ナビゲーションをスキップする

SAP NetWeaver on SQL Server

この NetWeaver on SQL Server アプリケーション ソリューションでは、Azure Virtual Machines を使って SAP アプリケーションと SQL Server データベースをホストすることにより NetWeaver 上に構築された SAP ランドスケープ内をユーザーの要求がどのように通過するかを紹介しています。このシステムでは、OS クラスタリングによる高可用性、Premium Storage による高速ストレージ パフォーマンスとスケーラビリティ、SQL Server AlwaysOn 機能によるレプリケーション、完全ディザスター リカバリー (DR) 構成による 99.95% のシステム可用性を利用しています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

SAP アプリケーション ユーザーが、オンプレミスの Active Directory と同期された Azure Active Directory を使用して、オンプレミスから Azure 上の SAP ランドスケープに対し、シングル サインオンの資格情報で認証を行います。

オンプレミス ネットワークは、Azure の高速 Express Route Gateway によって Azure 仮想マシンなどのリソースに安全に接続されています。

販売注文要求は、高可用性 SAP ABAP SAP Central Services (ASCS) に渡された後、Azure Virtual Machines スケールアウト ファイル サーバー上で実行されている、いずれかの Azure VM 内の SAP アプリケーション サーバーを通過します。

その要求は、SAP アプリ サーバーから、プライマリ ハイパフォーマンス Azure VM 上で実行されている SQL Server に移動します。

SAP 認定の仮想マシン上で実行されているプライマリ (アクティブ) サーバーとセカンダリ (スタンバイ) サーバーは、OS レベルでクラスター化され、99.95% の可用性が確保されています。 データのレプリケーションは、SQL Server AlwaysOn を通じて、プライマリからセカンダリへと同期モードで処理されます。これにより、回復ポイント目標 (RPO) ゼロが実現されます。

SQL Server データがハイパフォーマンス Azure Premium Storage に保持されます。

SQL Server データは、Azure の高速バックボーン ネットワークを通じて、別の Azure リージョンにあるディザスター リカバリー仮想マシンにレプリケートされます。このレプリケーションは、SQL Server の AlwaysOn レプリケーションを使って非同期モードで行われます。ディザスター リカバリー VM のサイズは、コストを節約するために、運用環境の VM より小さくてもかまいません。

ディザスター リカバリー リージョンにある VM を非運用作業に使用することで、コストを節約することができます。

ディザスター リカバリー側の ASCS がある SAP アプリ サーバーはスタンバイ シャットダウン モードにしておき、必要に応じて起動することで、コストを節約することができます。

  1. 1 SAP アプリケーション ユーザーが、オンプレミスの Active Directory と同期された Azure Active Directory を使用して、オンプレミスから Azure 上の SAP ランドスケープに対し、シングル サインオンの資格情報で認証を行います。
  2. 2 オンプレミス ネットワークは、Azure の高速 Express Route Gateway によって Azure 仮想マシンなどのリソースに安全に接続されています。
  3. 3 販売注文要求は、高可用性 SAP ABAP SAP Central Services (ASCS) に渡された後、Azure Virtual Machines スケールアウト ファイル サーバー上で実行されている、いずれかの Azure VM 内の SAP アプリケーション サーバーを通過します。
  4. 4 その要求は、SAP アプリ サーバーから、プライマリ ハイパフォーマンス Azure VM 上で実行されている SQL Server に移動します。
  5. 5 SAP 認定の仮想マシン上で実行されているプライマリ (アクティブ) サーバーとセカンダリ (スタンバイ) サーバーは、OS レベルでクラスター化され、99.95% の可用性が確保されています。 データのレプリケーションは、SQL Server AlwaysOn を通じて、プライマリからセカンダリへと同期モードで処理されます。これにより、回復ポイント目標 (RPO) ゼロが実現されます。
  1. 6 SQL Server データがハイパフォーマンス Azure Premium Storage に保持されます。
  2. 7 SQL Server データは、Azure の高速バックボーン ネットワークを通じて、別の Azure リージョンにあるディザスター リカバリー仮想マシンにレプリケートされます。このレプリケーションは、SQL Server の AlwaysOn レプリケーションを使って非同期モードで行われます。ディザスター リカバリー VM のサイズは、コストを節約するために、運用環境の VM より小さくてもかまいません。
  3. 8 ディザスター リカバリー リージョンにある VM を非運用作業に使用することで、コストを節約することができます。
  4. 9 ディザスター リカバリー側の ASCS がある SAP アプリ サーバーはスタンバイ シャットダウン モードにしておき、必要に応じて起動することで、コストを節約することができます。

実装ガイダンス

製品/説明 ドキュメント

Virtual Machines

SAP アプリケーション サーバー用の仮想マシンに関する情報。

Premium Storage

Microsoft Azure Premium Storage は、高いスループットと 変動の少ない I/O 待機時間を提供します。Premium Storage では、パフォーマンスを改善するために、Azure Storage Nodes の ソリッド ステート ディスク (SSD) と Azure Compute Node のローカル SSD によってバックアップされる読み取りキャッシュを活用しています。

関連ソリューションのアーキテクチャ

1 2 3 4 5 6 7 8 9

HA と DR を実現する HANA Large Instances 上の SAP S/4HANA

このソリューション アーキテクチャでは、比類ないスケーラビリティとパフォーマンスを実現するために、高パフォーマンス Azure Virtual Machines 上に構築された SAP ランドスケープと HANA L インスタンスで実行されているメモリ内 HANA データベースを介してユーザーの要求がどのように流れるかを示しています。このシステムでは、データベースのパフォーマンス、HANA システム レプリケーションを使用した高可用性、システムの可用性を保証するディザスター リカバリー (DR) の完全な構成に OS のクラスタリングを利用しています。