31 - 40 of 121

ビジネス インテリジェンスへの投資を最大限活用するための 4 つの方法

他の多くの会社と同じようにあなたの会社も、データ プログラムへの投資を可能な限り活用するための方法をお探しですか。これには、組織全体でのデータ セキュリティの実装、データ サイロの統合、リアルタイム分析の提供が含まれるかもしれません。 包括的なデータ システムを用いてビジネスを変革させた、分析を利用するお客様からのガイダンスを活用して、次の行動を計画してください。 実際のお客様の体験に基づく無料の電子書籍「ビジネス インテリジェンスへの投資を最大限活用するための 4 つの方法」では、以下の方法を学べます。データへの投資を最大限活用する。データ移行により企業の革新を推し進める。単一のプラットフォームにデータを統合する。データ分析情報をすべてのユーザーに共有する。データ分析と収益性を関連付ける。 変革における次のレベルに進む準備ができたら、画期的なパフォーマンス、セキュリティ、スピードを実現するプロバイダーが必要になります。Azure での分析は他のクラウド プロバイダーと比べて 14 倍も高速で、94% も少ないコストしかかかりません。 

クラウド セキュリティとプライバシーの 7 つの主要原則

規制環境が絶えず変化する中で、クラウド セキュリティのさまざまな側面に適切に対処し、ベスト プラクティスに従い続けることは、難しい仕事であり、高いリスクを伴います。さらに、インフラストラクチャが複雑になればなるほど、規制の変化に準拠し続けることは困難になります。クラウド データ ウェアハウスの柔軟性と機密情報を保護する必要とのバランスを取るには、どうしたらよいでしょうか? 次のことが役立ちます。「クラウド セキュリティとプライバシーの 7 つの主要原則」と題するこのホワイト ペーパーで、セキュリティとプライバシーの包括的で持続可能な戦略の開発と実装に関するベスト プラクティスをご説明します。 扱われるトピック:セキュリティとプライバシーの相違点と類似点。セキュリティとプライバシーがプラットフォーム レベルから始まる理由。 セキュリティ プログラムをポートフォリオ全体に均等に適用する。 セキュリティとプライバシーの管理をデータ ストレージの近くに実装する。不利なインシデントが発生した場合のデータの回復性と可用性。 ポリシーとプロセスの改善に役立つ基礎を学んで、現在、近い将来、さらにその先に取り組む、最も厳しいプライバシーとセキュリティ戦略への備えを強化してください。 

Thoughtful Machine Learning with Python:A Test-Driven Approach

機械学習モデルの構築、トレーニング、デプロイにおけるクラウドからエッジにいたる複雑さを克服します。機械学習の基礎、Python での機械学習、モデル強化のための手法、機械学習ソリューションの有効なフレームワークの開発について説明します。 O’Reilly 社が発行したこの電子書籍「Thoughtful Machine Learning with Python:A Test-Driven Approach」は、以下について学習するため、実践的な演習および Python コード サンプルを紹介します。テスト駆動開発、またニューラル ネットワーク、k 近傍法、クラスターなどの共通アルゴリズムを含む、機械学習の基礎。Python の NumPy、Pandas、scikit-learn、SciPy データ ライブラリを使用するコード サンプルを参考にして、新しい機械学習モデルを作成する方法。Azure Machine Learning でオープンソース ツールとフレームワークを使用して、プラットフォームベースの高品質な機械学習モデルを開発する方法。 

インテリジェントなクラウド アプリケーションの構築

経験豊富な開発者たちは、サーバーレス コンピューティング、AI、機械学習をそれぞれ別個の概念として理解していますが、これらの革新的なテクノロジを同時に使用してインテリジェンスをアプリケーションに組み込む方法を知っている人は多くありません。 O’Reilly の電子書籍「インテリジェントなクラウド アプリケーションの構築」では、著者の Vicente Herrera García と Joe Biggs が、Azure でサーバーレス アーキテクチャを使用して、スケーラブルなディープ ラーニングおよび機械学習モデルを構築およびデプロイするための手順を説明します。 Python や、画像と音声の認識と分類を含む事前トレーニング済みモデルを使用して、機械学習をプロジェクトにコーディングする方法を学ぶことができます。スケーリング、セキュリティ、監視など、デプロイと継続的デリバリーに関する問題をご確認ください。 ガイドと付属のサンプル コードを使用して、開発スキルをレベルアップさせることができます。機械学習、サービスとしての関数、API の使用によるサーバーレス コンピューティングの基礎について説明されています。大規模なデータセットを調査するため、事前構築済み機械学習とディープ ラーニングのモデルを選択および使用する方法について理解することで、インテリジェンスを追加します。サーバーレス アプリケーションを、信頼性、効率、コスト効率に優れ、セキュリティで保護された、テスト可能な方法でデプロイし、次いでそれを監視して継続的に改善します。  

クラウドへの SAP ワークロードの移行:チェックリスト

実際のお客様の移行エクスペリエンスと Microsoft の 25 年にわたる SAP とのパートナーシップに基づく役立つヒントやベスト プラクティスによって、SAP クラウド移行の計画を簡単にします。 クラウドへの SAP ワークロードの移行チェックリストをダウンロードして、次を事項を実施する方法を確認します。移行を開始する前に SAP 環境を評価して準備する。オンプレミスの SAP 展開をクラウドにスムーズかつ安全に移行する。新しく移行した SAP 環境をセキュリティ、管理、および最新のテクノロジーへのアクセス用に最適化する。プロセスの任意の段階で参考にできるさまざまな業界からのお客様事例、および Azure 移行サービスを含む他の移行リソースを調べる。  

