ナビゲーションをスキップする

Microsoft Azure 認定

プログラム契約

本プログラム契約 (以下「本契約」といいます) は、Microsoft Corporation (以下「マイクロソフト」 または「当社」といいます) とお客様との間で、または、お客様が会社を代表してオファリング (以下「オファリング」といいます) の認定を申し込む場合は、マイクロソフトとお客様が代表する企業 (以下「貴社」もしくは「お客様」といいます) との間で締結されるものです。本契約はお客様が Microsoft Azure 認定プログラム (以下「本プログラム」といいます) に参加する場合に適用する条件を定めるものです。お客様は、「Microsoft Azure 認定」の表示を使用することまたはそれ以外にも本プログラムで提供する特典を利用することにより、お客様が貴社を代表して本契約に同意する権限を有している旨、および本契約の条項に従うことに同意する旨を表明および保証するものとします。

プログラム特典

お客様は、本プログラムの参加者として、「Microsoft Azure 認定」の表示を用いてお客様のオファリングの販売および宣伝を行うことができます。これには、当社が本プログラムの一環として随時提供する場合がある認定バッジ (「Microsoft Azure 認定」バッジを含みます) の使用を含みます (以下「認定マーク」と総称します)。また、当社はお客様のオファリングに関する情報を「Microsoft Azure 認定」ギャラリーに掲載する場合があるほか、お客様が本プログラムに参加していることについて販売用資料に記載する際に (変更を加えることなく) 提示できる特別価格を提供する場合があります (以下「プログラム特典」と総称します)。新しいプログラム特典が提供された際には、その旨を当社からお客様に通知する場合があります。

貴社の義務

お客様がプログラム特典に参加する権利を得るには以下 (a) から (c) までの条件をすべて満たすことが必要です。(a) お客様のオファリングが最初の認証テストおよびその後のテストに合格し、かつマイクロソフトが要求する場合がある互換性の義務を充足すること。(b) お客様が本契約の条項を遵守すること。(c) 当社がお客様に提示する Microsoft Azure 認定ガイドライン (以下「ガイドライン」といいます) をお客様が遵守すること。ガイドラインは随時更新される場合があること、およびお客様は更新後のガイドラインを遵守する必要があることにご注意ください。お客様が本契約またはガイドラインを遵守しない場合、お客様の本プログラムに参加する権利が終了することがあります。

オファリングの互換性

お客様は、Azure サービスの最新バージョンであってお客様のオファリングが依存するものまたはその他の形で相互動作するものと、お客様のオファリングとの互換性が保たれるように、必要に応じてお客様のオファリングを更新する必要があります。マイクロソフトは自社の裁量により、Microsoft Azure サービスとの互換性を検証するための認証テストの実施を決定し、適宜テストを変更します。お客様のオファリングが最新バージョンのテストと互換性がない旨を、当社がお客様に通知した場合、お客様は 2 週間以内にお客様のオファリングを更新しテストの互換性要件を充足するものとします。お客様のオファリングがその 2 週間以内に互換性を確保できなかった場合、お客様のオファリングは本プログラムから削除され、お客様は当該オファリングに関してそれ以上認定マークを使用できなくなり、または削除されていなければ本プラグラムに参加していた当該オファリングを表示できなくなります。オファリングが本プログラムから削除された場合は、再認証を受ける必要があります。

認定マークのライセンス

お客様が Azure Marketplace でオファリングを公開することを当社が承認した場合、当社は、当該承認日現在で有効な Microsoft Azure 認定プログラムの一部であるオファリングのカテゴリを対象として、お客様のオファリングが Marketplace で入手可能となっている期間中にわたり、お客様のオファリングの販売および宣伝に関係して、地域非限定、非独占的、譲渡不能かつロイヤルティ不要の認定マーク使用権をお客様に許諾します。ただし、認定マークをそのように使用する場合は、当社がお客様に提示する Microsoft Azure 認定ガイドライン (随時更新される場合があります) に従って使用するものとします。当社は本契約で明示的に許諾されていないすべての権利を留保します。お客様は以下の (i) から (vi) までの行為を行うことができません。(i) 認定マークの所有者が誰であるかについて、またはお客様のオファリングがマイクロソフトの製品であるかどうかについて誤解を招きかねない方法で認定マークを使用すること。(ii) 本契約が意図するものとは別の形でお客様がマイクロソフトと提携していることまたはマイクロソフトから後援、支持もしくは承認を受けていることを暗示するような言動を行うこと。(iii) マイクロソフトが Azure に関して、お客様が提供する他の製品またはサービスを承認または認定したと暗示するような方法で認定マークを使用すること。(iv) 認定マークまたは認定マーク中の当社商標に対する当社の権利を含むまたは侵害する名称、商標、ドメイン名またはその他の表示を登録、採用または使用すること。(v) 当社の評判または認定マークの信用を損なうような方法で認定マークを使用すること。(vi) 認定マークの改変、動画化もしくは変形を行うこと、または認定マークを他の記号、語句、画像もしくはデザインと組み合わせること。

