ナビゲーションをスキップする

Azure Virtual Machines B シリーズ

プレビュー 現在はプレビュー段階です。

更新日: 2017年9月12日

B シリーズの仮想マシンでは、CPU を常に 100% のパフォーマンスで使う必要がなく、パフォーマンスをバーストするというコスト効率に優れた方法で、ワークロードをデプロイできます。B シリーズの仮想マシンを低負荷で実行していて、CPU の基準パフォーマンスを 100% 使用していない場合、仮想マシンのインスタンスのクレジットが蓄積されます。クレジットが十分に蓄積されたら、アプリケーションで高い CPU パフォーマンスが必要になった場合に vCPU の使用量を最大 100 パーセントまで引き上げることができます。

この VM サイズでは、必要な際に料金を支払い、バーストすることが可能です。そのため、CPU を必要としないときはごく一部だけを使用し、必要とするときは、最大 100% まで CPU をバーストできます (Intel® Haswell 2.4 GHz E5-2673 v3 プロセッサ、またはそれ以上を使用)。このレベルでの制御によって、コストをより柔軟に管理でき、大きな価値を得ることができます。

B シリーズ仮想マシンの詳細を見る。

 

  • Virtual Machines
  • 関連するフィードバック