カスタム データ主権およびデータ グラビティの要件

Azure と Azure Stack により、組織はビジネス ニーズに基づいてテクノロジの配置に関する決定を下すことができ、カスタム コンプライアンス、主権、データ グラビティの要件への対応が簡素化されます。

Custom data sovereignty and data gravity requirementsAzure with Azure Stack enables organizations to make technology placement decisions based on business needs—simplifying meeting custom compliance, sovereignty, and data gravity requirements.123

ユーザーが Azure ベースの Web アプリにデータを入力します。

アプリケーションは、Azure Stack への仮想ネットワーク間 VPN 接続を介してデータをデータベースにコミットします。

仮想マシン (VM) の SQL データベースにデータが格納されます。

  1. 1 ユーザーが Azure ベースの Web アプリにデータを入力します。
  2. 2 アプリケーションは、Azure Stack への仮想ネットワーク間 VPN 接続を介してデータをデータベースにコミットします。
  1. 3 仮想マシン (VM) の SQL データベースにデータが格納されます。

実装ガイダンス

製品/説明 ドキュメント

Virtual Network

プライベート ネットワークをプロビジョニング、オプションでオンプレミスのデータセンターに接続

VPN Gateway

安全なクロスプレミス接続を確立する

Azure SQL Database

マネージド サービスとしてのリレーショナル SQL Database

Azure Functions

サーバーレス コードを使用してイベントを処理

Azure Stack

ハイブリッド クラウド アプリケーションでイノベーションを促進する

関連ソリューションのアーキテクチャ

Hybrid CI/CD with Azure StackImplementing a continuous integration/continuous development (CI/CD) approach to deploying applications becomes difficult when on-premises applications are built and operated in different ways than cloud applications. Having a consistent set of development tools and processes across the Azure public cloud and on-premises Azure Stack environments makes it far easier for organizations to implement a practice of CI/CD. Apps and services deployed the right way in Azure and Azure Stack are essentially interchangeable and can run in either location.123455

Azure Stack でのハイブリッド CI/CD

オンプレミス アプリケーションがクラウド アプリケーションとは異なる方法で構築、運用されていると、アプリケーションのデプロイに継続的インテグレーション/継続的開発 (CI/CD) の手法を導入することは難しくなります。Azure のパブリック クラウドとオンプレミスの Azure Stack 環境のすべてに対応する一貫した開発ツールとプロセスがあれば、組織が CI/CD の手法を導入しやすくなります。Azure と Azure Stack に適切な方法でデプロイされたアプリとサービスは、基本的に互換性があり、どちらの場所でも実行することができます。

Hybrid connectivity with Azure StackAzure Stack enables you to deploy Azure services on-premises or in the cloud with a consistent application logic, development paradigm and operations methodology. Hybrid cloud applications are a single system that has components running in both Azure and Azure Stack. This solution blueprint is relevant to establishing connectivity for any application that involves communications between the Azure public cloud and on-premises Azure Stack components. Hybrid connectivity is a foundational blueprint that will be applicable to most Azure Stack solutions. Note: This doesn’t apply to Azure Stack deployments that are disconnected from the public internet.4321321

Azure Stack でのハイブリッド接続

Azure Stack を使うと、オンプレミスであれクラウドであれ、一貫したアプリケーション ロジック、開発パラダイム、運用手法で Azure サービスをデプロイすることができます。 ハイブリッド クラウド アプリケーションは、Azure と Azure Stack のどちらでも動作するコンポーネントを備えた単一のシステムです。このソリューション ブループリントは、Azure パブリック クラウドとオンプレミス Azure Stack のコンポーネント間に通信が発生するアプリケーションの接続確立に関連したものです。ハイブリッド接続は、ほとんどの Azure Stack ソリューションに適用される基本的なブループリントです。 注:パブリック インターネットから切り離された Azure Stack デプロイには適用されません。

Identidad híbrida con Azure StackLa necesidad de mantener los componentes de las aplicaciones en local no tiene por qué ser una barrera para la adopción de tecnologías en la nube. Con Azure Stack, los componentes de las aplicaciones pueden residir en local mientras interactúan con los componentes que se ejecutan en la nube pública de Azure. Este plan permite a los equipos administrar la identidad de los usuarios y las aplicaciones de una manera coherente en todas las nubes.12334556

Azure Stack でのハイブリッド ID

アプリケーションのコンポーネントをオンプレミスに維持しなければならないとしても、それがクラウド テクノロジ採用の障壁になるとは限りません。Azure Stack があれば、アプリのコンポーネントはオンプレミスのまま、Azure パブリック クラウドで実行されているコンポーネントとやり取りすることができます。このブループリントにより、チームはクラウドの垣根を越えた一貫した方法で、ユーザーの ID とアプリケーションを管理することができます。