ナビゲーションをスキップする

予測メンテナンス

この予測メンテナンス ソリューションは、機体の監視に加え、航空用エンジン部品の残存耐用年数を予測します。

説明

注: このソリューションが既にデプロイされている場合は、ここをクリックしてそのデプロイを表示してください。

予測プロビジョニング時間: 20 分

概要

このソリューションは、センサーから送信されるリアルタイム データを高度な分析と組み合わせることで、機体の部品をリアルタイムで監視することに加えて、部品の残存耐用年数を予測する方法を示します。

詳細

現代社会において、飛行機は重要な移動手段ですが、航空用エンジンは高価であり、維持管理には高度な技能を持った整備士による頻繁なメンテナンスが必要です。最新の航空用エンジンには、マシンの作動状態を追跡する、非常に高度なセンサーが搭載されています。このセンサーのデータを高度な分析と組み合わせることで、リアルタイムでの機体の監視に加えて、エンジン部品の残存耐用年数も予測できるため、メンテナンスのスケジュールを適切なタイミングに設定することが可能になり、機械の不具合を防ぐことができます。この予測メンテナンス ソリューションは、機体の監視に加えて、航空用エンジン部品の残存耐用年数を予測します。これは、データ インジェスト、格納、処理機能、および高度な分析機能を備えたエンド ツー エンド ソリューションです。これらはすべて、予測メンテナンス ソリューションには欠かせません。また、本ソリューションは機体の監視用にカスタマイズされていますが、ほかの予測メンテナンス シナリオ向けにも簡単に汎用化できます。このソリューションのデータ ソースは、ターボファン エンジンの劣化シミュレーション データ セットを使用する、NASA のデータ リポジトリから公開されたデータによって構成されています。

[デプロイ] ボタンを押すと、指定した Azure サブスクリプションのリソース グループ内にソリューションのインスタンスをデプロイするワークフローが起動します。このソリューションには、データをシミュレーションする Web ジョブと共に (以下で説明する) 複数の Azure サービスが含まれ、デプロイの直後からエンド ツー エンド デモを機能させることができます。

技術詳細とワークフロー

  1. 新しくデプロイされた Azure Web ジョブ "AeroDataGenerator" によって、シミュレーション データがストリーム配信されます。
  2. この合成データは、データ ポイントである Azure Event Hubs サービスに送られます。
  3. 2 つの Azure Stream Analytics ジョブがデータを分析し、イベント ハブの入力ストリームにほぼリアルタイムの分析を提供します。一方の Stream Analytics ジョブは、Azure Data Factory サービスによる後の処理のために、未処理の受信イベントをすべて Azure Storage サービスにアーカイブします。もう一方の Stream Analytics ジョブは、Power BI ダッシュボードに結果を発行します。
  4. HDInsight サービスを使用して Hive スクリプトが実行され (Azure Data Factory によるオーケストレーション)、前述の Stream Analytics ジョブによってアーカイブされた未処理イベントの集計が提供されます。
  5. Azure Machine Learning サービスを使用し (Azure Data Factory によるオーケストレーション)、受信した入力データを前提として、特定の航空用エンジンの残存耐用年数 (RUL) が予測されます。
  6. Azure Machine Learning サービスから受け取った予測結果を Azure SQL Database を使用して (Azure Data Factory による管理) 保存します。その後、この結果は Power BI ダッシュボードで使用されます。SQL Database にストアド プロシージャを配置し、後で ML による予測結果をスコアリングの結果テーブルに保存するために、Azure Data Factory パイプラインで呼び出します。
  7. Azure Data Factory は、バッチ処理を行うパイプラインのオーケストレーション、スケジュール設定、および監視を行います。
  8. 最後に、Power BI を使用して結果が視覚化されます。これにより航空整備士は、すべての航空機にわたって機体のセンサー データをリアルタイムで監視するとともに、視覚化された結果を使用してエンジンのメンテナンス スケジュールを設定できます。

免責事項

©2017 Microsoft Corporation.All rights reserved.本情報は "現状のまま" 提供され、通知なく変更されることがあります。Microsoft はここで提供される情報に関し、明示または暗示にかかわらず、いかなる保証も行わないものとします。ソリューションの生成にはサード パーティのデータが使用されています。お客様には他者の権利を尊重する責任があり、それには、類似のデータセットを作成するための関連ライセンスの購入や、そうした関連ライセンスへの準拠が含まれます。

関連ソリューションのアーキテクチャ

リアルタイムのデータ ストリームでの異常検出

Cortana Intelligence の IT Anomaly Insights ソリューションを使用することで、大規模な組織内の IT 部門は、IT インフラストラクチャ (CPU、メモリなど)、サービス (タイムアウト、SLA のバリエーション、ブラウンアウトなど)、その他の主要業績評価指標 (KPI) (オーダーのバックログ、ログイン エラー、支払いエラーなど) から取得した基盤となる正常性メトリックに基づいて、問題の検出および修正を迅速に行えるようになります。また、このソリューションでは、簡単に "今すぐ試せる" エクスペリエンスを提供しており、カスタマイズされたデータを使って試してみることで、ソリューションがもたらす価値を実感していただけます。"デプロイ" エクスペリエンスを通じて、エンド ツー エンド ソリューションのコンポーネントを Azure サブスクリプションに配置し、必要に応じてカスタマイズを完全に制御できるようにすることで、ソリューションを Azure で速やかに機能させることができます。