Azure Stack でのハイブリッド ID

アプリケーションのコンポーネントをオンプレミスに維持しなければならないとしても、それがクラウド テクノロジ採用の障壁になるとは限りません。Azure Stack があれば、アプリのコンポーネントはオンプレミスのまま、Azure パブリック クラウドで実行されているコンポーネントとやり取りすることができます。このブループリントにより、チームはクラウドの垣根を越えた一貫した方法で、ユーザーの ID とアプリケーションを管理することができます。

Azure Stack でのハイブリッド IDアプリケーションのコンポーネントをオンプレミスに維持しなければならないとしても、それがクラウド テクノロジ採用の障壁になるとは限りません。Azure Stack があれば、アプリのコンポーネントはオンプレミスのまま、Azure パブリック クラウドで実行されているコンポーネントとやり取りすることができます。このブループリントにより、チームはクラウドの垣根を越えた一貫した方法で、ユーザーの ID とアプリケーションを管理することができます。12334556

Azure Active Directory テナントをセットアップします。

ユーザーを作成します。

Azure および Azure Stack にアプリケーションのリソースをデプロイし、管理、運用します。

サービス プリンシパルを作成します。

サービス プリンシパルを使ってデプロイします。

アプリケーションのリソースがネットワークを介して通信できるようになります。

  1. 1 Azure Active Directory テナントをセットアップします。
  2. 2 ユーザーを作成します。
  3. 3 Azure および Azure Stack にアプリケーションのリソースをデプロイし、管理、運用します。
  1. 4 サービス プリンシパルを作成します。
  2. 5 サービス プリンシパルを使ってデプロイします。
  3. 6 アプリケーションのリソースがネットワークを介して通信できるようになります。

実装ガイダンス

製品/説明 ドキュメント

Azure Stack

Azure Stack は、Azure サービスをオンプレミスで使うことができるハイブリッド クラウド プラットフォームです。

Virtual Machines

Windows と Linux の仮想マシンを数秒でプロビジョニングします。

Azure Active Directory

ディレクトリを同期し、Azure Active Directory (Azure AD) によるシングル サインオンを有効にする方法について説明します。

関連ソリューションのアーキテクチャ

Hybrydowa ciągła integracja/ciągłe wdrażanie za pomocą usługi Azure StackZaimplementowanie podejścia ciągłej integracji/ciągłego opracowywania do wdrażania aplikacji staje się trudne, gdy aplikacje lokalne są tworzone i działają inaczej niż aplikacje w chmurze. Dysponowanie spójnym zestawem procesów i narzędzi programistycznych w środowiskach chmury publicznej platformy Azure oraz lokalnych środowiskach usługi Azure Stack znacznie ułatwia organizacjom implementowanie ciągłej integracji/ciągłego opracowywania. Aplikacje i usługi wdrożone w odpowiedni sposób na platformie Azure i w usłudze Azure Stack są praktycznie wymienne i mogą działać w obu lokalizacjach.123455

Azure Stack でのハイブリッド CI/CD

オンプレミス アプリケーションがクラウド アプリケーションとは異なる方法で構築、運用されていると、アプリケーションのデプロイに継続的インテグレーション/継続的開発 (CI/CD) の手法を導入することは難しくなります。Azure のパブリック クラウドとオンプレミスの Azure Stack 環境のすべてに対応する一貫した開発ツールとプロセスがあれば、組織が CI/CD の手法を導入しやすくなります。Azure と Azure Stack に適切な方法でデプロイされたアプリとサービスは、基本的に互換性があり、どちらの場所でも実行することができます。