ガートナー ”サービスとしてのディザスター リカバリーのマジック クアドラント”

ガートナー社は 2019 年の ”サービスとしてのディザスター リカバリーのマジック クアドラント” において、ビジョンの完全性と実行能力に基づき、Microsoft をリーダーとして評価しました。ガートナー社の サービスとしてのディザスター リカバリーのプロバイダーに対する広範な評価を確認していただくため、フル レポートをダウンロードしてください。各ベンダーの長所、注意事項、推奨する使用法について取り上げています。 予期しない IT 稼働停止が生じてもビジネスを継続するため、Microsoft Azure Site Recovery でレプリケーション、フェールオーバー、回復プロセスをデプロイしてください。Site Recovery は信頼性、コスト パフォーマンスに優れ、デプロイが容易な組み込みのサービスとしてのディザスター リカバリーであり、計画済みおよび計画外の停止中にもアプリケーションが稼働し続けるように助けます。 ガートナー ”サービスとしてのディザスター リカバリーのマジック クアドラント”、Worldwide、2019 年 6 月 2 日、Mark Jaggers、Ron Blair、Lisa Pierce

Windows Server 2008 のサポート終了に備えましょう

Windows Server 2008 / 2008 R2 の延長サポートが2020年 1 月 14 日に終了するのに伴い、業務の中断を避けるために今から準備を始めましょう。 このe-Book を読むことで、迅速かつ影響の少ないAzure への移行手段を学んでください。Azure へ移行することで、定常的なセキュリティ更新プログラムが提供され、悪意のある攻撃を防ぎ、業界の規制に準拠したコンプライアンスを担保することが可能になるだけでなく、最新のイノベーションによるインテリジェントなクラウドの機能を利用することができます。また、これらは使い慣れたマイクロソフトのツールを利用し、既存のスキルを活用することができます。さらに、以下についても詳しく説明します。Azure の機能と利点 - Azure が Windows Server の最高のクラウドである理由。 コスト削減 - Azure Hybrid Benefit と Azure Reserve Virtual Machine Instances により、最大80% のコストが削減できる可能性があります* 移行戦略 - 移行のためのベスト プラクティスとアプローチを解説します。

クラウドで得られた教訓: Windows Server を移行した 4 社

Windows Server 2008 および 2008 R2 のサポート終了が近づいています。しかし、今までに他の会社に見られたように、それは、ご利用のワークロードが必要としているセキュリティ、コスト削減、サポート、開発エクスペリエンスをあきらめる必要があることを意味するものではありません。 この電子書籍をお読みになって、Azure への移行が Allscripts、GEA Group、Jellyfish Pictures、および MedPoint Digital にとってなぜ正しい道筋だったかをご確認ください。彼らがここまでに得たコスト、スキルセット、およびコンプライアンスに関する教訓を知り、さらに、貴社が次のことを実現する上で Azure がどのように役立つのかをご確認ください。 馴染みのある Microsoft テクノロジを使用して移行を簡単に行う。オープンソース機能を使用してハイブリッド クラウド シナリオを可能にする。既存のワークロードのセキュリティ保護を維持する。 一元管理されたサービスを取得して、Microsoft のサポートを受ける。 “Azure でも Windows Server ライセンスを引き続き使用できるので、移行によりコストを削減できます。” —Stefan Heimann, Chief Information Officer, GEA Group 

Azure vs. AWS - Windows Server と SQL Server で使用する場合のコストの比較

Windows Server および SQL Server の場合、最もコスト効率に優れたクラウドは Microsoft Azure です。このデータシートをダウンロードして、Azure 独自のコスト削減オプションの活用、セキュリティ更新プログラムの無料での延長、現在のスキルと使い慣れたツールを使用した迅速かつ効率的なイノベーションの開始を行う方法をご確認ください。また、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) とサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) のコストに関する情報を確認できます。

Azure for Architects

高可用性、セキュリティ、スケーラビリティを備えたクラウド ソリューションを設計 組織のニーズに合った戦略とアーキテクチャを基盤としたクラウド ソリューションを立ち上げましょう。Packt Publishing 発行の『Azure for Architects e-Book』には、コアのサービスの理解から高度なソリューションの提供まで、簡単に理解できるすべてのガイダンスが記載されています。次のようなトピックから構成されています。一般的な設計パターン、原則、Azure で作業するときのベスト プラクティス。可用性、パフォーマンス、スケーラビリティ、復元性が高い設計と、デプロイ戦略に関する十分な情報に基づいた決定。コアの Azure サービスと高度なソリューション。モノのインターネット、サーバーレス コンピューティング、DevOps、データ サービスを使用。 コスト管理、セキュリティ、監視を行い、ビジネス要件を満たすソリューションを実現。 この Microsoft 提供の特別な無料 e-Book での説明を基にして、開発に構造化手法を適用し、よりすばやくソリューションを作成しましょう。