更新情報のアーカイブ

2月 2019 の毎月の更新情報

02/27

一般提供:Azure Lab Services

提供中

Azure Lab Services の一般提供に関するお知らせ

  • Azure Lab Services
02/27

Pipelines の Azure DevOps CLI のプレビューと機能の更新 - Sprint 148 Update

提供中

Azure DevOps の Sprint 148 Update には、コマンド ラインを使用して Azure DevOps サービスと対話できる新しい CLI 拡張機能が追加されました。

  • Azure DevOps
02/26

Azure portal の「方法」ビデオ シリーズの概要

毎週更新の新しいビデオ シリーズでは、Azure portal の具体的な機能に焦点を当てており、クラウド ワークロードをポータルからデプロイしながら、効率と生産性を高めることができます。

  • Microsoft Azure Portal
02/26

Azure SQL Database Managed Instance でデータベース名変更のサポート開始

提供中

Azure SQL Database Managed Instance で、データベース名を変更できるようになりました。

  • Azure SQL Database
  • Managed Instance
02/26

パブリック プレビュー:Azure Log Analytics がオーストラリアの新しい地域で提供開始

提供中

Azure Log Analytics のプレビューが、オーストラリア東部とオーストラリア中部で提供されるようになりました。

  • Azure Monitor
  • Log Analytics
02/26

Azure Container Registry ファイアウォール規則と Virtual Network (プレビュー段階)

プレビュー

Azure Container Registry で、Virtual Network 内に配置できるコンテナー レジストリがサポートされるようになりました。パブリック エンドポイントが削除され、特定の外部リソースへのアクセスにファイアウォール規則を適用できます。

  • Azure Kubernetes Service (AKS)
  • Container Registry
02/26

Linux 版の Azure App Service - WildFly がプレビュー段階に入りました

プレビュー

Linux 版の Azure App Service の WildFly がプレビュー段階に入りました。Azure で Java EE アプリを実行し、セキュリティとスケーラビリティに Azure のインフラストラクチャを活用しましょう。

  • App Service
02/26

PowerShell 経由での Application Insights 接続の削除

提供中

OMS ポータルの廃止後にアプリケーション データがワークスペースに転送されないようにするには、PowerShell スクリプトを使用して既存の接続を削除します。

  • Azure Monitor
  • Log Analytics
  • Application Insights
02/26

Azure Data Factory での Enterprise セキュリティ パッケージ対応 HDInsight クラスターのサポート

Azure Data Factory を使用すると、Active Directory ドメインに参加している Enterprise セキュリティ パッケージ対応 HDInsight クラスターに対して Azure HDInsight Spark および Hadoop ワークロードを操作できるようになります。

  • Data Factory
  • Data Factory V2
02/26

Azure Monitor および Log Analytics を使用した Azure Data Factory パイプラインのモニター

提供中

Azure Marketplace で入手可能な Azure Data Factory Analytics Service Pack を使用して、ご使用のデータ ファクトリ パイプラインの正常性をモニターできます。

  • Data Factory
  • Data Factory V2
02/25

Azure Data Factory ビジュアル ツールと GitHub との統合

提供中

Azure Data Factory ビジュアル ツールが GitHub と統合されたため、他の開発者との共同作業やソース管理、データ ファクトリ資産のバージョン管理が可能になりました。

  • Data Factory
  • Data Factory V2
02/25

複数のデータ ファクトリ間でのセルフホステッド IR の共有

提供中

複数のデータ ファクトリで既存のセルフホステッド IR を共有できます。この機能により、ハイブリッド データ統合パイプラインの構築時に、既存のセルフホステッド IR インフラストラクチャを別のデータ ファクトリで再利用できます。

  • Data Factory
  • Data Factory V2
02/25

Azure Data Factory でのデータ ストアへの接続のパラメーター化

提供中

Azure Data Factory のリンクされたサービスをパラメーター化できるようになりました。

  • Data Factory
  • Data Factory V2
02/25

データ ファクトリの CI/CD のためのリンクされた Resource Manager テンプレートのサポートの提供開始

提供中

Azure Data Factory では、ユーザーが Resource Manager テンプレートを制限できるように、ファクトリ ペイロードを複数のファイルに分割することによって、CI/CD のためにリンクされた Resource Manager テンプレートを生成できるようになりました。

  • Data Factory
  • Data Factory V2
02/25

Azure Functions を Azure Data Factory パイプラインの 1 ステップとしてサポート

提供中

Azure Functions が Azure Data Factory と統合されたため、Azure 関数をデータ ファクトリ パイプラインの 1 ステップとして実行できるようになりました。

  • Data Factory
  • Data Factory V2
02/25

アラートを作成してデータ ファクトリ パイプラインを予防的に監視する

提供中

組織でデータ統合イベント (成功/失敗) に関するアラートを作成することで運用の生産性を向上し、Azure Data Factory を使用して予防的に監視できるようになりました。

  • Data Factory
  • Data Factory V2
02/25

Azure Data Factory での監視機能とタグおよび注釈の強化

提供中

Azure Data Factoryパイプラインに、ダッシュボードやデバッグのサポート向上を含め、タグ付けのサポートと監視機能の強化が追加されました。

  • Data Factory
  • Data Factory V2
02/25

Azure Data Factory を使用した、コーディング不要の大規模なデータ変換

プレビュー

Spark を習得したり、分散インフラストラクチャについて理解を深めたりしなくても、データ変換プロセスを視覚的に設計、構築し、管理できます。

  • Data Factory
  • Data Factory V2
02/25

Azure Functions での TypeScript サポート用ツールの機能強化

提供中

Azure Functions での TypeScript 開発者エクスペリエンスが向上しました。新しいツールには、Azure Functions Core Tools、Visual Studio Code 用 Azure Functions 拡張機能のほか、TypeScript と Azure Functions を連携させたり、いくつかの npm スクリプトを使用したりして、一部の func コマンドを抽出するための型定義を含む npm パッケージなどがあります。

  • Azure Functions
02/25

Azure Database for MySQL:読み取りレプリカの一般提供開始

提供中

Azure Database for MySQL では、1 つの Azure Database for MySQL サーバー (マスター) のデータを同じリージョン内の最大 5 つの Azure Database for MySQL サーバー (レプリカ) に非同期で連続的にレプリケートできるようになりました。

  • Azure Database for MySQL

関連資料

四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

2019 年第 3 四半期

2019 年第 2 四半期

Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

ブログ

Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

フィードバックの提供

Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

自分のリージョンで製品が利用可能か確認する