リソース検索結果

41 - 50 of 188

エンタープライズ DevOps レポート 2020-2021

組織全体で DevOps プラクティスをスケーリングし、ビジネスのメトリック、顧客満足度、開発者のベロシティを向上させ、開発者がイノベーションを起こすのに適した環境を構築する方法を詳しくご覧ください。『エンタープライズ DevOps レポート 2020 - 2021』をダウンロードしてください。これは、250 を超えるクラウドと DevOps の実装に関する、Microsoft および Sogeti の研究調査です。エンタープライズ DevOps の導入を成功させるためのブループリントとして、レポートの推奨事項をご利用ください。

レポートをお読みになり、次のような詳細情報をご確認ください。

  • エンタープライズ DevOps トランスフォーメーションの一環として大きな課題に直面している、ガバナンスを含むエンタープライズ IT の 6 つの重要な領域。
  • エンタープライズ DevOps の課題への対処にトップ パフォーマンスを実現している採用企業に見られる、共通のイデオロギーとパターン。
  • 成功した企業が、エンジニアリング プロセスに継続的なガバナンス、セキュリティ、品質、コンプライアンスを構築するために実施した戦略。
  • 組織が分散型チームやリモート ワークをサポートできるようにするための DevOps のベスト プラクティス。

Microsoft Azure パートナーの収益と成長の機会

成長を加速させ、コストを削減し、テクノロジー パートナーとして Azure と Microsoft から最大限の価値を得る方法をご紹介します。

Microsoft の委託を受けて Forrester Consulting が行ったこの調査では、テクノロジ企業がより多くの顧客を獲得し、アジリティを向上させ、より早く市場に投入するために、Azure がどのように役立ってきたかをご確認いただけます。また、Azure を使用することでソフトウェア ベンダーが新しい市場に参入した方法や、既に Azure を使用している Fotrune 500 の 95% の企業に公開する方法もご覧いただけます。さらに、それらのパートナーの成功を支えたベスト プラクティスについても学ぶことができます。

この調査のために、Forrester は世界中のさまざまな規模の Azure パートナーにインタビューを行いました。これらのパートナーが Azure を使用してどのようなことを実現したかをお読みください。

  • 平均的な契約金額よりも最大 100% 大きな収益を上げる取引をまとめる。
  • 商談フロー パイプラインの規模を、平均で 50 ~ 100% 増加させる。 
  • 想定されるフォローアップ サービスの収益を増やす。
  • 顧客が専門的な Azure サービスからより多くの価値を得られるようにすることで、ライセンスの年間経常収益を 10% 向上させる。
  • IP マージンを 5% 増加させたソリューションの構築、販売、販売。
  • Azure Marketplace を通じて、より速く販売し、新しい市場で顧客を獲得する。 

この調査をダウンロードして、学んだ教訓を発見し、パートナーの成長を促進する最も重要な市場要因を探り、Microsoft と一緒にビジネスを拡大し続けている同業者からのアドバイスを確認しましょう。 

クラウド移行チェックリスト: 今日移行を始めるための簡単な手順

お客様の組織に固有のビジネスおよびコンプライアンス上のニーズを満たす Microsoft Azure を使用して、クラウド移行計画を作成しましょう。この移行チェックリストでは、現在お客様がどのプロセスの段階にあるかに関係なく、アプリ、データ、インフラストラクチャを、自信を持ってクラウドに移行するために必要なツール、計画、リソースについての、簡単でステップバイステップのガイダンスを提供します。 


チェックリストをダウンロードして、次のことをご確認ください。
  • お客様のオンプレミスのワークロードを評価して移行するための主要な手順とベスト プラクティスについて詳しく確認する。
  • 次のステップの計画に役立つ専門的なガイダンス、ツール、リソースにすばやくアクセスする。
  • クラウドのコストを見積もり、他のプロバイダーと比較して Azure のコストが少なくなることを確認する。
  • Azure を使用してセキュリティを強化し、総保有コスト (TCO) を下げる方法について確認する。 

