SIEM のシフト: クラウドにより一変するセキュリティ運用

公開: 2020/05/08

多くのセキュリティ担当者は、使用しているオンプレミスまたはプライベート クラウドベースのセキュリティ情報とイベント管理 (SIEM) システムが常に最新を保てるわけではないことを認識しています。そのため、この重要なセキュリティ運用ツールをパブリック クラウドに移行しています。

IDG レポート、『SIEM のシフト: クラウドにより一変するセキュリティ運用』では、多くのセキュリティ担当者がクラウドベースの SIEM に移行している理由について、300 人のセキュリティおよび IT の意思決定者に対して行った調査結果を詳しく記載しています。このレポートでは、クラウドベースの SIEM で実現できる次のようなことを明らかにしています。

  • インフラストラクチャ、保守、ライセンス、スタッフ雇用のコストが減るまたは無くなることで、SIEM のコストを削減する。
  • AI による保護の強化と脅威に対する迅速な対応を支援する。
  • SIEM のパフォーマンス、スケーラビリティ、安定性を高める。
  • AI でセキュリティ チームを強化し、アラートによる疲労を減らし、一般的なタスクを自動化する。

お客様の仲間が脅威に対する防御をどのように強化しているかをご確認ください。

ご希望のアカウントでサインイン

- または -

お客様の情報をご入力ください。

* でマークされたすべてのフィールドが必須です

私は、ビジネス/組織向けソリューションおよびその他のマイクロソフト製品/サービスに関する情報、ヒント、セール情報を受け取ることを希望します。プライバシーに関する声明