ナビゲーションをスキップする

Azure Functions - Graph バインディングとカスタム バインディングのサポート

プレビュー 現在はプレビュー段階です。

更新日: 2017年9月26日

Azure Functions バインディングのサポートが拡張され、開発者が独自のバインディングを構築できるようになります。つまり、お客様がカスタム データ ソースをお持ちの場合、そのデータ ソース用のバインディングを Azure Functions で簡単に作成できるようになります。 これにより、保有するカスタム データ ソースとシームレスにやり取りするサーバーレス機能を、そのお客様だけでなく、そのお客様の顧客も構築できるようになります。

さらに、Microsoft Graph および Office 向けの新しいバインディングも発表します。複雑な Graph や Office API を扱う必要がないため、サーバーレス コード内の Graph や Office の情報へのアクセスや、情報の変更が、ずっと簡単に行えるようになります。

こちらのブログ記事で詳細をご覧ください

Learn more about Functions.
  • Functions
  • 関連するフィードバック