アーキテクト向けの Azure、第 3 版

クラウド、サーバーレス、Data Analytics の設計に関する専門家のガイダンスを入手

組織のニーズに合った戦略とアーキテクチャをクラウド ソリューションの基盤にしましょう。Packt Publishing 発行の『Azure for Architects』 e-Book には、コア サービスの理解から高度なソリューションの提供まで、すべてのガイダンスが記載されています。この更新された第 3 版では、サーバーレス アーキテクチャを設計し、データ システムから有意義な分析情報を得る方法についても説明しています。次のようなトピックを参照できます。

  • 一般的な設計パターン、原則、Azure で作業するときのベスト プラクティス。
  • 高可用性、パフォーマンス、スケール、回復性を考慮した設計を行い、情報に基づいたデプロイの決定を行う。
  • コアの Azure サービスと高度なソリューション。モノのインターネット、サーバーレス コンピューティング、DevOps、データ サービスを使用。
  • コスト管理、セキュリティ、監視ツールを使用して、お客様のソリューションがビジネス要件を確実に満たせるようにする方法。
  • サーバーレス コンピューティングによるアプリケーション開発の迅速化と簡素化の方法。Azure Functions を使用した、イベントドリブンの関数の構築とイベントに基づくアプリケーションの設計。
  • Azure Logic Apps を使用して、アプリやサービスを接続するソリューションを迅速に構築し、コードを書かずにワークフローを自動化する方法。 
  • フル マネージド分析サービスである Azure Synapse Analytics へのデータ ウェアハウス システムの移行による、分析情報を得るまでに要する時間の大幅な短縮。

この更新された無料 e-Book の第 3 版で提供されている基礎を利用して、構造化されたアプローチで開発を行い、より迅速にソリューションを作成しましょう。


クラウドへの .NET アプリケーションの移行のコストと利点

このアナリスト レポートをお読みになり、ASP.NET アプリケーションを Azure に移行することによって、オンプレミスと比べて最大 54%、AWS と比べて最大 26% コストを節約する方法をご確認ください。Azure App Service と Azure SQL Database のスケーラビリティとマネージド機能により、開発者の生産性を高め、運用をシンプルにし、アプリをより効率的に管理することができます。

このレポートでは、あるモダナイゼーション プラットフォーム テストの結果を考察します。この中では、従来型の ASP.NET アプリケーションをオンプレミス、Azure App Service 内、および AWS Elastic Beanstalk 上で実行し、比較しました。
 

次のことについても説明しています。
 

  • デプロイ スロットを使用してアプリの可用性を高めてゼロ ダウンタイムにする方法。
  • Azure Migrate の Web アプリ移行ツール (.NET Web アプリのワークロード専用に設計) の使用を開始する方法。

このレポートをダウンロードして、アプリ構築のための時間を確保するとともに、コストを削減する方法をご覧ください。 

IT およびデータ プロフェッショナルがすべてのデータをさらに活用できるようにする

レガシ データ ウェアハウスをクラウド ソリューションに移行し、インフラストラクチャのメンテナンスやプラットフォームのアップグレードなどのタスクを委任しましょう。Azure Synapse に移行しましょう。これは制限のない分析サービスで、分析情報をきわめてすばやく入手することができ、大企業向けの BI、AI、インテリジェント アプリケーションの提供を加速することができます。

レガシ データ ウェアハウスを Azure Synapse に移行することで、次のことが可能になります。

  • パフォーマンスと速度の向上。
  • セキュリティとコンプライアンスの強化。
  • 優れた弾力性とスケーラビリティ。
  • フル マネージド インフラストラクチャを使用して時間を節約。
  • コストの削減。

このホワイト ペーパーで、レガシ データ ウェアハウスをクラウドに移行するための戦略をご覧ください。また、3 ステップの技術的な概要 (準備、移行、分析の実行) をご確認いただけます。


Microsoft Azure SQL マネージド データベースへの移行に伴う Total Economic Impact™

Microsoft が委託して Forrester Consulting が実施したこの調査で、Azure SQL マネージド データベースのデプロイに関連するメリット、コスト、検討事項について詳しくご確認ください。

