとアプリのサポートを実現する唯一のサービスです。Windows Virtual Desktop を使用すると、お使いの Windows デスクトップとアプリを Azure 上に数分でデプロイし、スケーリングすることができます。

  • Windows Virtual Desktop
09/30

Azure Security Center での適応型アプリケーション制御のルール管理の改善

提供中

Azure Security Center での適応型アプリケーション制御を使用した仮想マシンのルール管理が改善されました。

  • Security Center
  • Security
09/26

SAP Identity Authentication Service で Azure AD を企業の信頼済み ID プロバイダーとして構成する

提供中

企業の ID を Microsoft サービス (Azure や Office 365 など) と SAP Cloud Platform 間で接続することで、ユニークなクロスクラウドの環境を構築することができます。

  • Azure Active Directory
  • Security
09/26

Azure Security Center - Azure Policy を使用してセキュリティの推奨事項を制御する

提供中

ターゲット可用性: Q3 2019

コンテナー セキュリティの脆弱性を修復するための Azure Security Center の推奨事項を、Azure Policy 経由で無効または有効にできるようになりました。

  • Security Center
  • Security
09/26

Azure Security Center - セキュリティ推奨事項のワンクリック修復をご利用いただけるようになりました

提供中

Azure Security Center では、複数のリソースに対する 1 つの推奨事項の適用を、1 回のクリックで行えるようになりました。

  • Security Center
  • Security
09/26

Azure API Management の更新情報 - 2019 年 9 月

提供中

Azure API Management の定期的なサービス更新プログラムの配信が 2019 年 9 月 23 日に開始されました。これには次のようなバグ修正、変更、新機能、およびその他の改善事項も含まれています。更新プログラムは段階的にデプロイされ、すべてのアクティブな API Management サービス インスタンスに行きわたるまで、1 週間以上かかります。

  • API Management
09/25

Azure Sphere プレビュー - 更新プログラム 19.09 (評価用) の提供開始

プレビュー

Azure Sphere プレビュー 19.09 機能リリースの提供が Retail Evaluation フィードで開始されました。この Retail Evaluation は、下位互換性テストを目的としています。Retail Evaluation フィードを使用すると、新しいリリースが Retail フィードに広くデプロイされる前に、実稼働署名済みのアプリケーションを新しいリリースに対して検証できます。

  • Azure Sphere
09/25

Azure Cosmos DB の推奨事項で正確に把握する

提供中

Azure Cosmos DB は頻繁に更新されるため、最新情報を簡単に把握できます。すべての Azure Cosmos DB をお使いの方に、自動的に表示され、カスタマイズされた推奨事項をご利用いただけるようになりました。

  • Azure Cosmos DB
09/24

リソース プロバイダーを使用して Azure VM 上の SQL Server セルフインストールを登録する

提供中

このたび、リソース プロバイダーを使用して Azure Virtual Machine 上の SQL Server のセルフインストールを登録できるようになりました。これにより、以前は Azure Marketplace イメージでのみ使用できていた機能を利用できるようになりました。

  • Virtual Machines
  • SQL Server on Virtual Machines
09/23

Azure Portal 2019 年 9 月の機能更新プログラム

提供中

Azure Portal の Azure Data Explorer および Azure SQL が更新されました。

  • Microsoft Azure Portal
09/23

Data Factory で、Azure Database for PostgreSQL へのデータのコピーをサポート

提供中

Azure Data Factory で、シンクとしての Azure Database for MySQL がサポートされるようになりました。コピー アクティビティ機能を使用することにより、サポートされている任意のデータ ソースから Azure Database for PostgreSQL にデータを読み込むことができます。

  • Data Factory
  • Azure Database for PostgreSQL
09/23

Azure HDInsight で Azure CLI がサポートされるようになりました

提供中

Azure HDInsight での Azure CLI のサポートの一般提供が開始されました。これにより、管理者はシンプルな Azure CLI コマンドを使用して HDInsight クラスターを簡単に管理することができます。

  • HDInsight
09/23

Scheduler のサービス停止日を 2019 年 12 月 31 日まで延長

提供中

お客様からのご意見やご要望にお応えし、Scheduler のサービス停止日を 2019 年 9 月 30 日から 2019 年 12 月 31 日までに延長します。

  • Scheduler
09/23

Azure が TruSight 認定を取得

提供中

Azure は、業界で認められた、ベストプラクティスのサードパーティ評価ユーティリティである TruSight の認定を獲得しました。

09/20

Azure Analysis Services - 2 つの新しいコンピューティング SKU の提供を開始

提供中

ターゲット可用性: Q3 2019

Azure Analysis Services の 2 つの新しい SKU (S8V2 および S9V2) の提供が開始されました。これらの SKU は次世代ハードウェアに対応し、これまでの S8 や S9 SKU の 2 倍の QPU (CPU の抽象化) を提供します。

  • Azure Analysis Services

関連資料

四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

2019 年第 3 四半期

2019 年第 2 四半期

Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

ブログ

Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

フィードバックの提供

Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

自分のリージョンで製品が利用可能か確認する