Azure IoT のサブシステム

IoT アプリケーションには、クラウド ネイティブ、マイクロサービス、サーバーレス ベースという条件を満たしたアーキテクチャが推奨されます。オンプレミスである程度のデータ処理が発生する可能性が高いため、このアーキテクチャでは、ハイブリッド クラウドとエッジ計算戦略もサポートされます。個々のサブシステムを水平方向にスケーリングするには、オーケストレーター (Azure Managed Kubernetes、Service Fabric など) を使用するか、水平方向のスケール機能がビルトインで備わっている PaaS サービス (Azure App Service など) を使用することをお勧めします。
Azure IoT のサブシステムIoT アプリケーションには、クラウド ネイティブ、マイクロサービス、サーバーレス ベースという条件を満たしたアーキテクチャが推奨されます。オンプレミスである程度のデータ処理が発生する可能性が高いため、このアーキテクチャでは、ハイブリッド クラウドとエッジ計算戦略もサポートされます。個々のサブシステムを水平方向にスケーリングするには、オーケストレーター (Azure Managed Kubernetes、Service Fabric など) を使用するか、水平方向のスケール機能がビルトインで備わっている PaaS サービス (Azure App Service など) を使用することをお勧めします。

実装ガイダンス

製品/説明 ドキュメント

Azure IoT Hub

システムのクラウド ゲートウェイとして、デバイスとの間で双方向の安全な通信を制御します。

Azure Cosmos DB

デバイス データのウォーム ストレージに使用されます。

Virtual Machines

データを処理したり UI をホストしたりするためのマイクロサービスを含んだコンテナーのホストとなります。

Azure Stream Analytics

デバイスからシステムに入ってくるデータを処理します。

Blob Storage

デバイス データのコールド ストレージ。

Azure Active Directory (AD)

システムの認証と認可に使用されます。

製品情報