Azure および Azure Stack によるクロス クラウドのスケーリング

最新のソフトウェアでは接続性と分散性が高まっています。Azure Stack と Azure インフラストラクチャおよびプラットフォーム サービスとの一貫性により、必要に伴って負荷が増加するのに合わせてクロス クラウドでリソースをスケーリングしたり、需要の低下に伴ってリソースを削減したりすることができます。クロス クラウド アーキテクチャに準拠しつつ、コストを最適化し、リソースの効率性を最大限に引き出します。

Azure および Azure Stack によるクロス クラウドのスケーリング最新のソフトウェアでは接続性と分散性が高まっています。Azure Stack と Azure インフラストラクチャおよびプラットフォーム サービスとの一貫性により、必要に伴って負荷が増加するのに合わせてクロス クラウドでリソースをスケーリングしたり、需要の低下に伴ってリソースを削減したりすることができます。クロス クラウド アーキテクチャに準拠しつつ、コストを最適化し、リソースの効率性を最大限に引き出します。12345

多数のユーザーが Web アプリへのアクセスを試行します。

トラフィック マネージャーから Azure Stack DNS 名が返されます。

ユーザーが Azure Stack Web アプリにアクセスします。

しきい値に達すると、関数が Azure Web アプリを起動し、Azure Traffic Manager ルートを有効にします。

トラフィックは Azure にルーティングされます。これにより App Service を自動的にスケーリングできます。

  1. 1 多数のユーザーが Web アプリへのアクセスを試行します。
  2. 2 トラフィック マネージャーから Azure Stack DNS 名が返されます。
  3. 3 ユーザーが Azure Stack Web アプリにアクセスします。
  1. 4 しきい値に達すると、関数が Azure Web アプリを起動し、Azure Traffic Manager ルートを有効にします。
  2. 5 トラフィックは Azure にルーティングされます。これにより App Service を自動的にスケーリングできます。

実装ガイダンス

製品/説明 ドキュメント

Traffic Manager

高パフォーマンスと高可用性のために着信トラフィックをルーティングする

Azure Functions

サーバーレス コードを使用してイベントを処理

Azure Stack

革新的なハイブリッド アプリケーションをクラウドの境界を越えて作成し、実行する

関連ソリューションのアーキテクチャ

Azure Stack でのハイブリッド CI/CDオンプレミス アプリケーションがクラウド アプリケーションとは異なる方法で構築、運用されていると、アプリケーションのデプロイに継続的インテグレーション/継続的開発 (CI/CD) の手法を導入することは難しくなります。Azure のパブリック クラウドとオンプレミスの Azure Stack 環境のすべてに対応する一貫した開発ツールとプロセスがあれば、組織が CI/CD の手法を導入しやすくなります。Azure と Azure Stack に適切な方法でデプロイされたアプリとサービスは、基本的に互換性があり、どちらの場所でも実行することができます。123455

Azure Stack でのハイブリッド CI/CD

オンプレミス アプリケーションがクラウド アプリケーションとは異なる方法で構築、運用されていると、アプリケーションのデプロイに継続的インテグレーション/継続的開発 (CI/CD) の手法を導入することは難しくなります。Azure のパブリック クラウドとオンプレミスの Azure Stack 環境のすべてに対応する一貫した開発ツールとプロセスがあれば、組織が CI/CD の手法を導入しやすくなります。Azure と Azure Stack に適切な方法でデプロイされたアプリとサービスは、基本的に互換性があり、どちらの場所でも実行することができます。

Azure Stack でのハイブリッド接続Azure Stack を使うと、オンプレミスであれクラウドであれ、一貫したアプリケーション ロジック、開発パラダイム、運用手法で Azure サービスをデプロイすることができます。ハイブリッド クラウド アプリケーションは、Azure と Azure Stack のどちらでも動作するコンポーネントを備えた単一のシステムです。このソリューション ブループリントは、Azure パブリック クラウドとオンプレミス Azure Stack のコンポーネント間に通信が発生するアプリケーションの接続確立に関連したものです。ハイブリッド接続は、ほとんどの Azure Stack ソリューションに適用される基本的なブループリントです。メモ: パブリック インターネットから切り離された Azure Stack デプロイには適用されません。4321321

Azure Stack でのハイブリッド接続

Azure Stack を使うと、オンプレミスであれクラウドであれ、一貫したアプリケーション ロジック、開発パラダイム、運用手法で Azure サービスをデプロイすることができます。 ハイブリッド クラウド アプリケーションは、Azure と Azure Stack のどちらでも動作するコンポーネントを備えた単一のシステムです。このソリューション ブループリントは、Azure パブリック クラウドとオンプレミス Azure Stack のコンポーネント間に通信が発生するアプリケーションの接続確立に関連したものです。ハイブリッド接続は、ほとんどの Azure Stack ソリューションに適用される基本的なブループリントです。 メモ: パブリック インターネットから切り離された Azure Stack デプロイには適用されません。

Azure Stack でのハイブリッド IDアプリケーションのコンポーネントをオンプレミスに維持しなければならないとしても、それがクラウド テクノロジ採用の障壁になるとは限りません。Azure Stack があれば、アプリのコンポーネントはオンプレミスのまま、Azure パブリック クラウドで実行されているコンポーネントとやり取りすることができます。このブループリントにより、チームはクラウドの垣根を越えた一貫した方法で、ユーザーの ID とアプリケーションを管理することができます。12334556

Azure Stack でのハイブリッド ID

アプリケーションのコンポーネントをオンプレミスに維持しなければならないとしても、それがクラウド テクノロジ採用の障壁になるとは限りません。Azure Stack があれば、アプリのコンポーネントはオンプレミスのまま、Azure パブリック クラウドで実行されているコンポーネントとやり取りすることができます。このブループリントにより、チームはクラウドの垣根を越えた一貫した方法で、ユーザーの ID とアプリケーションを管理することができます。