ソリューションのアーキテクチャ: Double-Take DR を使用した中小企業での障害復旧

中小企業では、Double-Take DR などのパートナー ソリューションを使用することで、障害復旧をクラウドに低価格で実装することができます。

このソリューションは、Azure マネージ サービス (Traffic Manager, VPN Gateway 」と「 Virtual Network) 上に構築します。これらのサービスは高可用性環境で実行、修正、サポートされるため、実行される環境ではなくソリューションに注力できます。

Double-Take DR を使用した中小企業での障害復旧 Double-Take DR を使用した中小企業での障害復旧のソリューション アーキテクチャを示す図です。Azure が管理する Traffic Manager、VPN Gateway、Virtual Network のサービス上に構築されます。 Azure Failover Site Recovery VMs Primary Site (On-Premise) Before Failover After Failover *VMs aren't created until failover occurs IIS VM SQL Server2016 VM Virtual Network SQL Server2016 VM* IIS VM* Double-TakeDR VM Customers Traffic Manager(DNS Routing)

実装ガイダンス

製品 ドキュメント

Traffic Manager

DNS トラフィックは Traffic Manager を介してルーティングされます。Traffic Manager では、お客様の組織で定義済みのポリシーに基づいてサイト間でのトラフィックの移動を簡単に行うことができます。

Double-Take DR

Double-Take DR はパートナー ソリューションです。

VPN Gateway

VPN Gateway により、オンプレミス ネットワークとクラウド ネットワーク間の通信をセキュリティで保護しつつプライベートに維持します。

Virtual Network

Virtual Network は、障害発生時にフェールオーバー サイトが作成される場所です。

関連ソリューションのアーキテクチャ