ナビゲーションをスキップする

Azure Information Protection

いつでもどこでも、お客様の機密情報をより厳重に保護します

社外で共有する電子メール、ドキュメント、機密データを制御し、保護をサポートします。簡単な分類から組み込みのラベルやアクセス許可まで、どこに保管されているか、誰と共有されているかに関係なく、Azure Information Protection は常にデータ保護を強化します。

秘密度に基づくデータの分類

秘密度に基づいてデータを分類、ラベル付け、保護するようポリシーを構成します。Azure Information Protection による分類方法は、完全自動、ユーザー駆動、推奨ベースのいずれかです。

データを常に保護する

データに従って永続的な保護に関する分類と保護の情報を追加し、格納される場所や共有される場所に関係なく、保護された状態を保ちます。

可視性と制御の追加

共有データに対するアクティビティを追跡し、必要に応じてアクセスを取り消します。IT チームは、強力なロギングとレポート作成を使用して、データの監視、分析、判断ができます。

他のユーザーとのより安全なコラボレーション

同僚や顧客、パートナーと安全にデータを共有します。データにアクセスできるユーザーや、そのユーザーができることを定義します。たとえば、ファイルの表示や編集は許可し、印刷や転送は許可しないなどです。

使いやすさ

データ分類と保護のコントロールが Microsoft Office や一般的なアプリケーションに統合され、作業中のデータをワンクリックで保護できます。推奨される分類などの製品内通知は、ユーザーが正しい決定を下すうえで役立ちます。

デプロイと管理の柔軟性

クラウドとオンプレミスのインフラストラクチャのどちらに格納されているかに関わりなく、データを保護できます。Bring Your Own Key (BYOK) オプションと Hold Your Own Key (HYOK) オプションを含む、暗号化キーの管理方法を柔軟に選択できます。

Granges

"We sleep better at night knowing that the information is not accessible for parties who shouldn't access it. It's important for us to be sure that we can secure business critical data that we don't want to share with everybody else."

Gränges、最高情報責任者、Bilal Chebaro 氏

関連製品およびサービス

Azure Active Directory

オンプレミスのディレクトリを同期してシングル サインオンを可能に

Multi-Factor Authentication

ユーザーの負担を増やすことなくデータとアプリのセキュリティを強化

クイック スタート チュートリアルを表示する