Azure 直接支払契約書

有効にするには、お客様が Azure ポータルに記載されているこの契約書を受諾する必要があります。

この Azure 直接支払契約書 ("契約書") は、顧客が Microsoft Azure サービスを購入したオープン プログラム ライセンス契約 ("契約") の当事者である顧客エンティティ ("顧客") と Microsoft エンティティ ("Microsoft") の間で記載されます。当事者は、契約がこの契約書によって補足されること、およびこの契約書に基づいて購入したサブスクリプション (定義は以下のとおり) にのみ適用されることに同意します。

  1. 定義されている用語。

    大文字で表記され、この契約書で定義されていない用語については、本契約で与えられている意味を持つものとします。本契約書で使用される定義は次のとおりです。

    "Microsoft Azure サービス" は Microsoft によってライセンスされ、Microsoft のサービスに関するページで定義されている 1 つ以上の Microsoft Azure サービスおよび機能 (ただし Microsoft Azure Marketplace は別売のため、これは除く) を意味します。

    "ポータル" は、Microsoft の価格に関するページ、または Microsoft が指定する別のサイトでお客様がサブスクリプションを購入するオンライン ポータルです。

    "サブスクリプション" は、定義された期間に Microsoft Azure サービスについて量的に使用できる値を持つサブスクリプションを意味します。

    "期間" は、本契約書に基づいて購入したサブスクリプションを利用する日から始まり、(1)サブスクリプションの価値がすべて使い終わった日まで、または (2)12 ヵ月の期間を意味します。

  2. プランの詳細。

    サブスクリプションを購入することによって、お客様は期間中に使用する一定量の Microsoft Azure サービスを購入し、使用の前に事前支払の取引を行うものとします。お客様による追加または他の使用 (サブスクリプションで提示されているコミットメント量を超える使用など) の場合は、別の契約書において、追加または他の使用の前に新しいサブスクリプションを購入する必要があります。これは、Microsoft Azure サービスがお客様に対してサービスの提供を中断しないようにするためです。Microsoft Azure サービスにおけるお客様の使用は、契約条件に従います。誤解を避けるため、この契約条件には製品の使用権が含まれます。

  3. 従量課金の料金設定とクレジット カードへの課金の承認。
    1. 従量課金の料金設定。 Microsoft Azure サービスの従量課金の料金は、通知によりいつでも変更されることがあります。
    2. クレジット カードへの課金の承認。この契約書を受諾することによって、お客様は、サブスクリプションへの支払に同意し、Microsoft がお客様のクレジット カード (この契約書が受諾されたときにポータルでサブスクリプション金額を登録したクレジット カード) に課金することを承認します。
  4. 税金。

    料金には税金は含まれておりません。お客様は、適用できるすべての付加価値商品およびサービス、売上、またはこの契約に基づいて行われたすべての注文に課せられている税金や、Microsoft が適用法に基づいて顧客から徴収することを許可されている税金を支払う必要があります。お客様は、適用されるすべての印紙税、および法的に支払義務があるその他の税金 (Microsoft Azure サービスの利用時にお客様のアフィリエイトに対して発生する税金など) について責任を負うものとします。Microsoft は純益、またはその財産所有に基づいたすべての税金について責任を負うものとします。お客様が Microsoft に支払うときに何らかの税金が源泉徴収される場合、お客様は、Microsoft に支払う金額からこれらの税金を差し引いて、該当する税務当局に支払うことができます。ただしこれは、お客様がこれらの源泉徴収に関する公的領収書、および外国税額の控除または返金を要求するために Microsoft が正当な理由で要求する文書をすぐに入手および交付するという条件の下で可能になります。お客様は、適用法下の可能な範囲内で、源泉徴収される税額が最少になるようにしてください。

  5. その他。
    1. 期間と終了。 この契約書は、期間の期限切れに伴い自動的に終了します。この契約書に基づいて購入したサブスクリプションは、契約の終了または期限切れよりも、本契約の条件および適用可能な製品の使用権に従って維持されます。
    2. 優先順位。 この契約書の条項と、契約の条項の間で矛盾があった場合、この契約書が優先されます。
    3. 完全合意。 この契約書は、契約書の主題に関わる当事者間の完全合意によって構成され、口頭であれ書面であれ、この契約書の主題に関して他のすべての契約よりも優先されます。この契約書に明示されている場合を除き、契約は変更されず、有効に存続します。
    4. 契約機関。 お客様が団体の代表としてこれらの条件を受諾する場合は、その団体の代表として契約書を締結させる法的権限を持っていることを示してください。
    5. オーストラリアの関連会社。 この契約書あるいは契約に反する場合であっても、お客様の所在地がニュージーランドまたはオセアニアの国々であり、オーストラリアにある Microsoft のデータセンターから配信される Online Services にアクセスして使用することを選択する場合、オーストラリアにある関連会社に関して、この契約書あるいは契約に基づいて注文を行うこと、およびオーストラリアにある関連会社にお客様のサブスクリプションを管理する権限も与えることはできません。オーストラリアにある Microsoft のデータセンターから配信される Online Services にアクセスして使用することを希望するオーストラリア内の関連会社は、別個のオープン プログラム ライセンス契約に基づいた独自のサブスクリプション契約を結ぶ必要があります。