認定マークの保護

お客様が自社の商標または第三者の商標についての注意書きを、お客様の資料の脚注に記載する場合、その注意書きには次の文言を付け加える必要があります。「他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産です。」 マイクロソフトは認定マークおよびそれに関連する営業権の唯一の権利者であり、お客様による認定マークの使用に関連する営業権の唯一の受益者です。お客様が、認定マークを使用したことを理由として認定マークに対する何らかの権利、権原または権益を得ることはありません。お客様が本契約に基づいて認定マークを使用した結果として認定マークに対する何らかの権利を取得した場合でも、お客様は現在または将来において当該権利をそれに関連する営業権と併せて譲渡するものとします。お客様は認定マークの保護に関して、当社の費用負担の下で当社を十分に支援するものとします。当社は、認定マークに対する権利の行使または防御のために、法的措置をとるかどうかを自社の裁量により決定し、認定マークに関する法的措置についての決定権を有します。

貴社の社名およびロゴの使用許可

お客様は、マイクロソフトが、認定プロセス中にお客様がマイクロソフトに提供したお客様の社名およびロゴならびに認定済みオファリングの画像 (以下「貴社商標」と総称します) を、お客様のオファリングの販売および宣伝ならびに本プログラムの販売および宣伝に関係して表示することを、地域非限定かつロイヤルティ不要の形で許諾するものとします。お客様は、貴社商標の所有者であることおよび/または認定された許諾者であることを表明するものとします。両当事者間では、貴社商標に関連したすべての営業権は、お客様の利益のために効力を生じます。当社は、貴社商標の全体的な外観を変更することなく、必要に応じて貴社商標のフォーマットまたはサイズを変更することができます。お客様は、貴社商標が誤用されていると判断した場合いつでも当社に通知することができ、当社は妥当な時間内にその誤用を修正します。

保証の免責および責任の制限

本プログラムは、「現状のまま」、「瑕疵のあるまま」、「変更のないまま」提供されるものとします。当社は、適用法令上許可される範囲で、本プログラムおよび Microsoft Azure サービスに関する黙示的保証または条件を放棄します。法令により認められる最大限度の範囲において、いずれの当事者も、本契約またはその当事者の履行に起因または何らかの態様でこれらに関連する間接的、付随的損害、派生的損害、懲罰的損害または特別損害 (データの喪失、逸失収益および/または逸失利益に対する損害を含みますが、これらに限定されません) に対して一切の責任を負わないものとします。この除外は、損害賠償請求の根拠となる法理、また当事者がかかる損害の可能性について知らされていたかどうか、かかる損害が合理的に予見可能であったかどうか、または除外の適用により救済がその本来の目的を達することができなくなるかどうか、にかかわらず適用されます。この除外は、相手方当事者の知的財産権の侵害、または詐欺行為もしくは重過失による利益、データ、事業もしくは期待された事業上の節減効果の直接的もしくは間接的な逸失もしくは損失に対しては適用されないものとします。

用語

本契約は、お客様の同意をもって有効となります。各当事者はどちらも、お客様の個々のオファリングまたはすべてのオファリングについて、理由を問わずまたは理由なく本契約を解除することができます。第 6 条 (責任の制限) および第 8 条 (雑則) は本契約の解除後も有効に存続します。

雑則

(a) 連絡先情報 本契約に関してマイクロソフトに通知を行う場合は Azure 認定プログラム デスク (Azurecertred@microsoft.com) 宛に送付する必要があります。

(b) 情報の開示 マイクロソフトは、本契約を管理するために必要に応じて、マイクロソフトの関連会社および本契約の管理を支援するその他の第三者にお客様の連絡先担当者情報を開示することができます。

(c) 裁判管轄および準拠法 本契約は、抵触法の規定を除き、アメリカ合衆国ワシントン州法を準拠法とします。本契約に関して請求を提起する場合は必ず、連邦の事物管轄権があるときを除いて、ワシントン州キング郡の連邦裁判所に限って提起するものとしますが、その場合両当事者は、ワシントン州キング郡のワシントン州裁判所が専属的管轄権を有し、両当事者は国際物品売買契約に関する国際連合条約が適用されないことに同意します。

(d) 費用 各当事者は自分が本契約を履行することに関して生じた費用および支出を全面的に単独で負担します。

(e) 放棄および可分性 いずれかの当事者による権利または救済の行使が遅れた場合または行われなかった場合でも、その権利もしくは救済、または別の権利もしくは救済を放棄したとはみなされません。管轄裁判所が本契約のいずれかの条項を違法、無効、または執行不能と判断した場合でも、他の条項は引き続き完全に効力を有するものとします。

(f) 契約上の地位の譲渡 マイクロソフトの書面による事前の同意がない限り、貴社は本契約 (または本契約に基づく権利もしくは義務) を譲渡することができません。

(g) 当事者の関係 本契約および本契約中の条項はパートナーシップ、ジョイントベンチャー、雇用関係またはフランチャイズ権の付与には該当しません。

(h) 完全合意 本契約 (ガイドラインを含みます) は、本契約に定める事項に関して両当事者間の完全なる合意を構成し、事前または同時に行われたすべての意思表示に優先します。