ソリューションのアーキテクチャ: Umbraco CMS のスケーラブルな Web アプリ

高トラフィックのサイト向けに規模を設定され、最適化された中規模の Umbraco CMS Web アプリです。フロントエンドのアプリ用とバックオフィスのアプリ用の 2 つの Web アプリを使用しており、これらを自動スケールが有効にされた 1 つのリージョンにデプロイしています。

このソリューションは、Azure マネージ サービス (SQL Database, Storage, Application Insights 」と「 Redis Cache) 上に構築します。これらのサービスは高可用性環境で実行、修正、サポートされるため、実行される環境ではなくソリューションに注力できます。

Browser S torage (media, logs, and backup files) Application Insights R edis Cache (Session state and output cache) SQL Database (Umbraco DB and Session state DB) W eb App (Umbraco Frontend) W eb App (Umbraco Admin)

見積もり

$101.79

月額料金の見積もり

見積もりの計算方法を理解し、ニーズに合わせてカスタマイズする

料金計算ツール

Azure へのデプロイ

次の事前構築済みのテンプレートを使用し、Azure にこのアーキテクチャをデプロイする

Azure へのデプロイ

テンプレート ソースを表示する

実装ガイダンス

製品 ドキュメント

Web Apps

フロントエンド アプリとバックオフィス アプリを同一のアプリ上で実行しながら、Azure App Service の Web Apps 機能で Umbraco CMS を実行します。

SQL Database

Azure SQL Database にサイトのコンテンツを保存します。バックオフィスの Web アプリとフロントエンドの Web アプリは同じデータベースを使用します。バックアップや高可用性などの Azure SQL Database の機能を活用します。

Storage

すべてのメディアを Azure Storage に保存すれば、Web アプリのファイル サーバーの I/O 操作を低減し、パフォーマンスを改善できます。

Application Insights

Application Insights で、Web アプリでの問題を検出し、クラッシュを診断し、使用状況を追跡します。開発ライフサイクルを通して、情報に基づいた意思決定が可能です。

Redis Cache

Azure Redis Cache にセッションの状態と出力キャッシュが保存されるため、パフォーマンスが向上し、Web フロント エンドの負荷が低減されます。