リソース検索結果

71 - 80 of 168

Windows Server を Microsoft Azure に移行してコンプライアンスを有効にする

Windows Server のワークロードを Azure に移行する場合は、コンプライアンス、プライバシー、セキュリティを簡単に管理できます。この無料の電子書籍では、Azure のコンプライアンス機能と利点を最大限に活用する方法について説明します。

Windows Server を Microsoft Azure に移行してコンプライアンスを有効にする」を読むと以下を内容を確認できます。 

  • Azure のコンプライアンスとセキュリティ ツールセットの詳細。これには、GDPR および HIPAA のコンプライアンス準拠のアプリ開発のサポートが含まれています。
  • スケーラビリティや強化されたデータ管理機能など、Azure のコンプライアンスの利点についての詳細。 
  • 既存の Windows Server 環境からクラウドに移行するときに、Azure を使用して IT 運用に関する規制コンプライアンスに容易に遵守する方法。 

IDC の調査: Azure Site Recovery と Azure Backup でビジネスの運用を改善する

データ保護とディザスター リカバリーは非常に重要ですが、IDC では、すべての企業のうち半数が災害復旧の準備が整っていないと見ています。この IDC の調査では、Azure Site Recovery と Azure Backup を使用した企業が、ディザスター リカバリーとデータ保護のニーズを満たしているだけでなく、次のようなビジネス上のメリットも得ていることを示しています。

  • 5 年間の投資利益率が 337%。
  • 平均データ回復時間の 66% を削減。
  • バックアップが 76% 高速。 
  • IT チームの効率が 51 % 向上。 

Azure を使用してデータ インフラストラクチャの将来を検証するデータベース管理者のビジネス ケース

Azure のデータベース サービスを使用してビジネスに新しい価値を提供することで、会社のクラウド データベースのエキスパートになりましょう。この e-Book では、クラウドでデータ インフラストラクチャ サービスを使用することによるビジネス上のメリットの概要について説明します。実際に Azure をお使いのお客様がクラウド データベースサービスをどのように使用しているかの例、および次のような Azure データベースの機能のメリットについて詳しく確認します。

  • 企業向け仕様のスケールとパフォーマンス、シームレスなデータ移行、総保有コストの削減。
  • フル マネージドのリレーショナルおよび NoSQL データベース オプションによる柔軟性。オープンソース言語やツールのサポートも含まれます。
  • 高度な分析、機械学習、AI ツールの完全な Azure スイートとのシームレスな統合など、インテリジェントなデータベース サービスにより、パフォーマンスとセキュリティが最適化されています。
  • データの探索と分類、脆弱性の評価、高度な脅威検出で高度なデータ セキュリティを実現します。

e-Book に加えて、この PowerPoint プレゼンテーションを Azure への移行に関するビジネス ケースの説明に役立てることができます。

Azure の戦略および実装ガイド、第 3 版

この Packt 電子書籍では、クラウド インフラストラクチャに Azure を使用する方法について段階的に説明します。Azure の戦略および実装ガイド版の最新版で、Azure Cloud の機能を活用するための詳細な情報をご確認ください。 


この電子書籍をダウンロードすると次のことができます。 
  • 移行を計画するために Azure のベネフィットとベスト プラクティスの概要について理解する。 
  • 組織に最適なクラウドのアーキテクチャと設計を選択する。 
  • 新しいクラウド環境を管理および最適化する方法について学ぶ。  

Azure Sentinel: 脅威の検出と調査の 3 つのユース ケース

お客様の企業全体でインテリジェントな分析を行うことができるセキュリティ情報イベント管理 (SIEM) ソリューションを利用して、ますます高度化する脅威から保護しましょう。Azure Sentinel には AI および機械学習機能が組み込まれており、セキュリティ アナリストは、脅威を迅速に検出して対応するために必要な高度なツールを利用できます。 


e-Book 『Azure Sentinel: 脅威の検出と調査の 3 つのユース ケースを』をお読みになり、次の方法をご確認ください。
  • 機械学習モデルを使用して、従来の SIEM が見逃してしまう可能性のある異常や攻撃を検出する。
  • インテリジェントな関連付けを使用して、多くのアラートの中で重要な問題を簡単に特定する。
  • 脅威を調査し対応するための直感的に使用できるツールをセキュリティ チームに提供する。 

顧客のデジタルへの期待を上回るための 3 つのスマートな方法

今日では、お客様にとって魅力的なデジタル エクスペリエンスが当たり前のものになりました。そのため企業は、競争力を高めるためにテクノロジと創造性を採り入れ、そして意味のある方法で顧客とつながる必要があります。 


