ソリューションのアーキテクチャ: 車両テレマティクスを用いた予測分析情報

最新の自動車には複数のセンサーが搭載されており、秒単位で発生する膨大なイベントを追跡および監視しています。現状では、これらの自動車のほとんどが、2020 年までにはインターネットに接続されると予想されています。

本ソリューションでは、自動車販売店、自動車メーカー、保険会社による Cortana Intelligence の活用方法と、自動車の状態や運転の傾向についての予測的な分析情報を Azure で取得する方法について説明します。ライブ ストリーミング データを世界規模でキャプチャしてリアル タイムで分析するため、起こり得る問題に対処したり、新たな機会を見つけたりすることができます。

これらのスマート カーから生成される大量のデータを活用することで、クラス最高の安全と信頼、そしてドライビング エクスペリエンスを顧客に提供できるようにサポートします。

Azure へのデプロイ

次の事前構築済みのテンプレートを使用し、Azure にこのアーキテクチャをデプロイする

Azure へのデプロイ
Data Factory: Move data, orchestrate, schedule and monitor SQL Data Warehouse Machine Learning Machine Learning Power BI Event Hub Stream Analytics HDInsight Geography Data(Blob Storage) Vehicle Catalogue Diagnotic Events (Simulated)

実装ガイダンス

製品 ドキュメント

Event Hubs

Event Hubs は診断イベントを取り込んで、Stream Analytics と Azure Machine Learning Web サービスに渡します。

Stream Analytics

Stream Analytics では、Event Hubs からの入力ストリームを受け取り、Azure Machine Learning Web サービスを呼び出して予測を行います。その後、ストリームを Azure Storage と Power BI に送信します。

Machine Learning Studio

Machine Learning を使用すると、クラウドの予測分析ソリューションの設計、テスト、運用化、管理が手軽に行え、Stream Analytics と Azure Data Factory から呼び出し可能な Web サービスのデプロイも簡単に行うことができます。

Storage

Azure Storage は、Stream Analytics からの診断イベント ストリーム データを格納します。

HDInsight

Azure Data Factory は、HDInsight で Hive クエリを実行してデータを処理し、そのデータを Azure SQL Database に読み込みます。

Data Factory

Data Factory は、HDInsight を使用してデータを処理し、そのデータを Azure SQL Database に読み込みます。

SQL Database

SQL Database は、Data Factory と HDInsight で処理されたデータの格納に使用されます。また、Power BI は SQL Database にアクセスして、利用統計情報を分析します。

Power BI

このソリューションでは Power BI を使用しますが、他のソリューションでは Power BI Embedded を使用して利用統計情報を分析します。

関連ソリューションのアーキテクチャ