カスタム データ主権およびデータ グラビティの要件

Azure と Azure Stack により、組織はビジネス ニーズに基づいてテクノロジの配置に関する決定を下すことができ、カスタム コンプライアンス、主権、データ グラビティの要件への対応が簡素化されます。

カスタム データ主権およびデータ グラビティの要件Azure と Azure Stack により、組織はビジネス ニーズに基づいてテクノロジの配置に関する決定を下すことができ、カスタム コンプライアンス、主権、データ グラビティの要件への対応が簡素化されます。123

ユーザーが Azure ベースの Web アプリにデータを入力します。

アプリケーションは、Azure Stack への仮想ネットワーク間 VPN 接続を介してデータをデータベースにコミットします。

仮想マシン (VM) の SQL データベースにデータが格納されます。

  1. 1 ユーザーが Azure ベースの Web アプリにデータを入力します。
  2. 2 アプリケーションは、Azure Stack への仮想ネットワーク間 VPN 接続を介してデータをデータベースにコミットします。
  1. 3 仮想マシン (VM) の SQL データベースにデータが格納されます。

実装ガイダンス

製品/説明 ドキュメント

Virtual Network

プライベート ネットワークをプロビジョニング、オプションでオンプレミスのデータセンターに接続

VPN Gateway

安全なクロスプレミス接続を確立する

Azure SQL Database

クラウド内のインテリジェントなマネージド SQL

Azure Functions

サーバーレス コードを使用してイベントを処理

Azure Stack

革新的なハイブリッド アプリケーションをクラウドの境界を越えて作成し、実行する

関連ソリューションのアーキテクチャ

Azure Stack でのハイブリッド CI/CDオンプレミス アプリケーションがクラウド アプリケーションとは異なる方法で構築、運用されていると、アプリケーションのデプロイに継続的インテグレーション/継続的開発 (CI/CD) の手法を導入することは難しくなります。Azure のパブリック クラウドとオンプレミスの Azure Stack 環境のすべてに対応する一貫した開発ツールとプロセスがあれば、組織が CI/CD の手法を導入しやすくなります。Azure と Azure Stack に適切な方法でデプロイされたアプリとサービスは、基本的に互換性があり、どちらの場所でも実行することができます。123455

Azure Stack でのハイブリッド CI/CD

オンプレミス アプリケーションがクラウド アプリケーションとは異なる方法で構築、運用されていると、アプリケーションのデプロイに継続的インテグレーション/継続的開発 (CI/CD) の手法を導入することは難しくなります。Azure のパブリック クラウドとオンプレミスの Azure Stack 環境のすべてに対応する一貫した開発ツールとプロセスがあれば、組織が CI/CD の手法を導入しやすくなります。Azure と Azure Stack に適切な方法でデプロイされたアプリとサービスは、基本的に互換性があり、どちらの場所でも実行することができます。

Azure Stack でのハイブリッド接続Azure Stack を使うと、オンプレミスであれクラウドであれ、一貫したアプリケーション ロジック、開発パラダイム、運用手法で Azure サービスをデプロイすることができます。ハイブリッド クラウド アプリケーションは、Azure と Azure Stack のどちらでも動作するコンポーネントを備えた単一のシステムです。このソリューション ブループリントは、Azure パブリック クラウドとオンプレミス Azure Stack のコンポーネント間に通信が発生するアプリケーションの接続確立に関連したものです。ハイブリッド接続は、ほとんどの Azure Stack ソリューションに適用される基本的なブループリントです。メモ: パブリック インターネットから切り離された Azure Stack デプロイには適用されません。4321321

Azure Stack でのハイブリッド接続

Azure Stack を使うと、オンプレミスであれクラウドであれ、一貫したアプリケーション ロジック、開発パラダイム、運用手法で Azure サービスをデプロイすることができます。 ハイブリッド クラウド アプリケーションは、Azure と Azure Stack のどちらでも動作するコンポーネントを備えた単一のシステムです。このソリューション ブループリントは、Azure パブリック クラウドとオンプレミス Azure Stack のコンポーネント間に通信が発生するアプリケーションの接続確立に関連したものです。ハイブリッド接続は、ほとんどの Azure Stack ソリューションに適用される基本的なブループリントです。 メモ: パブリック インターネットから切り離された Azure Stack デプロイには適用されません。

Azure Stack でのハイブリッド IDアプリケーションのコンポーネントをオンプレミスに維持しなければならないとしても、それがクラウド テクノロジ採用の障壁になるとは限りません。Azure Stack があれば、アプリのコンポーネントはオンプレミスのまま、Azure パブリック クラウドで実行されているコンポーネントとやり取りすることができます。このブループリントにより、チームはクラウドの垣根を越えた一貫した方法で、ユーザーの ID とアプリケーションを管理することができます。12334556

Azure Stack でのハイブリッド ID

アプリケーションのコンポーネントをオンプレミスに維持しなければならないとしても、それがクラウド テクノロジ採用の障壁になるとは限りません。Azure Stack があれば、アプリのコンポーネントはオンプレミスのまま、Azure パブリック クラウドで実行されているコンポーネントとやり取りすることができます。このブループリントにより、チームはクラウドの垣根を越えた一貫した方法で、ユーザーの ID とアプリケーションを管理することができます。