コンテナーの CI/CD

コンテナーにより、アプリケーションの継続的なビルドとデプロイが大幅に簡単になります。Azure Kubernetes Service (AKS) で Kubernetes を使用してそれらのコンテナーのデプロイを調整することにより、複製可能な管理しやすいコンテナーのクラスターを作成できます。

Azure DevOps では、コンテナー イメージを生成するための継続的ビルドを設定し、オーケストレーションすることで、デプロイのスピードと信頼性を向上させることができます。

CI/CD tárolókhozA tárolók jelentősen megkönnyítik az alkalmazások folyamatos fejlesztését és telepítését. A tárolók készregyártásának a Kubernetes Azure Kubernetes Service-beli (AKS) használatával történő vezénylésével replikálható és felügyelhető tárolófürtök hozhatók létre.12345678910

アプリケーションのソース コードを変更します

アプリケーション コードをコミット

継続的インテグレーションにより、アプリケーションのビルド、コンテナー イメージのビルド、および単体テストが発生

コンテナー イメージを Azure Container Registry にプッシュ

継続的配置トリガーが、環境固有のパラメーターでアプリケーション成果物のデプロイを調整

Azure Kubernetes Service (AKS) にデプロイ

コンテナー イメージにより Azure Container Registry からコンテナーが起動

Application Insights が正常性、パフォーマンス、使用状況のデータを収集および分析

正常性、パフォーマンス、使用状況の情報を確認

バックログ項目を更新

  1. 1 アプリケーションのソース コードを変更します
  2. 2 アプリケーション コードをコミット
  3. 3 継続的インテグレーションにより、アプリケーションのビルド、コンテナー イメージのビルド、および単体テストが発生
  4. 4 コンテナー イメージを Azure Container Registry にプッシュ
  5. 5 継続的配置トリガーが、環境固有のパラメーターでアプリケーション成果物のデプロイを調整
  1. 6 Azure Kubernetes Service (AKS) にデプロイ
  2. 7 コンテナー イメージにより Azure Container Registry からコンテナーが起動
  3. 8 Application Insights が正常性、パフォーマンス、使用状況のデータを収集および分析
  4. 9 正常性、パフォーマンス、使用状況の情報を確認
  5. 10 バックログ項目を更新

実装ガイダンス

製品/説明 ドキュメント

Container Registry

Azure でのデプロイの種類を問わず、さまざまなコンテナー イメージを保存、管理

Azure Kubernetes Service (AKS)

Kubernetes のデプロイ、管理、運用を簡略化する

Application Insights

Web アプリおよびサービスにおける問題の検知、トリアージ、および診断

Azure DevOps

マルチプラットフォーム アプリをビルドおよびデプロイして Azure サービスを最大限に活用できます

関連ソリューションのアーキテクチャ

Azure VM の CI/CDAzure は、Windows または Linux を実行する仮想マシンをホストするための世界レベルのクラウドです。アプリケーション開発で ASP.NET、Java、Node.js、PHP のいずれを使用する場合でも、変更内容をこれらの仮想マシンに自動的にプッシュするためには、継続的インテグレーションと継続的配置 (CI/CD) のパイプラインが必要です。1234567888910

Azure VM の CI/CD

Azure は、Windows または Linux を実行する仮想マシンをホストするための世界レベルのクラウドです。アプリケーション開発で ASP.NET、Java、Node.js、PHP のいずれを使用する場合でも、変更内容をこれらの仮想マシンに自動的にプッシュするためには、継続的インテグレーションと継続的配置 (CI/CD) のパイプラインが必要です。

Jenkins と Azure Web Apps を使った Java CI/CDAzure App Service では Java、Node、PHP、または ASP.NET を使った Web アプリをシンプルかつスピーディーに作成できるほか、Docker を使ったカスタム言語ランタイムをサポートすることもできます。各変更内容を自動的に Azure アプリ サービスにプッシュするための継続的インテグレーションと継続的デプロイ (CI/CD) のパイプラインによって、顧客にこれまでよりも早く価値を提供できます。JenkinsAzure ContainerInstancesAzureFilesAzure WebAppsAzure Databasefor MySQLGitHubIntelliJEngineerApplicationInsights182345677

Jenkins と Azure Web Apps を使った Java CI/CD

Azure App Service では Java、Node、PHP、または ASP.NET を使った Web アプリをシンプルかつスピーディーに作成できるほか、Docker を使ったカスタム言語ランタイムをサポートすることもできます。各変更内容を自動的に Azure アプリ サービスにプッシュするための継続的インテグレーションと継続的デプロイ (CI/CD) のパイプラインによって、顧客にこれまでよりも早く価値を提供できます。