ナビゲーションをスキップする

Azure Active Directory 用の PingAccess

提供開始 一般公開されています。

更新日: 2017年10月23日

Ping Identity と Microsoft は、Azure Active Directory (AD) Application Proxy 用の PingAccess を一般公開 (GA) します。これにより、より多くのオンプレミス アプリケーションに対して、セキュリティで保護されたリモート アクセスが可能になります。レガシーおよびカスタムのオンプレミス アプリの完全なセットを接続することは、特にそれらのアプリが標準ベースではない場合に困難になります。それを可能にするテクノロジを、オンプレミスの ID 管理に精通した、定評のある ID ベンダーである Ping Identity が提供します。

PingAccess により、標準ベースではないものも含め、多様なオンプレミスの Web アプリケーションにシングル サインオン (SSO) およびリモート アクセスが可能になります。この Application Proxy と PingAccess の統合により、企業はさらに多くの自社のオンプレミス Web アプリケーションに SSO アクセスできるようになります。結果として、すべてのデバイスとクラウドのすべてのユーザーが、VPN を必要とせずに、シームレスでセキュリティ保護された SSO で、すべてのアプリケーションにアクセスできるようになります。

Azure AD Premium のユーザーはこの統合により、追加コストなしで最大 20 個のアプリに接続できます。アプリケーション数が 20 個を超える場合は、PingAccess のフル ライセンスを購入すれば接続できます。

詳細については、Azure AD 用の Ping Access に関する記事をご覧ください。

Learn more about Azure Active Directory.
  • Azure Active Directory
  • 関連するフィードバック