ナビゲーションをスキップする

Azure Content Delivery Network - メディアとダウンロードが最適化された配信

プレビュー 現在はプレビュー段階です。

更新日: 2018年5月17日

大規模なグローバル ユーザーにコンテンツを配信する場合、ビデオや Web コンテンツの配信を最適化することが重要になります。クライアントへのパケットの到着が遅延すると、ビデオ コンテンツのバッファーリングが頻繁に発生するなど、視聴エクスペリエンスが低下することがあります。そういった点で、メディア ストリーミングには時間的制約があります。

新たな機能強化により、メディア コンテンツ配信の待機時間を減らし、ソフトウェアやファームウェアなどの大規模なファイルの配信を最適化できるようになります。この新しい機能は、Content Delivery Network による配信で使用するシナリオを基に、パフォーマンスを高速化し、最適化することを目的としています。対象のシナリオには、Web サイトや Web アプリケーションの一般的な配信、メディア ストリーミング、ファイルのダウンロードなどが含まれます。エンドポイントの作成時に [最適化の対象] オプションで指定するシナリオには、既定で最適化が適用されます。

各シナリオに合わせたコンテンツ配信の最適化に関する詳細をご覧ください。

  • Developer
  • IT Pro
  • ITDM
  • BUILD
  • BUILD2018
  • Content Delivery Network
  • 関連するフィードバック