41 - 50 of 99

Docker と Kubernetes でアプリをコンテナーに入れる

クラウドに移行すると、アプリケーションのデプロイと管理を簡素化するためのコンテナーの使用について学ぶべきことがたくさんあります。Packt のこの電子書籍と、経験を積むことができる付属のハンズオン ラボの GitHub リポジトリでスキルを向上しましょう。 アクションのベスト プラクティスの実例を使用して、一体構造のアプリケーションと新しいマイクロサービスベースのアプリケーションの両方をコンテナーにパッケージし、これを実行する方法を紹介します。Kubernetes プラットフォームの設計を詳しく調べ、Docker で Kubernetes を正しく使い、コンテナーを管理するために実行する必要があるステップを理解しましょう。ご紹介する内容は次のとおりです。 コンテナーを使ってアプリケーションを管理、スケーリング、編成します。コンテナーの効率とセキュリティを向上します。高可用性かつスケーラブルな Kubernetes クラスターをビルドします。さまざまなプラットフォームで大規模クラスターを設計してデプロイします。配信済みのアプリケーションをダウンタイムなしで更新またはロールバックします。デプロイを監視し、安全に保ちます。 

Azure を使用して基準に準拠しているデータの保存場所とセキュリティを実現する

このドキュメントでは、Azure におけるセキュリティ、データの保存場所、データ フロー、およびコンプライアンスの側面に関するガイダンスを提供します。このドキュメントは、Microsoft Azure 上のご利用のデータがデータ保護、規制、および管轄の要件を満たす方法で確実に処理されるようにすることを手助けする目的で作成されています。 政府規制または会社のポリシーに示されたデータ保護の要件を満たす上で役に立つ次の内容について説明します。データ保護の義務。 それらの義務を果たすために有効に利用できる Azure によって提供されているサービスとコントロール。 コンプライアンスを主張するために必要となる証拠。

データを意思決定に活かす

組織のデータでビジネスの課題を解決しましょう。既に持っている機器とモノのインターネット (IoT) を使って新しいビジネス インサイトが得られます。この e-Book には、安全で革新的なマネージド サービスとソリューション アクセラレータを使用してビジネスを成長させるのに Azure IoT がどのように役立つかが説明されています。小規模から始めて自分のペースでスケールアップする方法についてのインサイトが得られます。以下のトピックについてお調べください。IoT とは何か。接続されたデバイスに関する情報、データがどのようにインサイトに変換されるのか、ユーザー自身が行動を起こすために必要なものに関する情報を含みます。IoT ソリューションを迅速に稼働させながら、ビジネス ニーズに合わせて IoT コストを調整する方法。IoT がリモート モニタリング、予兆保守、設備管理、コネクテッド マニュファクチャリング、およびフリート管理などの一般的なシナリオに対して安全なエンド ツー エンドのアプローチを提供する理由。

実際の IoT製造業のストーリー (対話型)

この対話型のガイドを使用して、ビジネス リーダーが、データ、デバイス、アプリケーションのコントロールを管理するエンドツーエンド アプローチに Azure IoT をどのように使っているかをご確認ください。モノのインターネット (IoT) の活用に必要なものと IT ソリューションを稼働する方法について理解を深めましょう。次に挙げるトピックを検討して、経験者から学びましょう。IoT で実現できること。これには、接続されているデバイスの情報、データを分析情報に変換する方法、アクションを起こすために必要なものが含まれます。ビジネスのニーズに合わせて IoT コストを評価し、IoT ソリューションを迅速に稼働する方法。Microsoft が、リモート監視、予測メンテナンス、設備の管理、接続された製造工程、車両、航空機、船舶の管理など一般的な IoT シナリオに安全なエンドツーエンド アプローチを提供する方法。 

実践的な Microsoft Azure IaaS

オンプレミスの古いシステムを Azure IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) に移行して、クラウドで現在利用できる計算、ストレージ、ネットワーク リソースの膨大なプールの活用方法を学びましょう。 Apress が発行したこのハンズオン ガイドでは、IaaS への移行に的を絞った実践的なアプローチを学ぶことができます。Azure IaaS がもたらすものを調べ、利用できるさまざまな移行オプションを見つけ、役に立つ詳細情報を入手できます。主要な Azure コンポーネントをインフラストラクチャでお馴染みの概念にマップします。これには、仮想化、ストレージのプロビジョニング、スイッチング、ファイアウォールが含まれます。Azure IaaS のデプロイ アーキテクチャを実装します。スケーラビリティ、回復性、可用性、パフォーマンス、セキュリティについて Microsoft がお勧めするベスト プラクティスに合わせて IaaS 環境を設計します。ホスト環境の操作性の側面を管理し、自動化を使用し、パフォーマンスを最適化します。  

