ナビゲーションをスキップする

IoT デバイス

インターネットに接続したテレビや冷蔵庫から発電所に至るまで、インターネットにアクセス可能なあらゆるデバイスに、シームレスな会話型インターフェイスを作成できます。LUIS なら、最大 500 個のインテントを統合して、コマンドを翻訳し、スマートなアクションを実行できます。

Dispositivi IoTCrea interfacce discorsive senza problemi con tutti i tuoi dispositivi accessibili tramite Internet, dal televisore o frigorifero connesso a dispositivi in una centrale energetica connessa. LUIS è in grado di integrare fino a 500 finalità per convertire i comandi in azioni intelligenti.Customer mobileConsume, PC, MobileCloud14IoT devicesThird party352AzureBot ServiceAzureApp ServiceAzureApp InsightsLanguageUnderstanding

ユーザーが Skype にログインし、IoT ボットにアクセスします

ユーザーがIoT デバイスを通して音声でボットに明かりをつけるよう要求します

この要求が、IoT デバイス ネットワークへのアクセスが許可されているサードパーティ サービスに伝達されます

コマンドの実行結果がユーザーに返されます

Application Insights が、ランタイム テレメトリを収集して、ボットのパフォーマンスと使用方法により開発をサポートします

  1. 1 ユーザーが Skype にログインし、IoT ボットにアクセスします
  2. 2 ユーザーがIoT デバイスを通して音声でボットに明かりをつけるよう要求します
  3. 3 この要求が、IoT デバイス ネットワークへのアクセスが許可されているサードパーティ サービスに伝達されます
  1. 4 コマンドの実行結果がユーザーに返されます
  2. 5 Application Insights が、ランタイム テレメトリを収集して、ボットのパフォーマンスと使用方法により開発をサポートします

関連ソリューションのアーキテクチャ

Chatbot commercialeIl servizio Azure Bot e il servizio LUIS (Language Understanding) aiutano gli sviluppatori a creare interfacce discorsive per diversi scenari, come banking, viaggi e intrattenimento. Ad esempio, il concierge di un hotel può usare un bot per migliorare le interazioni tradizionali tramite posta elettronica e telefono convalidando un cliente tramite Azure Active Directory e usando Servizi cognitivi per elaborare contestualmente in modo migliore le richieste dei clienti tramite testo e voce. Il servizio Riconoscimento vocale può essere aggiunto per supportare i comandi vocali.1237456

商用チャットボット

Azure Bot Service と Language Understanding サービスを組み合わせることで、開発者は銀行、旅行、エンターテイメントなどのさまざまなシナリオに合わせた会話型のインターフェイスを作成できます。たとえば、ホテルのコンシェルジュは、ボットを使用して Azure Active Directory で顧客を認証し、Cognitive Services でテキストや音声を使用して顧客の要求を文脈から処理することで、従来の電子メールや電話でのやりとりを強化できます。音声認識サービスを追加すると、音声コマンドに対応できるようになります。