ソリューションのアーキテクチャ: SAP HANA on Azure (L インスタンス) のアーキテクチャ

このアーキテクチャは、Azure データセンターにアプリケーション層を、また大規模なインスタンスのデータセンターに HANA を含む SAP HANA on Azure (L インスタンス) を実行するためのインフラストラクチャの構成方法を示しています。

このソリューションは、Azure マネージ サービス (Virtual Machines, Storage, ExpressRoute 」と「 Virtual Network) 上に構築します。これらのサービスは高可用性環境で実行、修正、サポートされるため、実行される環境ではなくソリューションに注力できます。

SAP HANA on Azure (L インスタンス) のアーキテクチャ このアーキテクチャは、Azure データセンターにアプリケーション層を、また大規模なインスタンスのデータセンターに HANA を含む SAP HANA on Azure (L インスタンス) を実行するためのインフラストラクチャの構成方法を示しています。 SAP HANA on Azure(Large Instance) Datacenter Azure Datacenter SAP HANA Database Blade Server Network Attached Storage (NAS) Logs Data ExpressRoute SAP ASCS Virtual Machine Standard Storage SAP Primary App Server Virtual Machine Standard Storage SAP App Servers Virtual Machine Standard Storage

実装ガイダンス

製品 ドキュメント

SAP HANA on Azure

SAP HANA on Azure (L インスタンス) は、Microsoft Azure データセンターにある専用のブレード サーバーで実行されます。これは、データベース サーバー用の仕様です。

Virtual Machines

SAP アプリケーション サーバーは、Windows Server、SUSE Linux Enterprise Server (SLES)、または Red Hat Enterprise Linux (RHEL) で実行できます。

SAP on Azure では、認定された Azure Virtual Machines で SAP ワークロードを実行する必要があります。SAP では、少なくとも 2 個の vCPU が必要です。また、メモリと vCPU の比率は 6:1 である必要があります。最新の情報については、「SAP Applications on Azure: supported products and Azure VM types (Azure 上の SAP アプリケーション: サポート対象の製品と Azure VM の種類)」 (SAP ノート - 1928533) を参照してください。

Storage

Azure Storage Blob には、Virtual Machines をバックアップするディスクが含まれており、非構造化データや実行可能ファイルの長期保存が可能です。Microsoft Azure Blob ストレージは各 SAP システムで使用されます。

ExpressRoute

Azure ExpressRoute は、Azure データセンターの Azure コンポーネントと SAP HANA on Azure (L インスタンス) システムとの間の通信を可能にします。この ExpressRoute の費用は、お使いの SAP HANA on Azure (L インスタンス) に含まれます。

Virtual Network

Azure Virtual Network は、お客様のネットワークと Microsoft Azure ネットワークとの間で信頼できる接続を確立するのに必要な柔軟性と安全性を提供します。SAP ワークロードには、Azure ExpressRoute を使用する必要があります。

関連ソリューションのアーキテクチャ