既存のアプリケーションを簡単に移行

既存のアプリケーションをコンテナーに簡単に移行して、Azure マネージド Kubernetes サービス (AKS) 内で実行できます。Azure Active Directory との統合を通じてアクセスを制御できます。また、OSBA (Open Service Broker for Azure) を使用することで、データのニーズに合わせて、SLA で保証された Azure サービス (Azure Database for MySQL など) にアクセスできます。

Easily migrate existing applicationEasily migrate existing application12345

ユーザーは、既存のアプリケーションをコンテナーに変換し、Azure Container Registry にコンテナー イメージを発行します

Azure Portal またはコマンド ラインを使用して、ユーザーは AKS クラスターにコンテナーをデプロイします

AKS リソースへのアクセスを制御するには、Azure Active Directory を使用します

OSBA (Open Service Broker for Azure) を使用すれば、SLA で保証された Azure サービス (Azure Database for MySQL など) に簡単にアクセスできます

必要に応じて、VNET 仮想ネットワークで AKS をデプロイできます

  1. 1 ユーザーは、既存のアプリケーションをコンテナーに変換し、Azure Container Registry にコンテナー イメージを発行します
  2. 2 Azure Portal またはコマンド ラインを使用して、ユーザーは AKS クラスターにコンテナーをデプロイします
  3. 3 AKS リソースへのアクセスを制御するには、Azure Active Directory を使用します
  1. 4 OSBA (Open Service Broker for Azure) を使用すれば、SLA で保証された Azure サービス (Azure Database for MySQL など) に簡単にアクセスできます
  2. 5 必要に応じて、VNET 仮想ネットワークで AKS をデプロイできます