Azure へのデータベース移行パスの選択

Azure SQL Database への移行で、従来のオンプレミス SQL Server 実装により失われる貴重な時間やリソースを再利用しましょう。このホワイト ペーパーでは、データベース ワークロードをオンプレミスから Azure サービスに移行するための思考プロセスと手順を紹介し、迅速なアプリ開発にフォーカスし、市場投入までの時間短縮をサポートします。SQL 移行ロードマップ 5 つの段階についてご確認いただけます:データベースのフットプリントと潜在的な移行へのアプローチを理解する。検出されたワークロード要件、およびすべての依存関係を評価する。移行するワークロード、移行に使用するツール、およびワークロードのターゲット プラットフォームを計画し、説明する。最新のデータプラットフォームと互換性のないワークロードを変換する。ワークロードを最適化して、新しい機能を活用する。移行の実行および移行の成功確認を実施し、必要に応じてアプリケーションを修復します。

ゲーム業界のワークロードを対象とした Azure SQL Database

クラウド プロバイダーにとって最も急速に成長している市場の 1 つがゲーム業界のリソース需要で、重要なのは、Microsoft Azure と Azure SQL Database によって、最高のパフォーマンスと優れたコスト パフォーマンスが実現することです。ゲーム業界のお客様は、仮想マシンや自社製の代替製品ではなく Azure SQL Database を選ぶことで、最新の安定バージョンのデータベース エンジン、組み込みの高可用性、自動バックアップ、および geo レプリケーションを手に入れるだけでなく、新しいゲームの開始要件に応じて容易にスケールアップまたはスケールアウトできます。   このドキュメントでは、Azure SQL Database がオンライン ゲームを実行する場所として最適である理由を、技術的な観点から簡潔に説明します。 

IT リーダー向けガイド: IT トランスフォーメーションのために SAP on Azure を活用するには

今日の IT 環境では、柔軟性と俊敏性が求められ、SAP アプリケーションをデプロイする従来のアプローチは、その完全な価値を実現する上での成功を制限する可能性があります。Microsoft Azure の新世代の SAP デプロイメント オプションで、IT を機敏に保ちながら、オンデマンドの SAP 認定インフラに特化したサービスと柔軟な実行を活用しましょう。 このホワイト ペーパーをダウンロードいただくと、SAP 環境のクラウド移行における完全かつスケーラブルなソリューションの確実な実行方法がご覧いただけます。20 年にわたる SAP との戦略的パートナーシップのうえで、お客様が Azure をどのようにご活用いただけるかをご覧ください:数週間ではなくたった数分で、SAP インフラを増強します。搭載機能を使用して S/4HANA にスケールアップできます。バックアップと傷害復旧のための搭載サービスで、IT 管理を簡素化します。高性能な SAP HANA インフラを使用して、シームレスに S/4HANA に移行します。Azure のセキュリティ機能と、他のクラウドよりも多い 85種類以上のコンプライアンス製品を使用して、企業のセキュリティを確保します。

SAP アプリケーションの Azure への移行

今後すべての SAP NetWeaver 環境は SAP HANA とクラウドに移行されていきます。しかしながらその移行が完了するまで、SAP マネージャーは多くの作業を並行して行う必要があります。デプロイする必要のある S/4HANA システムの数をご存知ですか。プロジェクトの目的で必要とされる存続時間が短い S/4HANA システムの数をご存知ですか。このガイドでは、ミッションクリティカルな SAP 環境をクラウドに移行するために必要なツールとプロセスをご提供します。 このホワイト ペーパーをダウンロードいただくと、Azure を使って次の作業を実施する方法がご覧いただけます。SAP によってサポートされるすべてのデータベース上で実行されている既存の SAP システムを移動する。S/4HANA システムをオンデマンドでデプロイし、アクティブなインフラの使用量に対してのみ支払を行う。旧式の NetWeaver システムから S/4HANA にプロセスを移行する際に、それらのシステムのインフラをスケーリングする。Oracle、SQL Server、IBM DB/2 など、SAP によってサポートされるすべてのデータベース上でデータを保護する。SQL Server AlwaysOn、HANA System Replication (HSR)、および Oracle Dataguard を利用して実稼働 SAP インスタンスで高可用性を確保できるようにする。

Forrester Wave™:継続的デリバリーおよびリリース オートメーション、2018 年第 4 四半期

ソフトウェアのベロシティと質を向上するため、組織は継続的デリバリーおよびリリース オートメーション (CDRA) プロバイダーに注目するようになっています。 Forrester 社のアナリストは、CDRA オファリングが来年中に変化し、統合されると予想しています。組織が優れたカスタマー エクスペリエンスを提供し、高まるビジネス ニーズに応えるには、この市場に遅れずに付いていく必要があります。 成熟しつつある CDRA マーケットに対する理解を深めるためにこの Forrester Wave™ レポートをお読みになり、15 の重要なプロバイダーの中で Azure DevOps がトップに立っている理由をご確認ください。その他の内容:ベンダーを選択する前に理解すべき、CDRA の 3 つの要素人工知能とクラウド環境が CDRA オファリングに与える影響パイプライン管理とリリースの自動化に関するベスト プラクティス継続的デリバリー ツールチェーンを設計および実装する際に検討すべき、重要な決定事項とトレードオフ