調査対象のビジネス リーダーの 89% が、顧客との関係性を強化するためにデジタルファースト戦略を採用している、または導入を計画している理由をご確認ください (IDG 2018)。お客様の顧客に合わせてカスタマイズされたデジタル戦略を立てることによって、お客様の組織がそれと同じような結果を得られるようにする方法についての分析情報を手に入れましょう。 

e-Book 『顧客のデジタルへの期待を上回るための 3 つのスマートな方法』をお読みになり、お客様の役に立つツールをご確認ください。
  • お客様の顧客が現在のデジタル エクスペリエンスをどのように感じているかを理解し、お客様の組織のデジタル エクスペリエンスとお客様の顧客の要望を比較する方法を評価します。
  • データを使用して、お客様の顧客のニーズと期待する内容を十分に理解します。
  • 企業およびテクノロジ チームが技術的な障壁を克服し、顧客の期待を超えるエクスペリエンスを生み出すことができるよう支援しましょう。 

O’Reilly 提供のガイドで最初のインテリジェント アプリを構築する

データ サイエンスの専門知識があるかどうかに関わらず、使用する人々とより自然に対話できるアプリ、Web サイト、ボットを作成する方法について詳しく説明します。 


O'Reilly が提供する詳細な e-Book 『コグニティブ API を使用してインテリジェントなアプリを構築する』では、人々のニーズを見る、聞く、話す、理解する、解釈するアプリの舞台裏について、詳しく確認することができます。
  • 事前構築され、すぐに使える API を使用して、数分で作業を開始する方法をご確認ください。
  • さまざまなユース ケースの詳細を見て、他の開発者がコグニティブ API をどのようにデプロイしているかを確認することができます。
  • すぐに使用できる C# コード スニペットを使用すれば、お客様独自のプロジェクト用の API 呼び出しを開始できます。 

AI を使用して構築するご希望があれば、Azure Cognitive Services およびこの e-Book のガイダンスを活用して実現しましょう。 

機械学習の運用で効率と生産性を高める

機械学習ワークフローを使用して、効率を新しいレベルにまで高める方法についての詳細をご確認ください。 


このホワイトペーパーでは、エンドツーエンドの機械学習ライフ サイクルを効率化および自動化する方法と、それを既存の DevOps プロセスに関連付ける方法について説明します。DevOps の原則を機械学習パイプラインに適用するためのクイックガイドが用意されています。
  • 基本を学ぶ。機械学習で DevOps がどのように機能するかを理解します。
  • しくみを確認する。すべてのフェーズで Azure Machine Learning がどのように役立つかについて説明します。
  • 作業を開始する。リソースのコレクションを参照して、機械学習運用 (MLOps) への行程を開始します。 

今すぐお読みになり、仕事の方法を一変させましょう。 

すぐにクラウドで使用可能: Windows Server 2019 でオンプレミスとクラウドを橋渡し

Windows Server 2019 を使用すると、オンプレミスのデータセンターの柔軟性とパフォーマンスが強化されます。Windows Server 2019 と Azure Cloud Services はシームレスに統合されます。クラウドにまだ移行していない場合でも、インフラストラクチャは準備されます。 


Windows Server 2019 の新機能および以下を実現する方法については、「すぐにクラウドで使用可能: Windows Server 2019 でオンプレミスとクラウドを橋渡し」データシートをご確認ください。
  • 知的資産を高度で多層のセキュリティ機能を使用して保護する。
  • ターンキー方式のハイパーコンバージド インフラストラクチャ ソリューションにより、業界トップレベルのスケールとパフォーマンスを手に入れる。
  • チームの共同作業をより効率化するコンテナー テクノロジを使用して、アプリケーションをよりすばやく開発する。
  • 既存のスキルとテクノロジを使用して、データセンターを好きなときにクラウドに拡張する。独自のソリューションは必要ありません。  

SAP アプリケーションの Azure への移行

今後すべての SAP NetWeaver 環境は SAP HANA とクラウドに移行されていきます。しかしながらその移行が完了するまで、SAP マネージャーは多くの作業を並行して行う必要があります。デプロイする必要のある S/4HANA システムの数をご存知ですか。プロジェクトの目的で必要とされる存続時間が短い S/4HANA システムの数をご存知ですか。このガイドでは、ミッションクリティカルな SAP 環境をクラウドに移行するために必要なツールとプロセスをご提供します。 このホワイト ペーパーをダウンロードいただくと、Azure を使って次の作業を実施する方法がご覧いただけます。SAP によってサポートされるすべてのデータベース上で実行されている既存の SAP システムを移動する。S/4HANA システムをオンデマンドでデプロイし、アクティブなインフラの使用量に対してのみ支払を行う。旧式の NetWeaver システムから S/4HANA にプロセスを移行する際に、それらのシステムのインフラをスケーリングする。Oracle、SQL Server、IBM DB/2 など、SAP によってサポートされるすべてのデータベース上でデータを保護する。SQL Server AlwaysOn、HANA System Replication (HSR)、および Oracle Dataguard を利用して実稼働 SAP インスタンスで高可用性を確保できるようにする。