Multi-Factor Authentication

データとアプリケーションのセキュリティの強化 - ユーザーに負担はかかりません

導入ユーザー

確認手順を削減しつつセキュリティを強化

Azure Multi-Factor Authentication では、データとアプリケーションへのアクセスを保護しつつ、シンプルなサインイン プロセスについてユーザーの要望にも対応できます。電話、テキスト メッセージ、モバイル アプリ通知など、簡単な各種確認オプションによって強力な認証が実現するため、ユーザーは自分に最も合った方法を選択できます。

リアルタイムでの監視とアラートにより脅威を軽減

Multi-Factor Authentication は、セキュリティの監視と、整合性のないサインイン パターンを識別する機械学習ベースのレポートによって、ビジネスを保護します。潜在的な脅威を軽減するために、リアルタイムのアラートによって不審なアカウント資格情報が IT 部門に報告されます。

オンプレミスまたはクラウドへのデプロイ

オンプレミスの Multi-Factor Authentication Server を使用して、VPN、Microsoft Active Directory Federation Services、Microsoft IIS Web アプリケーション、リモート デスクトップ、およびその他のリモート アクセス アプリケーションを RADIUS および LDAP 認証で保護します。クラウド ベースのすべてのアプリケーションとサービスに対し、さらに検証ステップを追加するには、Azure Active Directory で Multi-Factor Authentication を有効にします。

Office 365、Salesforce などで使用

Multi-Factor Authentication for Office 365 では、追加コストなしで Office 365 アプリケーションへのアクセスを保護できます。Multi-Factor Authentication は Azure Active Directory Premium数千にのぼる SaaS (サービスとしてのソフトウェア) アプリケーション (Salesforce、Dropbox、およびその他の有名なサービス) でも使用可能です。

Azure 管理者アカウントの保護を強化

Multi-Factor Authentication では、追加コストなしで Azure 管理者アカウントにセキュリティ レイヤーが追加されます。この機能を有効にすると、仮想マシンの始動、ストレージの管理、その他の Azure サービスを開始する際に、ユーザー識別情報の確認が必要になります。

アプリケーションへの組み込み

SDK を使用して、Multi-Factor Authentication をアプリケーションのサインイン プロセスやトランザクション プロセスに組み込み、アプリケーションの既存のユーザー データベースを利用できます。

関連製品およびサービス

Azure Active Directory

オンプレミスのディレクトリを同期してシングル サインオンを可能に

Virtual Machines

Windows と Linux の仮想マシンを数秒でプロビジョニング

Multi-Factor Authentication の無料アカウントの利用を開始