ナビゲーションをスキップする

クラウド移行のメリット

クラウド コンピューティングが組織にとって魅力的な理由を知り、クラウドの移行に関する一般的な課題について理解し、役立つ移行リソースを確認します。

移行には大きな利点があるが課題が生じる可能性もある

移行の利点として、IT コストの削減とパフォーマンスの向上がありますが、移行プロセスでは、計画やコストなどのいくつかの課題があります。この記事では、移行の主な利点と課題について説明します。

クラウド移行のメリット

最適化されたコスト

ワークロードを最適化することで、実行コストを削減できるだけではなく、リソース、メンテナンス、不動産のコストを大幅に節約できます。

柔軟性とスケーラビリティ

  • 組織は、使用したクラウド リソースに対してのみ料金を支払うので、たまにしか利用しない IT アセットに支払いを行い管理する必要はありません。
  • 需要が急増した場合や、組織がより強力なコンピューティング リソースを必要とする場合、組織は必要に応じてリソースを即座に変更することができます。
  • 既存の IT 投資から価値を得るために、多くの組織ではハイブリッド クラウド モデルを採用しています。このモデルでは、ワークロードの一部をクラウドに移行し、他のものは既存のオンプレミス環境に保持します。(ハイブリッド クラウドには業界のコンプライアンス上のメリットもあります。)
  • ほとんどのクラウド プラットフォームはグローバルに展開しており、ユーザーや顧客に近い場所でワークロードを実行してパフォーマンスを向上させることができます。

強化されたセキュリティ強化

多くのパブリッククラウドには、組織のリソースを確実に保護するための、組み込みのセキュリティ機能と特別なクラウドセキュリティツールが用意されています。セキュリティ修正プログラムは多くの場合、クラウド プロバイダーによって自動的に実行されます。

コンプライアンス

一部のクラウド プラットフォームでは、コンプライアンス要件をシームレスい満たすための特別なオファーを提供するもあり、金融、医療、政府機関などの規制が厳しい業界に最適です。

バックアップ、復旧、フェールオーバー

ほとんどのクラウド プロバイダーは、組み込みのワンクリック バックアップと回復機能を提供することで、ビジネス継続性を向上させることができます。また、一部のプロバイダーでは、異なる地域のリージョンにバックアップを保存する機能も提供しています。

簡素化された管理と監視

クラウド プロバイダーが中央管理ツールを提供している場合、組織はオンプレミスのデータセンターとクラウド リソースを 1 つの画面で管理および監視することができます。

クラウド移行の課題

計画

大規模な移行は、個々のワークロードをクラウドに移行する比較的簡単なプロセスよりも、組織全体で大規模な計画を立てる必要があります。移行計画を成功させるは、戦略の明確化、ビジネス、技術、リーダーシップの主な関係者からの参加をを得ることから始まります。

コスト

クラウドへの移行は、短期的にも長期的にも ROI を向上させることができますが、移行自体は時間、コスト、リソースがかかります。移行を計画して実装するためのコストの見積もりは不可欠です。

セキュリティとコンプライアンス

クラウド プロバイダーはさまざまなセキュリティやコンプライアンスのオファリングを提供していますが、移行するお客様は自分のニーズに合った適切なソリューションを導入する責任があります。組織は、計画中に、潜在的なセキュリティとコンプライアンスの考慮事項を移行に組み込むことができます。

ビジネスのダウンタイム

大量のデータのクラウドへの移行は非常に迅速に行うことができますが、ビジネスのダウンタイムを最小限に抑えるためには、慎重な計画が必要です。反復的なアプローチによって段階的に移行することで、管理しやすいデータのバッチを徐々に移行できます。

組織の導入とトレーニング

IT プロフェッショナルや開発者は、現在持っているスキルのほとんどをクラウドに適用できることがわかるでしょうが、いくつかのスキルのトレーニングは必要です。事前にクラウドに関するスキルを身につけてトレーニングを受けると、移行中および移行後の組織を成功に導くことができます。

移行パートナーやベンダーの選択

移行を計画および実施するための専門知識や能力を持つ人が社内にいない企業にとって、パートナーは非常に貴重なリソースです。適切な移行パートナーは、移行を行う組織のニーズやビジネス上の考慮事項に合うサービスと経験があります。

よく寄せられる質問

  • クラウド コンピューティングは、組織のイノベーションを加速させ、オンプレミスのリソースに比べて柔軟なリソースと、強化された復元性を備えています。クラウド サービスは、通常、必要な分だけ支払うことができます。クラウド コンピューティングは、既存のオンプレミス インフラストラクチャと連携 (ハイブリッドモデル) することも、完全に置き換えることもできます。クラウド コンピューティングおよびクラウド移行についての詳細情報。
  • その答えは組織の移行プロジェクトのサイズと複雑さに加え、社内の IT 能力によって異なります。Azure は、社内およびパートナー支援型の移行の両方について、さまざまなリソース、ツール、トレーニング、ガイダンスを提供しています。

    • クラウド移行の各段階で、経験豊富な移行パートナーから専門的なガイダンスが必要な場合は、Azure 移行プログラムにご参加ください。
    • ワークロードの一部またはすべてをクラウドに自分で移行する場は、確実に移行するためのツールとリソースを提供している Azure Migration Center を参照してください。また、Azure クラウド移行リソースページでは、移行ビデオ、ウェビナー、シナリオ ガイド、最も一般的なシナリオやワークロードの学習リソースを提供しています。
  • データ移行の課題の多くは、最大手のクラウド プロバイダーから利用できる適切な移行ツールとベスト プラクティスを使用することで軽減できます。ここでは、いくつかの課題とそれを解決するためのソリューションについて説明します。

    • 移行時のデータ消失
    • レガシ システムと新しいシステム間のデータ測定単位に違いがある場合のセマンティクス リスク
    • レガシ システムと新しいシステム間の形式やコンテンツの違いが原因でデータの整合性が損なわれた場合の破損
    • 移行中にレガシ データが変更または更新された場合の干渉

    これらのソリューションを使用して、データ移行に関する課題のリスクを軽減します:

    • まず、クラウドに移行する方法についての概要を把握します。
    • Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure では、移行のベスト プラクティスと方法を深く掘り下げて説明します。
    • さまざまなワークロードの種類によって移行要件が異なるため、パートナーの支援を受けながら自分で使用できる専用移行ツールを確認します。
    • 多くの組織がパートナーと協力してデータの移行を支援しています。無料の Azure 移行プログラムに参加すると、お客様のニーズを専門とする認定パートナーとつながり、データ移行に関する厳選されたお勧め情報を入手できます。

Azure 移行およびモダン化プログラムを通じて、移行のそれぞれの段階で、選別されたリソースとエキスパートの支援を受けられます。

Azure クラウド プラットフォーム クラウドに移行して、12 か月間の無料サービスで開始しましょう

どのようなご用件ですか?