Visual Studio Codespaces

どこからでもアクセスできる、クラウドを利用した開発環境

クラウドで開発環境を作成および管理する

日常的な開発や pull request などの短期的なタスクに使用できる、クラウドを利用した開発環境で、コードを数分で作成できます。Visual Studio Code、Visual Studio (プライベート プレビューでサポート)、組み込みのブラウザーベースのエディターなどを使用して、必要な数の環境を作成し、お客様の好みの IDE を使用してそれらに接続できます。

ブレークポイントのデバッグ、AI を利用した入力候補、リアルタイムの共同編集機能を使用して、より生産的に編集と共同作業を行うことができます

各プロジェクトまたはタスクに必要なリソースの量に合わせて環境のサイズを選択し、作業を集中的に行えるよう環境を一時的にスケール アップすることができます

Node.js、Python、.NET Core など、お好みのプログラミング言語とフレームワークを使用できます

未使用のリソースが無駄になりません。環境に時間制限はなく、使用していないときは一時停止されます

新しいプロジェクトをすばやくオンボードする

完全に構成された開発環境を数分で提供することで、すばやくコーディングを開始できます。コード リポジトリへの参照を含めると、Visual Studio Codespaces によってソース コード、ランタイム、ツール、拡張機能が自動的に設定されます。

どこからでも開発が可能

設定を再構成しなくても、同じ環境での作業中に、複数のコンピューターや IDE にシームレスにローミングできます。IDE がインストールされていない環境にアクセスする必要がある場合は、組み込みのブラウザーベースのエディターを使用して接続し、中断した場所からすぐに再開できます。

他のサービスに簡単に接続

Visual Studio Marketplace からお使いの環境に拡張機能を追加して、追加の言語やデバッガーを取得したり、他のサービスに接続したりできます。Git と他のソース管理プロバイダーのサポートが組み込まれているので、リポジトリを GitHub Actions または Azure Pipelines に接続して継続的インテグレーションや自動化ワークフローを設定し、お好みのプラットフォーム、クラウド、またはサーバーにデプロイできます。

初期費用は不要で、料金は必要な分だけ発生

Visual Studio Codespaces では、お客様が使用している環境の数とそれらの使用期間に基づいて課金されます。環境の 1 時間あたりの料金には、コンピューティング、ネットワーク、ストレージが 1 つのユニットにバンドルされています。これにより、コストの計算が簡単になります。

Visual Studio Codespaces のドキュメントとリソース

学習リソース

環境の作成方法やエディターの接続方法などについては、ドキュメントでご確認ください。

Visual Studio Codespaces FAQ をご覧ください。

ご利用ください 

サインインすると、お客様の最初の環境を数分で作成できます。

組み込みエディターまたは Visual Studio Code を使用してコーディングを開始できます。

Visual Studio Codespaces に関してよく寄せられる質問

  • Visual Studio Codespaces は、米国東部、米国西部 2、西ヨーロッパ、東南アジアの各 Azure リージョンでプレビューで提供されています。
  • プレビュー期間中は、SLA は適用されません。
  • Visual Studio Codespaces FAQ をご覧ください。

準備ができたら、プレビューを設定してみましょう

Visual Studio Codespaces の利用を始める