Azure Stack でのハイブリッド CI/CD

オンプレミス アプリケーションがクラウド アプリケーションとは異なる方法で構築、運用されていると、アプリケーションのデプロイに継続的インテグレーション/継続的開発 (CI/CD) の手法を導入することは難しくなります。Azure のパブリック クラウドとオンプレミスの Azure Stack 環境のすべてに対応する一貫した開発ツールとプロセスがあれば、組織が CI/CD の手法を導入しやすくなります。Azure と Azure Stack に適切な方法でデプロイされたアプリとサービスは、基本的に互換性があり、どちらの場所でも実行することができます。

Hybrid CI/CD with Azure StackImplementing a continuous integration/continuous development (CI/CD) approach to deploying applications becomes difficult when on-premises applications are built and operated in different ways than cloud applications. Having a consistent set of development tools and processes across the Azure public cloud and on-premises Azure Stack environments makes it far easier for organizations to implement a practice of CI/CD. Apps and services deployed the right way in Azure and Azure Stack are essentially interchangeable and can run in either location.123455

エンジニアがアプリケーション コードと ARM テンプレートに変更を加えます。

コードと ARM テンプレートが Visual Studio Team Services Git にチェックインされます。

継続的インテグレーションによって、アプリケーションのビルドと単体テストがトリガーされます。

継続的配置トリガーによって、環境固有のパラメーターでアプリケーション成果物のデプロイが調整されます。

Azure と Azure Stack の両方の App Service にデプロイされます。

  1. 1 エンジニアがアプリケーション コードと ARM テンプレートに変更を加えます。
  2. 2 コードと ARM テンプレートが Visual Studio Team Services Git にチェックインされます。
  3. 3 継続的インテグレーションによって、アプリケーションのビルドと単体テストがトリガーされます。
  1. 4 継続的配置トリガーによって、環境固有のパラメーターでアプリケーション成果物のデプロイが調整されます。
  2. 5 Azure と Azure Stack の両方の App Service にデプロイされます。

実装ガイダンス

製品/説明 ドキュメント

Azure Stack

Azure Stack は、Azure サービスをオンプレミスで使うことができるハイブリッド クラウド プラットフォームです

ステップ バイ ステップ ガイダンス

ステップ バイ ステップ ガイダンス

Azure DevOps

マルチプラットフォーム アプリをビルドおよびデプロイして Azure サービスを最大限に活用できます

Web Apps

大規模な基幹業務系 Web アプリを短時間に作成してデプロイします。

関連ソリューションのアーキテクチャ

Hybrid identity with Azure StackThe need to keep application components on-premises doesn't have to be a barrier to adopting cloud technologies. With Azure Stack, app components can reside on-premises while interacting with components running in Azure public cloud. This blueprint enables teams to manage identity for users as well as applications in a way that is consistent across clouds.12334556

Azure Stack でのハイブリッド ID

アプリケーションのコンポーネントをオンプレミスに維持しなければならないとしても、それがクラウド テクノロジ採用の障壁になるとは限りません。Azure Stack があれば、アプリのコンポーネントはオンプレミスのまま、Azure パブリック クラウドで実行されているコンポーネントとやり取りすることができます。このブループリントにより、チームはクラウドの垣根を越えた一貫した方法で、ユーザーの ID とアプリケーションを管理することができます。