4 人のお客様に、Azure SQL Managed Instance と Azure SQL Database を含む、Azure SQL マネージド データベースを使用してオンプレミスの SQL Server ワークロードをクラウドに移行する経験についてのインタビューを実施しました。3 年間で 238% の投資収益率が予想されたことに加え、分析では、インタビューを受けたお客様に基づいた代表組織で以下のような体験が得られたことが示されました。 

  • IT の生産性が 25% 向上。 
  • データベース管理者の生産性が 40% 向上。 
  • コスト面では、コンピューティング能力、ストレージ、ネットワーク、データセンターのスペースとエネルギーに関連する 540 万米国ドルのオンプレミスのインフラストラクチャ コストの削減など。 

今すぐこの調査をダウンロードして、Azure SQL マネージド データベースがお客様の組織にもたらす潜在的な財務上のインパクトについてご確認ください。 

Azure を使用してデータ インフラストラクチャの将来を検証するデータベース管理者のビジネス ケース

Azure のデータベース サービスを使用してビジネスに新しい価値を提供することで、会社のクラウド データベースのエキスパートになりましょう。この e-Book では、クラウドでデータ インフラストラクチャ サービスを使用することによるビジネス上のメリットの概要について説明します。実際に Azure をお使いのお客様がクラウド データベースサービスをどのように使用しているかの例、および次のような Azure データベースの機能のメリットについて詳しく確認します。

  • 企業向け仕様のスケールとパフォーマンス、シームレスなデータ移行、総保有コストの削減。
  • フル マネージドのリレーショナルおよび NoSQL データベース オプションによる柔軟性。オープンソース言語やツールのサポートも含まれます。
  • 高度な分析、機械学習、AI ツールの完全な Azure スイートとのシームレスな統合など、インテリジェントなデータベース サービスにより、パフォーマンスとセキュリティが最適化されています。
  • データの探索と分類、脆弱性の評価、高度な脅威検出で高度なデータ セキュリティを実現します。

e-Book に加えて、この PowerPoint プレゼンテーションを Azure への移行に関するビジネス ケースの説明に役立てることができます。

リモート開発者チームの生産性を最適化するための 7 つのヒント

開発チームのリーダーは、組織がリモート ワークを採用するようになるにつれ、完全に分散したチームを管理することが増えています。このことは、あらゆる場所から効率的かつ安全にコーディング、コラボレーション、出荷できるようにすることで、チームの可能性を最大限に引き出すための新たな課題と機会が生まれることを示しています。 

『リモート開発者チームの生産性を最適化するための 7 つのヒント』をダウンロードして、リモート開発に適したツール、スキル、文化を利用して分散型開発チームを強化する方法をご確認ください。ガイダンスと実践の例を入手し、次のような方法をご確認ください。 

  • オンライン環境で強力なチーム文化を構築し、維持する。 
  • 開発者にプロセスとツールを提供し、チーム コラボレーションを強化しながらリモート コーディングを効率化する。 
  • リモートの分散型組織で自動化の原則を適用し、開発ライフサイクル全体のアプリケーションの正常性を追跡する。 

クラウド データベース移行の基本

Cloud Database Migration Essentials を使用してクラウドへの行程を簡素化し、クラウド データベース管理者になるためのスキルセットを広げましょう。移行を最初から最後まで計画する際のガイダンスや、移行をより迅速かつ簡単に行うためのツールを入手してください。

この e-Book をダウンロードして、データベース移行の主要なステップをご覧ください。また、Azure を使用して次のようなことを行う方法についてご確認ください。

  • 使い慣れたツールや言語を使用しながら、既にお持ちのスキルを強化する。
  • 常に最新バージョンの SQL で運用しながら、SQL Server の完全な互換性を維持する。
  • 組み込みアプリの最新化とリファクタリングの機能を活用する。
  • AI で構築された継続的な自動チューニングだけでなく、インテリジェントな脅威検知を利用する。

Azure SQL ファミリのデータベース サービスを使用すると、一度構築すればどこでもデプロイできる一貫したコードベースを得ることができます。さらに、データベースのパフォーマンスをハイパースケールで瞬時に向上させることができます。